フォワーダーで独立(起業)する魅力 現役の社長が直伝!

NVOCCビジネス国際輸送
この記事は約13分で読めます。

NVOCCビジネス

コロナウィルスの関係で自宅勤務(テレワーク)をする方が増えています。巷のニュースでは、テレワークを好意的に受け止める方がいる一方、家庭環境が悪化するなどの批判的な意見を言う人もいます。しかし、一部の家庭的な事情を除けば、テレワーク(誰かに縛られない働き方)は、快適な働き方だと感じるでしょう。もしかすると…

「いっそ、会社をやめて独立したい」

「会社員をしながら副業を始めたい!」

と考える方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では「2020年現在、現役NVOCC社長が伝えるフォワーダービジネスのうまみと魅力」と題して、フォワーダービジネスの魅力やうまみをご紹介していきます!

フォワーダービジネスの魅力

まずは、今回のお話で登場するNVOCCの社長さんのプロフィールを簡単に説明します。

  • 若干24歳の若さでNVOCC事業に参入する。
  • コネなし、既存顧客のなしのゼロ状態から起業する。
  • 自らの足で一社一社を開拓。2020年現在、ある路線のNVOCC世界ランク10位内に入る

上記の経歴を見てもわかる通り、既存顧客なし、コネなし、知識なしのゼロゼロ状態から、現在の地位に昇りつめた方です。今回は、そんなフォワーダー社長が海運ビジネスの魅力をご紹介しています。なお、ここから先は、社長さんの言葉をそのまま書いていきます。

フォワーダビジネスの魅力8選

もし、この記事を読んでいるあなたが「何らかの理由」で、くすぶる人生を過ごしているなら、ぜひ、最後まで記事を読んでいただきたい。別に成功してる人にこの記事を読んでもらおうとは思わない。そんな人たちより、今、どん底で人生をくすぶっている人。

例えば…

  • 船会社で営業活動をしている人
  • フォワーダーで船積み書類をさばいている人
  • 貿易関連業界の中で、安月給で夜遅くまで仕事をしている人
  • フォワーダー等を引退し、第二の人生を歩んでいる方

……にフォワーダービジネスの魅力を余すことなくお伝えしようと思う。フォワーダー歴20年以上の経験からいうと、フォワーダービジネスには、8つの魅力があると思う。上5つが主要な魅力。下3つがサブ的な魅力だ。

  1. 一国一城の主になれる=自分のファンである。
  2. 粗利益率が高い。
  3. 自社のハードを使わず、下請けの物流業社を使える。
  4. 働き方は自分次第
  5. 収入の可能性は無限大
  6. 通勤地獄から解放される。
  7. 事業の立ち上げコストは0円~
  8. 第二種利用運送事業も不要

1.一国一城の主になれる=自分のファンである

集荷ビジネス フォワーダー (2)

フォワーダー業務は、小さいながらも一国一城の主だ。独立をした24歳当時、私は、人に指図をされるのが嫌だった。だから一国一城になれる「何か」をずっと探していた。そんなとき、知り合いの紹介でフォワーダービジネスに出会った。正直、最初は、人脈ゼロ、資金もわずか。さらに、フォワーダーって?との状態だったと思う。ほぼゼロからスタートしたといっても良いだろう。

しかし、当時の私は、どうしても一国一城の主になりたかった。それを実現するのに、フォワーダービジネスは、とても魅力的だった。何がそう感じさせたのか? それはよくわからない。ただ、海運という大きな世界、そして、小さいながらも「一国一城の主」になれる点に魅力を感じた。きっと、世の中の起業ってのは、そんなものだ。カッコいいことは、ただの後付けで装飾はいくらでもできる。私はそんな物に興味がないだけだ。

だから、まずは、そんな大きなことを考えなくてもいい。今の収入よりも一万円、二万円、増えるだけでもいいじゃないか。そこから一歩が始まるんだよ。フォワーダービジネスは……

  • 比較的、簡単に始められる。
  • 会社の成長と合わせて従業員を増やせる。
  • 一国一城の主になれる。面倒な上司にセコセコするのも不要

そして「自分」にファンができること。世の中に必要とされている。こんなことを肌でヒシヒシと感じられるのも魅力の一つだ。時々「○○会社の営業マンとして一位になった」と伝えくる方がいる。もちろん、あなたの実力もあったかもしれない。しかし、それは、多くの場合、会社の看板による効果だと考えた方がいい。

しかし、これが小さいながらも、一国一城の主として活動なら、意味がガラリ変わる。

あなたの営業活動=あなた自体(会社)の信用力の証。つまり集荷力となってダイレクトに表れる。

あなたに信用がない限り、いつまでも荷主の獲得はできない。最初、私も信用力がゼロの状態だったので、非常につらかった。テレアポをしてもガチャ切りされる。飛び込みをしても、犬を追い払うように手でアッチイケだ! しかし、そんな辛い営業活動の中でも、少しずつ信用ができてくると、面白いように仕事が舞い込むようになる。これがまさに自分の実力だといえるだろう。

2.やり方次第で、粗利益率を高められる。しかもほぼノーリスク!

集荷ビジネス フォワーダー (3)

具体的な粗利益は、業界的なこともあり伏せたいと思う。この記事を読んで気になるなら、ぜひ、私のフォワーダー代理店ビジネスに挑戦していただきたい。挑戦者に対して、余すことく伝えたいと思う。ただし、興味本位の応募はお断りだ。実に時間がもったいない。私の時間もあなたの時間も、常に人生の「最初と最後の時間」を重ねている。だからこそ、これを読んで応募するからには、真剣であることが条件だ。

応募を迷っているあなたに一言だけヒントを伝えるなら、このビジネスは「料理」と一緒だ。

  • どこの市場から魚を仕入れるのか? →仕入れ値自由
  • どう料理して、いくらで販売するのか? →売値自由

どちらも自由に設定ができるから、あなたの匙加減(さじかげん)で受け取る利益も自由自在であることが大きな特徴だ。さらに、このビジネスの特徴(利点)は、他にもある。

船会社等からスペースを仕入れて、利益をのせて荷主(顧客に)に再販売をする。

輸送スペースを販売するビジネスだから、ハード(施設・お店等)をもつビジネスよりも圧倒的にリスクが小さい。今、世の中は、コロナの影響で様々なお店が大きな影響を受けている。これもハード(お店)を持つデメリットの一つだ。しかもだ。まだまだ話には、続きがある。今回、私が紹介するビジネスは、このフォワーディングビジネスの取次店(代理店)なので、ビジネス上のリスクはあり得ない!

  • 在庫もない。
  • ペナルティもない。
  • 余計なコストも発生しない。
  • 仕事が発生したら利益を得られる。

こんなビジネスは、世の中、数えるほどしかないと思う。とても単純なビジネスだ。もちろん、インターネットに蔓延する「霧のように立ち消えするビジネス」でもない。この世に、貿易が存在する限り、つまり、日本がある限り、必ず存在し続ける手堅いビジネスだ。これは確信をもって断言できる。

  • 物を扱う物販は、人間がいる限りなくならない。
  • 同様に物販をするための物流(このビジネス)もなくならない。

なぜ、そのようなことが言えるのか? 私自身が知識なし、コネなし、営業経験がゼロの状態から、世界ランク10位内のNVOCCに成長させられた。この中で、何度もリーマンショックのような不況を経験した。でも、どんな状況下になっても、私のビジネスへの影響はわずかだった。これは、世の中に必要とされている証だ。

世の中は、論より結果。結果に裏打ちされた論は、何よりも重視される。もう一度、伝えよう。このビジネスのリスクはない。あるのは、やっただけの「見返り=利益」だ。あなたが思いつくリスク部分は、私の会社がすべて引き受けている。だから、安心して挑戦してきてほしい。

きっと「今の状況を打破したい」と考える、あなたにピッタリなビジネスのはずだ。もちろん、私は完ぺきな人間ではない。人よりも特別な能力があるわけでもない。努力の結果、ほんの少しだけ楽な生活を送れる身分になった。それだけだ。ただ、私も若いときと比べて、野望が小さくなってきている。もうガンガン攻めていこうとは思わない。一方、今度は、未来ある若者に、少しばかりのチャンスを与えられたら…..とも思う。少しカッコつければ社会貢献だ。

もちろん、これ以上の考えはない。私は、このビジネスに自信を持ち、あなたに提案している。その結果、あなたからどう思われようがかまわない。もちろん、この文章を見て、何か疑念を感じるならやめた方がいい。今すぐ、ページを閉じ、スマホゲームで時間をつぶすべきだ。あなたには、それがお似合いだ。結局、私がどれだけ真剣に言葉を選んでも…….

「どう受け取るかはあなた次第だ」

もし、自分の気持ちに嘘をつき「今の生活で満足」と自分を言い聞かすなら、それでも良い。私には関係ない。少し社会貢献の心が出てきたとはいえ、私は、甘くない。お人よしでもない。しかし、私を信じ、飛び込んできてくれる人には、私の持つ成功ノウハウを余すことなくお伝えしようと思う。それがあなたの成功へとつながるはずだ。もちろん、あなたの成功が私の利益にもなる。

国際海上輸送の集荷代理店ビジネスに参加する!

