中国から輸入するときに役立つフォワーダーまとめ

中国輸入 フォワーダー国際輸送
この記事は約6分で読めます。

中国からの配送料をなるべく安くして輸入したいときは「フォワーダー」と呼ばれる国際配送の専門業者を使います。フォワーダーは、国際輸送に関するポイントを熟知しているため「中国の〇〇港から日本の○○港までの配送を手配して欲しい!」と伝えるだけで、配送に関するすべての作業を請け負ってくれます。

そこで、この記事では、中国と日本航路に強いフォワーダーをご紹介します。

日本と中国間の輸送に強いフォワーダー

日本と中国との間には、いくつもの船が行き来しています。当然ながら、この船に関係する様々な業者がいます。その中の一つにフォワーダーがいます。フォワーダーとは、荷主の国際輸送の希望を聞き、最適な輸送ルートを構築することを生業とする業者です。

例えば、中国側の工場から、搬出するためのトラック便を用立てたり、中国国内から中国輸出港までの輸送便を手配したりします。もちろん、中国側の輸出通関、その後の中国、日本間の国際手配、日本側の通関と国内配送など、製造工場から、納品する所までのあらゆる物流の部分を総合的にプロデュースできます。

フォワーダは、常に荷主が希望する範囲までを提供しています。そのため、「中国側の港から先のすべての部分を手配してほしい!」または、「日中間の輸送部分を手配してほしい!」など、一部分だを頼むこともできます。フォワーダーは、あなたの希望する部分のみの国際輸送をアシストしてくれる存在です。

しかし、実は、国際輸送のアシストができるフォワーダーと言っても、すべての部分を得意としていることは稀です。

例えば、あるフォワーダーは、

  • ○○船の輸送料金であれば、価格競争力がある
  • 危険物、重量物の輸送を得意としている。
  • ○○間の輸送を得意としている。
  • 年間の取扱量により、一年を通して安定的な輸送コストを提案できる
  • バイヤーズコンソリに対応している
  • 冷凍混載サービスに対応している

など、それぞれのフォワーダーによって、得手、不得手の部分があります。そのため、私たち荷主は、フォワーダーのサイトなどを確認して、どのような部分を得意としているのかを見極めることが重要です。見極めるには、次のポイントがあります。

国際輸送/フォワーダーを勝手にランキング!全50社の特徴

フォワーダーを見極めるための3つのポイント

  • 当社の強み~や サービス、選ばれる理由などの説明ページに書かれている内容
  • 営業所の所在地 例:青島に事務所があれば、青島周辺の輸送を得意としている可能性が高いです。
  • サイトの左半分、かつ、上部に書かれている項目ほど得意としています。

フォワーダーの見極めに失敗すると、フォワーダー間同士で「丸投げする可能性」もあります。この場合、無駄なマージンを支払うことになるため、少しでも疑問に感じときは、フォワーダーに問い合わせるようにしましょう。「ここは、何となく不得手だな~」と感じたら、かまわず他のフォワーダーに頼んだほうが良いです。

中国輸入に強いフォワーダーのまとめ

それでは、中国輸入に強いフォワーダーをいくつかご紹介します。もちろん、ここで紹介できているフォワーダーは、ごく一部です。検索などで「中国 輸入」や「中国 フォワーダー」などと検索して、自社が求めている内容とあっているフォワーダーを見つけるようにしましょう。

弊社としては、表の上から2つのフォワーダーさんがサービス訴求ポイントも明確であり、利用したいと思えるポイントがいくつもありました。

社名URL特に得意としているルート一押しポイント!
エーアイティーhttp://www.ait-jp.com/華南プレミアムデリバリー、上海プレミアムデリバリー、3PL、年間固定輸送費など中国輸入のフォワーダーといえば、AITさんと言っても過言ではないです。圧倒的な知名度と取扱量が素晴らしいです。
i-transhttp://www.i-trans.co.jp/html/transport.html上海・青島からの最速混載貨物を提供。バイヤーズ・コンソリに対応しています。輸入コストを圧縮したい人に便利!ホットデリバリー有り 自社工場において日本の商習慣を熟知した検品が可能。 検品だけでなく、ラベル貼り、アソート組なども可能。日本側での検品等作業が不要になり、納品先に直納できます。また、自社混載便の運航により、集荷締め切り時間問題を解消しています。
エフシースタンダードロジックス株式会社http://fcstandard.com/青島、天津、深センの輸送に強いです。 天津→石島→大阪、広州→大阪・神戸、大連→石島→大阪、青島→石島→大阪
中国輸入お助け便http://jp-cn.biz/984上海・蘇州・寧波・杭州・義烏、広州・深セン・香港・台湾小口の輸入を得意としています。特にサイト全体で個人事業主に対するウェルカム感があります。格安宅配便サービスもあり!
イーストライズトランスポート株式会社http://www.eastrise-t.com/point/index.html上海、深圳、厦門、寧波、青島、天津、大連 自社混載サービス、上海最速スーパーHDS自社独自で混載サービスを提供。年間を通じた安定的なレートを提供。ホットサービスもあり
SMJ CO., LTDhttp://www.smj.sc/service/index.html青島→東京、大阪、名古屋、横浜 LCL
日新運輸株式会社http://www.nitran.co.jp/service/lclcargo.html上海と大阪間のフェリー混載輸送を得意とする。蘇州などのフェリー船の混載を得意としています。大阪、神戸揚げの人には、便利です。

フォワーダーを決めたらどうするの?

フォワーダーさんを決めたら、現在の取引先に新しいフォワーダーに頼むことにしたと伝えます。この場合、現在の取引条件にもよりますが、インボイスの価格を見直すことになるはずです。

例えば、現在、CIFで取引をしている。これを自社手配のフォワーダーに切り替えて、仕入れ先の工場で引き取るのであれば「EXW」です。この場合、理論的には、中国側の工場から先の次の費用が現在のインボイスから削除されるはずです。

CIFのインボイスから……

  • 中国側の陸送費
  • 中国の輸出通関及び諸経費
  • 中国から日本への輸送費

などを引いた物が「EXW」ですもし、見直し後の取引をFOBにするのでれば、現在のインボイスから削られる項目は「中国から日本への輸送費」のみです。つまり、自社手配のフォワーダーに切り替えるときは、現在のインボイスの取引価格と、そこから削減される価格、フォワーダーが提示する価格を比較検討します。

まとめ

  • 中国からの輸送コストを安くしたいときはフォワーダーと相談します。
  • フォワーダーにも得意分野と不得意分野があります。
  • 荷主は、フォワーダーの得意とする分野を見決めて依頼することが重要です。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり

輸入の見積もりツール

ems 小包

fclとlclの違い


カイコン

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました