【海外輸出】コンテナ船の予約方法(ブッキング)

コンテナ船 予約方法 国際輸送
この記事は約8分で読めます。

海外へ輸送する手段として「コンテナ」があります。20フィート(6m)や40フィート(12m)などの決められた箱の中に、好きなだけ貨物を詰めます。普段、私たちが利用する「クロネコヤマト」や「ゆうバッグ」などは、大きさと重さに比例して送料が高くなります。たくさんの荷物を送れば送るほど支払うお金が増えていきます。

一方、コンテナの場合は、決められた箱の中に好きなだけ貨物を詰めることができます。さらに積める「重さ」もコンテナの最大重量をオーバーしない限り、気にする必要はありません。これらの特徴があるため、海外との輸送で中心的な役割を果たしています。

この記事では、コンテナのブッキング(予約)には、どのような情報が必要になるのか、それを誰に頼めばいいのかなどをご紹介します。

海外輸出で使うコンテナ船の予約方法

海外に向けて商品を発送する場合は、何かしらの輸送方法を確保しなければなりません。輸送方法は「海上による輸送」と「航空による輸送」の2つに大別されます。航空による輸送は、貨物の劣化が激しい商品(例:さくらんぼ)や高単価貨物の輸送に向いています。しかし、運べる量が少なかったり、輸送代金が高くなったりするため海上輸送の方が一般的です。

外国との貿易で利用する2つの輸送方法

海上輸送の中にも2つのタイプがあります。一つ目が「LCL/CFS」です。これはコンテナよりも少ない貨物を輸送するときに利用する方法です。荷物が少ないときに、一本のコンテナを予約してはスペースが無駄です。そこで「コンテナ一本未満の荷主の貨物」を集めて、一つのコンテナにして輸送します。これを「LCL貨物」や「CFS」と呼びます。一つのコンテナに仕立てている業者が「フォワーダー」です。

一方、コンテナ輸送の場合は「FCL/CY」などと言います。コンテナ一本分を丸ごと貸切り好きなだけ荷物を詰める方法です。既述のLCLが複数の荷主の貨物を積み込んでいるに対して、FCLは一つの荷主専用のコンテナに仕上げます。まずは、あなたがどちらの形態で輸送するのかを選びます。詳しくは「LCLとFCLのメリット・デメリット」の記事をご覧ください。

コンテナ船の予約をする相手は誰になるのか

船のコンテナは、どこに予約すればいいのでしょうか。予約する先は2つあります。一つは、船会社に直接予約する方法。もう一つは「フォワーダー」です。(*フォワーダーには、広義に「通関業者」が含まれています。)では、船の予約先を船会社する場合とフォワーダーにする場合では、どのような違いあるのでしょうか?

Hunade

船会社へ直接予約する方法

船会社は、日本でいうと「NYK」「MOL」「川崎汽船」などを指します。船会社は、日本と世界各地の港との間でコンテナ船を運航しています。このコンテナ船の中に積み込むコンテナを借りることが「コンテナの予約」です。船会社のお客は、一般の荷主とフォワーダーと呼ばれる業者の2つがあります。

ここで船会社としての立場を考えてみてください。船会社は定期的に〇〇と〇〇の間のコンテナ船を運航しなければなりません。そのため、なるべく多くのコンテナを確保する必要があります。毎回、何十本、もしくは何百本と予約をしてくれる「フォワーダー」と、あっても数本程度の「一般荷主」とでは、どちらが船会社にとって重要だと思いますか? もちろん、定期的に一定の数の予約を入れてくれるフォワーダーです。

すでにお分かりの通り、基本的に一般荷主は、船会社に軽視されやすい傾向にあります。「小さなお客さんを相手にするのは、面倒だからフォワーダーを訪ねて!」と考えている可能性すらあります。そのため、船会社へ直接予約するのは、あまりお勧めはしません。船会社と直接契約でメリットを受けられのは、テレビCMをしているような超大手の企業だけだと考えましょう。

ポイント:船会社に直接予約するのは、フォワーダー並みに一定のコンテナの予約を入れられる場合のみです。月数本程度の数であれば、”微々たる量”です。

フォワーダーを経由して予約する方法

先ほどから何度も登場しているフォワーダーです。既述の通り彼らは、小口の荷主を集まて一本のコンテナに仕立てるだけではなく、コンテナの予約なども受け付けています。さきほど、船会社のお客さんは、2種類あり、その中の一つにフォワーダーがあると述べました。

船会社は、ある一定のコンテナを予約してくれるフォワーダーには、特別な料金設定をしています。フォワーダーは、この料金設定で安くなる部分を活かして、小口の荷主用にLCL輸送を実現したり、コンテナの再販売をしたりしています。これは、貿易業界だけでなく、さまざまな業界の一般的な仕組みでもあります。

例えば、航空会社であれば、JTBやHISなどに破格の料金で飛行機のスペースを販売しています。JTBやHISは、このスペースを基にして格安のツアーを作っています。ホテルや航空代金が含まれているのに29,800円という驚愕な代金を実現できるのもこの仕組による物です。JTBやHISなどが提供するツアーを個人で実現しようとしても、決して行うことはできません。そもそものスタート地点が違います。

Hunade

 

あなたが月に何十本もコンテナを予約するほどの大手ではない限り、普通にフォワーダー経由で予約をした方がいいです。

まずはフォワーダーと取引実績を積み重ねていきます。すると、フォワーダーの中での顧客としての重要性が少しずつ高まってきます。ある一定のコンテナを予約するようになれば、船賃の値下げなどを提案される可能性があります。このように少しずつ実績を積み重ねていくことをお勧めします。

ポイント:船の手配 独立系NVOCC(フォワーダー)を選ぶべき理由

フォワーダーも得意・不得意な「路線」があります。

月に換算すると、数本程度のコンテナしか取り扱っていないのであれば、普通にフォワーダーに予約をします。では、このフォワーダーは、どんな会社でも良いのでしょうか。実はフォワーダーには、得意・不得意である「航路」があります。

フォワーダーは、船会社と「S/C」を結び特別な単価で輸送契約をしています。フォワーダーは、このS/Cの単価をもとにして、自社独自のサービスと価格で、一般荷主に販売しています。もし、あなたがフォワーダーに対して、毎月一定量の輸送をお願いするときは「ボリュームディスカウント」として、あなただけに特別な単価を提案してくれるようになります。

フォワーダーが得意である航路を知るためには、電話などで単刀直入に聞くことです。「貴社は、どの船会社(航路)を得意としていますか? 」などと質問をします。また、フォワーダーは、船会社の代理店になっている場合があります。その場合は、代理店となっている「船会社が就航している航路」を得意としています。

■ポイント
フォワーダーには、得意な分野、ルートがある。もし、フォワーダーから特別扱いされたいときは、特別扱いするにたる「実績」を積むことが重要! あなた自体のビジネスが小さい段階で値下げ交渉をしても相手にはされないです。少なくても月間で何十本もフルコンテナを扱うようになってからです。

関連記事:
国際輸送/フォワーダーを勝手にランキング!全50社の特徴
シッピングガゼット
国際フレイトフォワーダーズ協会のサイト

予約をするときに必要になる情報

ここまでの説明で、あなたが予約をするべき相手をお伝えしました。ここから先は、実際にコンテナを予約するさいは、どのような情報が必要になるのかをお伝えします。コンテナを予約するときは、以下の7つの情報が必要になります。なお、船に関するスケジュールは「シッピングガゼット」で確認ができます。

1.積地(つみち)

日本のどこから出港する船なのか?(例:Tokyo,Osaka,Yokohama,Nagoyaなど)

2.揚げ地(あげち)

海外のどこの港へ到着させたいのか?(例:Bangkokなど)

3.本船名(voyage)

その航路を運航する本船の名前(例:Wan Haiなど)シッピングガゼットに掲載されています。

4.ETD/ETA

本船の出航日と到着日

5.シッパー名

輸出者の情報 *製造メーカーでなどの情報ではありません。あくまで輸出者の情報です。

6.ボリューム

20フィートや40フィートコンテナを何本か?リーファーか?ハイキューブか?などの情報です。

7.フレイト(船賃)

船賃は「プリペイド」か「コレクト」のどちらにするのか?という情報です。これはインコタームズに従うことになります。CIFやDDPなどの条件であれば「プリペイド」、つまり輸出者側が船賃を支払います。一方、FOBなどの条件であれば「コレクト」、つまり輸入者側が船賃を支払います。

コレクトの場合は、船会社またはフォワーダーがコンサイニー(輸入者・荷物の受け手)に確認(ノミネーション)をします。これは、コレクトの場合、お金を支払うのはコンサイニーであるためです。関連記事:フレイトプリペイドとコレクトは、どちらが安い?

8.搬入場所とカット日

輸出貨物は、いつまでに、どこに搬入すればいいのか?を確認します。

FCL:CYの場所とCYカット日、LCL:CFSの場所とCFSカット日

9.その他

詰み込む予定の品目や数量、使っている通関業者名(船会社へ直接予約する場合)、危険品があれば、そのことを記載しておきます。

これらの情報からS/I(シッピングインストラクション)→B/L Instructions(旧:ドックレシート)→B/L(船荷証券)のように書類が作成されていきます。コンテナなどを予約するときは、必要になる情報ですから、エクセルファイルなどで情報を記載するための雛形を作成することをお勧めします。

関連記事:海上輸送の見積もりをお願いするときに伝えること

余談:こんなことはできるのか?

二人以上の荷主の荷物を一つのコンテナに入れることは可能なのか?結論を申し上げると可能です。この場合、一つのコンテナから2つのB/Lが作成されることになります。デメリットとしては、どちらかの荷主がコンテナ検査になってしまうと、それに引きずられてしまうことです。

まとめ

コンテナを予約するときは、船会社かフォワーダーのどちらかに行います。船会社は、小さな荷主を抱えてごちゃごちゃとトラブルになるより、ある一定のコンテナを定期的に予約してくれる「大口荷主」や「フォワーダー」を重視します。このような事実を考えると、大きな荷主でない場合は、素直にフォワーダーを通して予約をしたほうが良いです。もしかすると、船会社に直接予約するよりも安い可能性すらあります。

コンテナなどを予約するときに必要にある情報は決まっています。これは予約する相手が誰であろうとも同じですから、エクセルファイルなどにまとめておき、スムーズな予約を行えるようにしておきましょう。

「貿易者必見」フォワーダーとは?国際輸送のお助け役

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

国際輸送見積もり

輸入の見積もりツール

ems 小包

fclとlclの違い

カイコン

[スポンサードリンク]


Translate »
タイトルとURLをコピーしました