3.自社の施設を使わず、下請けの物流業者を使える。

フォワーダー

船会社等の経験者は、フォワーダービジネスは「ハード(施設や設備)を用意しないとできない」と考える。しかし、実際は違う。むしろ、私のように、徹底的にコンパクト、かつ特化してビジネスを展開すればいい。つまり、信頼できるパートナーと協業し、専門外の分野はどんどんと仕事を振りあう。これが大切だ。

例えば、

  • 通関の依頼⇒通関業者
  • デバン⇒海貨業者
  • 国内輸送⇒トラック会社

等に振ればいい。別に自分ですべてをやらなくていい。あなたのファンである荷主の元受けとなり、荷主の希望を叶えてあげるだけだ。あなたの顧客(ファン)は、あなたを信頼し、すべてを任せるだろう。だからこそ、あなたはファンの期待を裏切らず、最大限のサポートをする。これが顧客のさらなる信頼につながる。そして、この信頼を積み重ねた結果がこんにちの私だと考えてもらえば良い。

アニメのように、最初からスーパーマンになれるのはわずかだ。現実は、泥臭い営業活動を続け、少し、また少しと顧客を開拓する。もちろん、私も同じ道をたどってきている。この辛い現実を乗り越えた先に、あなたの描く未来がまっている。少なくても毎月の給料日を気にする生活からはサヨナラできる可能性は高いはずだ。

4.働き方は自分次第

社長の立場から考えれば、オフィスワーカーも、外の仕事も本質的な部分は同じだ。

  • 毎日、残業
  • 定時がある
  • 混んでいるレストランでランチを強いられる。
  • 大型連休を楽しまなければならない。

いかがだろうか?どこに違いはあるだろうか? 結局、雇われている身分では、本質的な部分は変わらない。もちろん、世間一般的な評価は、ホワイトカラー(オフィスワーカー)の方が良い印象を持たれることが多い。しかし、私たち経営層から見れば、本質的には同じだ。これは、私が24歳のときに気づいた。だからこそ、私は、働き方は自由。すべてを自分の責任と結果で処理できる働き方を選んだ。

少し休みたければ、休めばいい。もっと、稼ぎたければ、土日関係なく働けばいい。

最初は、少し大変だが「積み重ねの力」が働きだすと、フォワーダービジネスは、このような自由な働き方ができる。

国際海上輸送の集荷代理店ビジネスに参加する!

5.収入の可能性は無限大。積み重ねの力が働く。

集荷ビジネス フォワーダー (1)

サラリーマンとして働けば、月給、日給、又は時給や有休などをベースに「最低限」の給与が支払われる。もちろん、こんなことをいうと「年収1000万円プレイヤー」から反感を買うだろう。しかし、ここで言いたいのは….

  • サラリーマンの収入に対する考え方
  • 事業者の収入に対する考え方

は全く違うことだ。これは、一人で小さく事業をしている事業主でも同じだ。まさに、事業者だけがわかる収入に対する考え方ともいえる。もし、あなたが今の収入に不満を感じているなら、フォワーダービジネスに挑戦するといい。あなたの収入の常識と事業主の収入の常識はまるで違うことがわかるはずだ。一回の輸送取引で非常に大きな金額が動くのを肌で感じるだろう。

その取引の中から、自身が20%の利益を得られるとすればいかがだろうか? 一般的に、給与は、事業主、株主がおいしい所をとった最後だと考えた方がいい。これがあなたが頑張っても、中々「あなたの利益」につながらない理由だ。嘘だと思うなら、新卒時の給与と10年後の給与を見比べてもらいたい。多くの場合は「そんなに変わっていない」はずだ。悔しいと思うがこれが現実

一方、フォワーダービジネスは、よくも悪くもあなたの利益に直結する。別の言い方をすれば、あなたの努力が正当に評価される世界だ。フォワーダービジネスは、参入するべき「うまみ」が十分ある。これは間違いない!

というか、うまみが知られていないため、ライバルが少ない。特殊な業界であるため、新規参入が難しい。経験者でないと、このビジネスに参入するのは難しいだろう。それに、昨今の「配送ニーズの多様化」は、あなたのように、ゼロベースでフォワーダービジネスをする人には、追い風が吹いている。

また、フォワーダーは「積み重ねの原則」が働くビジネスだといえる。要は、ある荷主を取り込めば、あとは「どのようにフォローアップをすればいいのか?」つまり、常に他社の動向を注視し、荷主にとって最適なフォワーダーであり続けることを意識すればいい。それをするだけで、あなたの利益は、積み重ね的に増えていくだろう。まさにこれもうまみの一つだ。

6.通勤地獄からも解放!時間と場所を選ばず働ける。

毎朝、満員の通勤電車に揺られながら出勤するのは憂鬱だ。私は、昔から通勤が大嫌いだ。満員電車、車の車列を我慢して職場に行くのは苦痛以外の何物でもない。フォワーダービジネスは、通勤地獄に悩まされることもない。あなたがどこにいても自由だ。気を配るのは、あなたのファン(荷主)とのやり取りだけ。これを維持できるなら、どんな方法でもできるビジネスだと考えても良い。

時間と場所を選ばずできるビジネスだ!

「I have a Dream」あなたもこの有名な言葉を聞いたことがあるだろう。私の若い頃からの夢は「ジェットセッター」だ。ジェットセッターとは、地球を”お庭”のように飛び回り、ビジネスをすること。少し現代的な言葉で言うなら「ノマドワーカー」だ。私は、このジェットセッターになれるフォワーダービジネスが大好きだ。

集荷ビジネス フォワーダー (1)

ジェットセッターになる条件は、次の三つ。

  • ネットや電話で完結すること
  • ファン(顧客)がいること
  • 自分が現場に立ちあわなくてもいいこと。

この三つを満たすなら、どんなビジネスでも実現はできる。私は、このフォワーダービジネスがピッタリだと考えた。それから25年以上もの間、私はこのビジネスに身を投じている。もちろん、今も現役の社長でありながら、日本全国・世界各国をスーツケース一つで飛び回っている。ちなみに、今は、コロナの影響もあり、湘南の海を楽しめる鎌倉にいる。この記事を書き終えたら、サーフィンをするつもりだ。

「世界は広い!」もし、あなたが「自分の世界観」を変えたいなら、今すぐ、自分の生き方や行動を見直すべきだ。「将来的には独立したい」と口では言う物、会社の同僚と一緒に、500円ランチの話題で盛り上がっている。又は、お付き合いで居酒屋で「愚痴などの雑談会」をしているようでは独立は程遠い。

無情にも時は刻一刻と流れる。「将来的には~」と、ことを先延ばしにしても、その将来は一生現れない。これは断言できる。あなたの生活は何も変わらない。少し厳しいことを言うが、何も実現しない「ドリーマー」で終わるはずだ。それで満足なら一生そうすればいい。誰もとめない。現状のあなたは、過去のあなたの「結果」でしかない。

では、将来のあなたの姿を変えるには、どうすればいいのだろうか? 将来のあなたから見る過去、つまり、現在のあなたを変えるしかない。自分に言い訳をし、行動を先延ばしにする限り、一生、夢を見続けるドリーマーになる。それが嫌なら、今すぐ行動をするべきだ。

7.事業の立ち上げコストも低い

フォワーダー

どんなビジネスをするにしても、ある程度の資本が必要だ。しかし、私が提供するフォワーダービジネスは、加盟金、ノルマ、維持費等もゼロだ。だから、フォワーダービジネスをするためのお金は一切不要だと考えれば良い。もし、自分のオフィスを構えたいなら、自宅の一角で始めれば良い。まずは、立ち上げコストを低くするのが重要だ。もちろん、副業として取り組みたいときは、私の会社名と名刺で営業をしてもらえば良い。

8.第二種利用運送事業も不要

基本的には、本格的にフォワーダービジネスをするときは、第二種利用運送事業の資格が必要となる。もし、あなたが本業としてフォワーダービジネスにチャレンジするときは、第二種利用運送事業の資格を取っていただきたい。その方がビジネスの幅が広がる。ただ、副業等でビジネスを始めるなら、私の提供するフォワーダー紹介ビジネスの枠組みでする限り、第二種利用運送事業の資格は不要だ。個人、法人、サラリーマンの副業など、どんな人でも挑戦はできる。

  1. 加盟金なし
  2. 維持費なし
  3. 毎月の定例会等も一切なし

以上、8つがフォワーダービジネスに魅力だ! もし、海運の集荷代理店ビジネスをしてみたい方は、ぜひ、門をたたいてほしい。世の中は、行動をおこした者が勝ちだ。これは紛れもない事実。ただ、これを実行できる人は、非常にわずか。これもまた事実! 無理にとは言わない。気になるなら応募をしてもらえば良い。気にならないならしなくてもOKだ。その選択権は、100%あなたにある。

2020年6月1日 現役のNVOCC社長より

 

以上、現役のNNVOCC社長が伝えるフォワーダービジネスの魅力です。少しでも気になる部分がございましたら、ぜひご応募ください。皆様からの応募をお待ちしています!

 

国際海上輸送の集荷代理店ビジネスに参加する!

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました