海上運賃の内訳とサーチャージ

費用 国際輸送
この記事は約9分で読めます。

外国との間で商品を輸送するときは、輸出者や輸入者のいずれかが輸送代金を支払います。どちらが支払うのかは、貿易取引(インコタームズ)によります。

例えば、貿易条件の一つである「CIF」では、海上輸送費と保険料を輸出者が負担します。本来、輸出国側で輸送費などを支払うため、輸入者側では一切の費用が発生しないと思うかもしれません。しかし、実際は、CIFであっても、輸入する側で「貨物を引き取るための諸費用」を支払います。コンテナ諸費用やサーチャージ(追加費用)と呼ばれるものです。

そこで、この記事では、海上輸送費と関連費用を詳しくご紹介していきます。

海上輸送費の内訳

船で輸送するときの費用を「海上運賃」といいます。航空機での輸送が可能となった時代であっても「運べる量」と「コスト」から、現在でも主流の輸送方法です。昔から、海上運賃は中身がわからない料金体系をしています。その原因が「海運同盟」と呼ばれる合法的な「価格協定」にあります。

本来であれば、価格協定は「独占禁止法」の取り締まりの対象です。独占禁止法は、ある市場を数社の会社によって独占して、価格を操作できないようにする法律です。私たちの生活は、この法律があることによって、企業による不当な価格調整から、脅かされることがないようになっています。

例えば、納豆を作る会社が日本に5社しかないとします。この5社が意図的に高い価格で販売すると、誰も安い価格で納豆を食べられなくなります。私たちの納豆が数社の意向によって脅かされるのです。これを防止するのが独占禁止法の目的です。

しかし、先に説明をした「海上輸送分野」については「航路の安定確保」のために、独占禁止法の適用除外分野です。具体的には、世界の海運会社が同盟を結び、航路間(〇〇港~●●港まで)の料金表を作成しています。

同盟を結んでいる船会社は、同盟で定められた運賃表(タリフ)を守るように、各顧客に国際輸送サービスを提供しています。これによって、無駄な価格競争が起きずに、安定した経営ができます。本来、このような価格協定は「カルテル」にあたり、違法行為です。しかし、海上輸送船の分野については、適用が除外されて法令違反には当たらないです。

ここでお伝えをしたいのは、海上輸送費は、このような特別な恩恵で守られている物であることです。さらに国際間の輸送契約であるため、基本運賃と合わせて、何かと「〇〇費」などを請求される業界であること知っておくといいです。

■2019年現在
海運同盟はほぼ消滅。自由な価格競争により海運会社が破綻する事例も発生!

海上輸送費の大きな内訳

いわゆる国際輸送費は、以下3つの合計額を基本とします。

  1. 海上運賃
  2. 各種調整金(サーチャージ)
  3. 輸入国側のコンテナ取扱料金など(CFSチャージ含む)

そして、これら3つをさらに細分化した物が次の5つです。これらの費用は、貨物が到着するときに発行される「アライバルノーティス」に記載されています。請求項目は、使用する船会社、航路などによりバラバラです。よくある物としては、BAF、YAS、THCなどがあります。いずれの費用も5つのいずれかに分類されます。

  1. 海上運賃(基本運賃)=ベースレート=オーシャンフレート
  2. 燃料系の割り増し料
  3. 為替的な割り増し料
  4. 危険回避の割り増し料
  5. 輸入港における作業料

1.海上運賃(オーシャンフレート)

船会社は、NVOCCまたは一般の荷主と「S/C」を結び、運賃の値引きをしています。S/Cとは、一定期間、一定の物量を輸送する約束した上で、輸送料金の値引きを得る仕組みです。いわゆるNVOCCや大口の荷主が結んでいることが多いです。つまり、物量が少なく、スポット的な輸送契約をする荷主ほど、高い海上運賃を支払います。通関業者から請求書が発行されると「船社立替金」等の名称で表示されています。

海上運賃を負担する人:FOB→輸入者 CIFなど→輸出者

関連記事:世界中の海上運賃を検索する方法

その他、ベースで割り増しになる要素

  • 重量割り増し 一定の重さを超えると割り増し
  • 長尺物割り増し 一定の長さを超えると割り増し。
関連的に疑問・海上運賃には消費税はかかるの?

消費税は、かかりません。輸入許可前の貨物は外国貨物であるからです。

2.燃料系の割り増し料金(BAFなど)

上記のオーシャンフレートに追加される費用が「サーチャージ」です。その他、運行する航路によって、別のサーチャージを支払う場合があります。以下のサーチャージは、全て貨物を受け取る輸入者側が負担します。

BAFなどは、燃料費の上昇や下降による調整を行う目的があります。基本的には、原油価格の上下に対するリスク分散費用だとお考え下さい。BAF以外にも様々な呼び方がありますが、単純に考えると「燃料調整系の費用」です。

EBS、ECR、BC、BAF、FAF、GBF、LSFS(海洋汚染の防止)、EFAFEなど。

3.為替的な割り増し料(CAF・YASなど)

「○○港から○○港までは400USD」など、基本的に船の運賃はUSDで決められています。各国の船会社は、USドルから自国通貨へと切り替えて運賃を回収したいです。このとき、USドルと各国通貨との為替による収益の調整を行うのが「CAF」です。

他にYAS(円高による調整金)など

4.危険回避の割り増し料(ERSなど)

中近東を航行する際の危険回避に関わる費用負担です。

他にCSS(Carrier Security Surcharge)などがあります。

5.輸入港における作業料(THCなど)

輸入国側でかかる費用には、次の物があります。

  1. ターミナルハンドリングチャージ
  2. CFSチャージ
  3. 空コンテナ取扱料金
  4. DO発行費及び書類発行手数料
1.ターミナルハンドリングチャージ

コンテナターミナル内で発生する費用。CY内のガントリクレーンによる荷卸し費用、ターミナル内の輸送、その他、コンテナターミナルの維持・管理のための費用にあてられます。

2.CFSチャージ

コンテナフレイトステーション内で発生する費用。いわゆるLCL(混載輸送)で物を輸送してきたときに請求される。相場は、1M3=4000円前後

3.空コンテナ取扱料金(ECHC)

空コンテナを取り扱ったときに発生する費用

4.DO発行費及び書類発行手数料

D/Oは、貨物をコンテナターミナルや保税倉庫から引き取るための書類です。この書類の発行を受ける費用が「D/O費」です。その他、船が港に着いたことを知らせるアライバルノーティスの発行手数料が「DOC FEE」として請求されます。常識的に考えて、貨物の到着案内書類を有償で発行するなどありえないのですが….貿易業界ではまかり通っています。

書類発行時に請求される費用例

  • D/O FEE=デリバリーオーダー(D/O)の手数料
  • DOC FEE(B/L FEE)=B/Lを発行する手数料

中国航路特有の費用

  • SPS=上海港の使用料金
  • CRC=香港初アジア域内運賃にかかる割増金
  • DCF=書類作成費用
  • システムチャージ=中国からの輸入貨物に加算される。中国のフォワーダーが中国側の輸出者から取るべき費用を取らず、日本の輸入者から徴収する料金支払いを拒否すると、貨物の留置権を盾にして強引に支払わせようとする。関連記事:システムチャージとは?

台湾と韓国特有の費用

  • KAC 台湾/基隆港から出す貨物に課される割増金
  • CNTR TAX コンテナへの税金(韓国)
  • Wharfage 埠頭使用料金(韓国)

北米方面特有の費用

  • SPSC 北米向け海上運賃に適用される夏季割り増し運賃
  • AMS 北米、EU向けの船積み、24時間ルール対応のための手続き費用

運河系通行料金

  • STF スエズ運河を通過する費用
  • PCS パナマ運河の通行料

大阪特有の費用

  • 搬出手数料 大阪港の保税地域から輸入貨物を引き取るときに発生する。(大阪のみの特殊料金)

その他、海上運賃に関連する費用

用語 意味
O/F オーシャンフレイトの略=海上運賃。これにサーチャージが加わる
AFR 24時間ルールに対応するために海外で徴収される費用
ARB 長尺物・重量物に加算される
CIC 中国路線に加算される費用
ACC アラメダコリドチャージ ロングビーチ港を経由するときの負担金
ALL IN 燃料割り増し系など、すべての加算費用を含めた価格
CFS 混載輸送の方式
CIF 輸出者が国際送料と保険料を支払う
CFSチャージ 船会社のCFSでデバンバンニング、入出庫する費用
CMC コンテナの修復に関する費用
COLLECT 輸入者側が海上運賃を支払うこと
CSS セキュリティを高めるためのチャージ
CUS シャーシの使用料金
CSC SOLAS条約のISPSコードの対応費用
DCF 書類の作成費
DDC コンテナ取扱料金=THC
EMC コンテナ自体の品質管理にともなうコスト
ENS 欧州版24時間ルールに関する費用
EPS 使用済みのコンテナや空コンテナを移動する費用
GRI 海上運賃を一括で値上げすること(海運同盟)
IPI 内陸国にある地点までを輸送することを指す。
WRS 戦争地を通過するときの費用
S/C 一定期間一定量の積み荷を保証すること=特別割引運賃
LSF 燃料の硫黄分濃度排出規制にともなう費用
seal fee コンテナに封をするための費用
VAT 付加価値税

よくある疑問

1.海上運賃諸費用の課金単位は?

船が港に到着する間際に、船会社からアライバルノーティスが発行されます。

アライバルノーティスは、本船が輸入港に到着したことをお知らせする書類です。この中に、輸入者として支払うべき諸費用が書かれています。この費用を支払うと、船会社(代理店)からD/Oが発行されます。その後、無事に輸入許可を受けると、ターミナルに許可書とD/Oを差し入れて貨物を引き取ります。

アライバルノーティスには、請求額を示すに当たり「課金単位」を表示しています。課金単位には、次のものがあります。

名称 意味
B/L 一つのB/Lに対して課金
RT 一トンあたりに課金
VAN 一つのコンテナに課金
20’DRY 20フィートのドライコンテナ一本に課金
W/M または WM=レベニュートン 実重量と容積重量を比較して、大きい方を採用

簡単!容積重量の計算ツール

2.海上運賃には消費税はかかる?

海上運賃には消費税はかかりません。消費税とは、国内貨物に対してかかる物であり、外国貨物にはかからないです。輸入品は、輸入の許可をもって、外国貨物から内国貨物へと切り替わります。海上運賃は、外国貨物に課金されているため、必然的に消費税は免税扱いです。

まとめ

  • 輸送費=海上運賃+各種調整金+コンテナ輸送代金
  • 各種調整金は、季節、航路、船会社により様々
  • 貿易条件で、輸送費を輸出者負担になっていても、別途、日本側の費用が発生する
  • 各種調整金の中には、意味不明な物もある。支払いを抵抗しても無駄に終わる可能性が高い。

海上運賃の見積もりは、ジャパントラストさんが便利です。船会社との大規模輸送契約をしており、荷主に対して圧倒的な価格提案力があります。特に北米や南米向けなど、太平洋をまたぐ輸送が得意です。また、全世界に対してオーバーゲージカーゴ(巨大な貨物)の輸送も得意です!

ジャパントラスト株式会社

国際輸送のお助け役
フォワーダーとは?

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました