インコタームズ・DDP(関税込持込渡)とは?

DDP インコタームズ
この記事は約3分で読めます。

インコタームズの「DDP」は、以下3つの特徴があります。

  1. 売り手が輸出国から輸入国納品先までのすべての費用を負担する。(荷卸し費用を含めて)
  2. すべての費用には、輸入国側の通関、関税、消費税、税関検査代なども含まれる。
  3. 買い手側が最も有利な貿易条件

インコタームズ/DDP

DDP インコタームズ2020

DDP(売り主が関税などを負担する取引)の特徴

ポイント:買い手は、貿易取引というより国内取引に近い。売り手は最大の義務を負う。

  1. 引き渡しと危険負担時期
  2. DDPの費用負担と危険負担のリスト

1.引き渡しと危険負担の移転時期

DDPの最大の特徴は、売り手が最大の危険負担と費用負担を負うことです。売り手が輸出国の費用、輸出通関費用、運送費用、さらには、輸入国側の通関、関税、消費税、輸入国の国内費用などを負担してくれるため、買い手は、貿易取引にも関わらず、通常の国内取引と同じように考えられます。つまり、売り手と買い手の危険負担の切り替えポイントは、合意をした輸入国側の指定仕向け地にあります。

2.DDPの費用負担と危険負担のリスト

DDPの売り手と買い手のポイントは、次の通りです。売り手と買い手の負担は、それぞれの色で表します。

危険負担 分岐点 売り手は、輸入国の指定地向け地までトラックで輸送した後、荷台に荷物を載せたまま輸入通関を行い、輸入者に貨物を引き渡せる状態にする=これが危険負担の分岐点です。
費用負担 分岐点 上記と同じ
輸出国内輸送費
輸出通関費用
その他、輸出関連費
海上保険 (*売り主は保険契約の義務を負わない)
海上運賃
輸入通関
輸入国側の関税・消費税
輸入国の国内費用
契約手続き 輸送や海上保険など 輸送、海上保険ともに売り手が手配

DDPの要点及び注意点

DDPは、買い手側に最も有利な貿易条件です。もし、あなたが輸入初心者で、とにかく難しいことを避けたいときは、このDDPを指定すると良いです。DDPの場合、売り手側が輸出国から輸入国の指定地までの有するあらゆる費用と危険を負担してくれます。この費用の中には、次のような項目が含まれています。輸出者側がほとんどの費用を負担します。但し、荷下ろし費用は明確になっていないため、売買契約書に定めた方が良いです。

  1. 輸出国側の費用
  2. 輸出国から輸入国の海上運賃
  3. 海上保険代金
  4. 輸入国の通関
  5. 輸入国の消費税、関税
  6. 輸入国のトラック配送代金

注意点1.仕向け地の明確化

売買契約書の中に物品を引き渡す「仕向け地」を明確にしておきます。

注意点2.売り主が輸入許可をとれるのか?を含めて検討する。

売り手は、自身で輸入国側の通関ができるのか?を含めて検討します。万が一、輸入許可を取得できない場合、インコタームズの債務不履行に当たり、損害賠償請求される可能性があります。もし、輸入国側の通関に自信がない場合は、DAPまたはDPU取引にして、輸入国側の通関を買主とした方がリスクが小さいです。また、DDPは、売り主が輸入国側の関税や諸税を支払う義務を負っていることにも注意します。

DDU、DAPとの違いは?

インコタームズ2010によりDDUはDAPに統合されています。DAPは、輸入国側の指定地までの輸送費や保険代金を負担することは同じですが、その他の輸入側でかかる費用は買い手の負担です。(例:輸入通関費用、関税、消費税など)

まとめ

  • DDPは、買い手が最も有利な貿易条件
  • 売り手は、最大の危険負担と費用負担を負う。
  • 売り手は輸入許可を取得できる可能性を検討する必要がある。
  • 売り手は、輸入国側の関税等を負担する義務を負う。

【図解!インコタームズ入門】どんな条件で貿易をする?

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

[スポンサードリンク]






\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました