中国との貿易でよく使う港を地図上に表示!各都市からの運賃は?

中国 コンテナターミナル 国際輸送
この記事は約5分で読めます。

お手軽中国貿易の代表格「アリエクスプレス」などで商品を購入すると、多くの場合、チャイナポストなどを使って配送されることが多いです。一つ一つや単品の購入であれば、特に問題はありませんが、何かをまとめて購入したいときは、小口輸送の分、送料がかさみます。そこで、このような場合、海上輸送を使い、まとめて配送する方法を考えます。

海上輸送とは、LCL(コンテナ未満の貨物)や、20フィートや40フィートのコンテナなど、一度に大量の貨物を輸送することです。一度に運ぶ量が圧倒的に多くなるため、その分、商品にかかる輸送コストがぐっと小さくなります。

そこで、この記事では、中国の主要な港の一覧をご紹介していきます。

中国貿易の主要港一覧

中国から海上輸送するときは、当然ながら、向こうの港で船積みされます。では、あなたが仕入れる先は、中国側のどこの港から、輸出しているのかをご存知でしょうか?

例えば、上海であれば、上海港から輸出する!ということはわかります。しかし、内陸部にある「成都」や「重慶」「武漢」などはいかがでしょうか? これらの都市から荷物を出すときは、一体、どこの港まで陸送した後、船に積み込まれるのでしょうか? この記事では、そのあたりのことを含めてご紹介していきたいと思います。

中国主要都市一覧

下の地図をご覧ください。こちらが中国の主要貿易港です。特に上海、深圳、広州などの港は「中国十大港」として有名です。

  • 大連
  • 天津
  • 青島
  • 蘇州
  • 上海
  • 深圳(しんせん)
  • 広州
  • 青島(ちんたお)
  • 寧波
  • 舟山
  • 厦門(あもい)
  • 営口(えいこう)
  • 香港

また、上記以外にも成都、重慶、武漢、南京などからの船積みもあります。これらの都市には、港がないわけですが、一体、どのようなルートで輸送しているのでしょうか?

各都市からの輸送ルート例:

例えば、中国の内陸部でる成都、重慶などから東京向けに荷物を送るときは、次の港を経由して、海上輸送されることが多いです。武漢や南京周辺であれば、上海発東京行の船。一方、成都や重慶周辺であると、広州の近くにある「NANSHA」という港から出すことが多いです。それぞれの都市からは、陸送。その後、海上輸送に切り替えるということですね。では、これがわかると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

輸送に関する条件の見直しを検討

記事の冒頭でも申し上げた通り、中国輸入をすると、どうしても価格を追求しなければならないときがきます。この価格を引き下げる方法としては、仕入れ先と価格の再交渉をすることと合わせて、必要であれば、新しい仕入れ先を開拓することも考えなければなりません。仕入れ先を開拓するときは、商品自体の品質レベル、価格などを見極めることはもちろんのこと、取引先から日本までの輸送費を考える必要があります。

例えば、CIF TOKYOで見積もりを欲しい!と打診すれば、中国から日本までの輸送費をすべて相手が負担する条件で仕入れられます。後は、日本側の港以降の部分を輸入者自らが行えば、いいだけですから、輸入原価の算出が簡単にできます。ただ、CIFよりもさらにコストカットをしたければ、中国側の港でのFOBを求めます。

例えば、成都であれば「FOB NANSHAの価格を教えてほしい」と告げます。ただし、もうお分かりだと思いますが、FOB NANSHAの価格は、成都から出荷する貨物は、NANSHA 経由で輸出されることを知っていることで、初めて要求できるものです。使う港を知っているからこそ、具体的な港名を指定して、FOB価格を要求できます。

輸出元の港を把握することで、その仕入れ先と契約したときにおけるFOB(海上輸送費)の見立てができる。

例えば、成都の工場で作られた商品は、成都→NANSHA→東京。重慶で作られた商品は、重慶→上海→東京の輸送ルートのが予想できます。こららの輸送費や所要日数などを総合的に考えて、どちらの仕入れ先が自社にとって輸送上、有利なのかを判断できます。

参考:中国における各都市と東京を海上輸送するときのフレイトの一例

中国の各都市の一覧と、東京港まで輸送するときの海上運賃例をご紹介します。(参考情報)この他、サーチャージや日本側でかかる諸経費などがオンされます。また、この逆で、取扱量により、もう少し安い場合もあります。前提する条件により、大きく異なるため、あくまで参考程度にお願いします。

都市名 最寄りの港 20フィート 40フィート
上海 Shanghai 540ドル 840ドル
青島 Qingdao
天津 Tianjin
深圳 SEHENZHEN
大連 Dalian
寧波 Ningbo
蘇州 Suzhou
舟山 Zhoushan
香港 Hongkong
廈門 Amoi
南京 SHANGHAI
重慶 NANSHA
武漢 SHANGHAI
成都 NANSHA
広州 NANSHA

海上運賃の料金を調べる方法
中国輸入で役立つフォワーダーのまとめ
中国輸入のコストを下げる方法とは? バイヤーズコンソリデーション
システムチャージ 中国輸入の意味不明な請求の正体とは?

まとめ

  • 中国における代表的な都市をご紹介しています。
  • 内陸部にある都市は、沿岸部の港まで陸送後、海上輸送されます。
  • 内陸部にある都市の貨物は、どこの港から輸出されるのかを把握します。

フォワーダーのランキング
フォワーダーとは?

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

国際輸送見積もり

輸入の見積もりツール

ems 小包

fclとlclの違い

カイコン

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました