【土曜カット】青島→東京の国際輸送 東京港の渋滞も無関係!

青島東京LAND-SEA EXPRESS

中国の華北地区(青島)からアパレル、服飾雑貨、日用品、雑貨、組立家具、金属加工部品、自動車産業、家電製品、ゴム、化学繊維等を輸入されている方へ。

 

このような課題はございませんか?

 

  1. 「カット日が早い。船積みに間に合わないときは、航空便又は次の便を利用している。もっとギリギリまで製造や仕入れをしたい」
  2. 東京港の渋滞。ドレーの手配、配達遅延が慢性化。自社でコントロールが難しい部分でクレームにつながる。」
  3. 不安定な配送。華北地区で発生する大陸性気候により、頻繁に船が留まる。最悪、数週間、動かないこともあるため、安心して荷物を出荷できない。」

 

朗報です!エフシースタンダードロジックス株式会社が青島から東京までの輸送青島東京LAND-SEA EXPRESS」を開始します!

 

■青島東京LAND-SEA EXPRESS

  • 青島 → 大阪(国際RORO船)
  • 大阪CY → 東京大井ターミナル(鉄道輸送)

東京港一切利用せず、青島から東京に輸送します。

 

青島から東京路線 悩ましい3つの問題

1.東京港の慢性渋滞問題

2022年3月20日の日本海事新聞でも紹介されている通り、東京港は深刻な渋滞が発生しています。貨物をピックアップするドレーが、ゲートをくぐり出てくるまでに8時間もかかることがあるそうです。

この渋滞問題は、平成30年1月31日の東京都港湾局「東京港の渋滞対策について」の資料の中でも指摘されています。当然、日々、東京港を利用されている方は、肌で感じられているでしょう。

例:ドレーの滞留問題。ドレージ料金の高騰、配送遅延等

2.カット日が金曜日

青島周辺から東京に荷物を送る際は、コンテナ船、フェリー船、航空便等、いくつかの方法があります。東京向けの船は、カット日が金曜日に設定されていることが多いです。

例えば…

「金曜日の船に乗せたかったけど、カットに間に合わない。でも商品は必要だから、泣く泣く航空便に切り替えている」方も多いのではないでしょうか?

また、カット日が金曜日のため、当然、東京着が火曜などの週前半に集中、既述の東京港での渋滞に悩まされます。

3.輸送遅延が常態化しやすい。

青島を含めた中国の華北地方は、大陸性の気候により濃霧が発生しやすいです。輸送船は、中国のいくつかの港を経由する内に、濃霧に遭遇し遅延が発生します。

一度、遅延が発生すると、最悪、数週間も及ぶため、貿易従事者としては、非常に悩ましい問題です。

 

それら問題を解決するのが「青島東京LAND-SEA EXPRESS」です。

 

青島東京LAND-SEA EXPRESSの5つの特徴

1.東京港の渋滞を避けられる!

青島東京LAND-SEA EXPRESSの最大の特徴は、東京港の渋滞を避けられる点です。秘密は、日本国内の鉄道輸送。青島から大阪までは、国際RORO船。大阪で陸揚げをして、鉄道輸送で東京大井ターミナルまで輸送します。

輸送経路上、東京港は一切、関係しないです!

配送イメージ:
  • LCL 大阪CY→鉄道輸送→東京JR大井貨物ターミナル→東京CFS倉庫→輸入通関後に出荷→指定場所へ納品

なお、大阪CYから東京までは、保税運送を行うため、国内輸送費にかかる消費税は、非課税の扱い(外国貨物)を受けられます。

2.カット日は土曜日!(金曜に間に合わなくても大丈夫)

青島東京LAND-SEA EXPRESSのカット日は「土曜日」です。通常よりも一日遅いため、その分、生産や仕入れができます。割高な航空輸送を使ったり、次週便に頼ったりしなくてもよいです。

  • LCLのカット日:土曜日午前11時
  • FCLのカット日:土曜日午後一時
  • 火曜日着

3.安定性抜群の国際RORO船&鉄道輸送

青島東京LAND-SEA EXPRESSは、抜群の安定性で知られる「国際RORO船」を使っています。海上輸送も安定している。東京港の渋滞も関係ないため、安定的かつ高速な輸送を実現できます。

  • 青島、大阪間のRORO船
  • 大阪→東京の鉄道輸送

4.コンテナの他、LCLにも対応(コンテナ未満)

ご安心ください!青島東京LAND-SEA EXPRESSは、コンテナ未満の輸送(LCL)にも対応しています。

例えば、ネットショップで販売する商品を輸送したい方にも対応しています。アパレル、服飾雑貨、日用品、雑貨等の軽い商品の他、組立家具や金属加工部品等、輸送できる品目は非常に幅広いです。航空輸送の代替手段としてご検討ください。

なお、食品届けが必要になる商品(食器類)や暫八が必要にある商品(アパレル関連)にも対応しています。

コンテナ単位もOK!但し、40HQは除く。

5.同業他社(フォワーダー様)の利用も大歓迎

青島東京LAND-SEA EXPRESSは、同業他社(フォワーダー様)にも販売しています。ぜひ、貴社のお客様の商品を輸送するためにご利用ください。(CO-LOAD対応)

 

LAND-SEA EXPRESSは、他の輸送よりも安定性、価格、短時間納期で優位

青島→東京の直通コンテナ船の課題
  • COSCO、SITC等、数社が運航されている
  • 航海日数:3~4日
  1. 金曜カット&月又は火曜日に東京港渋滞に巻き込まれる
  2. 大陸性気候の影響でスケジュールが不安定

多くは、天津、大連、営口などに寄港する船が多く、気候の影響を受けやすい。一旦、遅延すると数週間続く。

地方港揚げ→東京輸送の課題
  • 韓国系船社のプサン積み替えが多い。
  • プサンも恒常的に混雑
  • 冬は日本航路は悪天候が続く
→スケジュールが不安定になりやすい。

青島→東京の航空輸送の課題
  • 全日空が週四便ほど運航
  • 毎日運航していないので、緊急対応が難しい。
  • 便数が限られているため、キャパシティの課題も多い
  • 当然、海上輸送よりぐっと高い。
スケジュール、受け入れキャパ、コストの部分で問題

同社の石島フェリーとの比較

  • 石島港→ 韓国の郡山(陸送)→釜山→東京フェリーで輸送
  • 石島(金)→釜山(土)→東京(月)で到着

国際RORO船を使っているため、コンテナ船等を使うより、スケジュールも安定している。しかし、やはり2つの課題がある。

  1. 金曜日に石島を出港→ 青島東京LAND-SEA EXPRESSは土曜日に出向
  2. 東京港の渋滞に巻き込まれる。(引き取り遅延、ドレー問題)
参考情報:海上速達便との違いは?
  • 暫八や食品届け(食器等)にも対応
  • 同業他社にも販売する(CO-LOAD)

 

青島東京LAND-SEA EXPRESS 6つのまとめ!

  1. 航空便に並ぶ速度で輸送ができる。
  2. 東京港の渋滞を避けられる
  3. カット日は土曜日。ギリギリまで製造や仕入れができる。
  4. 国際RORO船&鉄道輸送で安心してスケジュールを組める。
  5. LCLにも対応しているから、小規模でも使いやすい。
  6. 同業他社(フォワーダー様)の利用も大歓迎

 

ぜひ、一度、ご検討ください!折り返し、担当者から連絡をさせていただきます!

 

青島東京LAND-SEA EXPRESSのお申し込み先

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました