コロナ後の世界経済の回復は?貿易予測と商機を読み解く

この記事は約10分で読めます。

HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • アリババ輸入の6ポイント


  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集等し、公開する行為をお断りします。

    ■記事の本文はここから!


    新型コロナウィルスの感染拡大によって打撃を受けた世界経済だが、アメリカを中心にワクチン接種の取り組みが進んでいることで、今年は大幅に回復するだろうという楽観的な予測に転じている。

    イギリスの大手一般新聞ガーディアン紙の予測では、今年強い回復が見られるのはアメリカと中国で、それに加えて中国の供給網となるアジアの新興市場の成長も見られるだろうと見込んでいる。一方、中国のように感染を阻止できず、またアメリカのようにワクチン接種が進まないヨーロッパと日本の回復ははるかに遅いだろうと見ている。

    また、東南アジアはワクチン接種が遅れている国が多いが、国ごとの感染対策によって経済動向がはっきりと明暗に分かれている。東南アジアでプラス成長を記録したのは、コロナの発生を封じたシンガポールとベトナムだ。両国では製造業が好調となり、卸売および貿易が拡大しつつある。もちろん明暗は国だけで区別することはできず、製品分野によっても大きく異なることは指摘しておきたい。

    このように回復の兆しは国による格差はあるものの、パンデミックによる経済停滞という長いトンネルに、かすかな光が見え始めていることは間違いない。今回の記事では、各国メディアが占うパンデミック収束後のトレンド予測をお伝えする。

    各国トレンド製品・サービス情報

    世界共通のトレンドとは?

    世界中の人々が同時に体験したコロナ禍において、世界で共通するトレンドも生み出された。目立つのは、ECサイトの需要拡大、在宅ワーク、健康に対する意識の向上などだ。こうしたトレンドは、パンデミック後も拡大および進化していくと予測されている。

    電子商取引(EC)の拡大 

    ECはパンデミック発生後に急速に加速した。大手ブランドだけでなく、この分野に進出することでコロナ禍を生き延びた中小企業も多く、競争が激化している。大手企業では、動画コマースやバーチャルショッピング体験など、EC分野で生き残る戦略への投資も進んでいる。また、ECサイトは国境を越えて出品ができることで輸出入ビジネスの舞台のひとつにもなっており、各ECサイトは、ショッピングアシスタント機能や返品サービスの拡充など、さまざまなサービスで差別化を図っている。

    在宅ワークの継続

    2020年は在宅ワークの導入が加速した。パンデミック収束後も、在宅ワークによる生産性への影響が少ない業態の多くは、システムを継続するだろうと言われている。在宅ワークによってトレンド化した製品は、ラウンジウェアや在宅フィットネス器具だ。これは欧米だけではなく、インテリアデザインへの消費者支出の増加が認められるアジア太平洋地域でも、今後も大きく成長する分野だと予測されている。また、食品分野では朝食や昼食となる商品分野に商機があると見られている

    ライフスタイルの見直し

    世界中の消費者は、自らの健康上のリスクを目の当たりにし、孤立を深めたことで、自らのアイデンティティやワークライフバランスを見直したと分析されている。例えば、Z世代やミレニアル世代などの若者たちは、商品を選ぶ優先順位にSDGsなどの付加価値を求める。また、大人や子ども向けの教育関連商品やおもちゃやゲームなどのホビー商品、楽器、スポーツ用品も世界的な売り上げ増が認められている。変わったところでは、昔懐かしいお菓子や80年代のテレビゲームなどのレトロ製品にも今後の大きな売上増が期待されている。

    サプライチェーンの多様化

    中国は長い間、先進各国のアウトソーシング先としての機能を果たしてきた。しかし、パンデミックによって中国が実質的に閉鎖され、さらにはアメリカとの間で関税戦争から起き、サプライチェーン(供給網)に大きな混乱が起きた。このことから各国企業は、サプライチェーンを一つだけに絞ることの危険性を認識した。今後5年から10年の間にみられる貿易における最大のトレンドの一つは、サプライチェーンの多様化だと言われている。そしてパンデミック初期から感染を食い止めたベトナムとシンガポールが、その多様化の波に乗って輸出量を増加させている。

    アメリカ:旅行関連商品に新たな動き 意外な予測も?!

    ワクチン接種が進むアメリカでは大都市に活気が戻り、経済活動の再開が着々と進んでいるように見える。予測されるトレンドは、コロナ禍における需要の急増した分野が継続して強いが、今後、大きなプラス成長への転向が約束されているのが旅行関連商品だ。アメリカでは、春を迎えてから徐々にスーツケースや水着の販売が増加に転じている。旅行したい気持ちを駆り立てる期間が長かったため、機能的で新しいアイテムを入手したい消費者が相当数いるだろうと見られている。この分野は、夏の休暇シーズンに向けて大きな輸出チャンスと言えそうだ。

    カナダの大手ECサイトshopifyは、パンデミック後に北米地域の消費者が購入するカテゴリを予測している。一部を紹介すると、ベビー製品、スポーツ・フィットネス製品、ペット関連製品だ。いずれもコロナ禍で需要が急増し、オンライン購入が人々のライフスタイルに根付いた分野である。

    ベビー用品は、パンデミック発生以前から、子育てで忙しいためオンラインで購入する消費者が多いカテゴリーだ。コロナで在宅期間が長期化した期間で、そのサービス形態が多様化しているのだ。例えば定期購入(サブスクリプション)サービスや、ギフトセットのサービスなどだ。このカテゴリの消費者は、一度商品を手にするとそのまま購入し続ける傾向があるため、こうしたセット販売が有効だ。また、利益率の高いブランディングとして、セレクト商品を販売するショップも人気を集めている。例えばヨーロッパ製の粉ミルクなど、需要の高い商品カテゴリ内でのニッチ製品にチャンスがあるという。日本製の安全性の高いベビーグッズにも大きな商機がありそうだ。

    スポーツ・フィットネス製品では、「自転車のサドル」が2021年初頭のトレンドキーワードとなった。同時に、「快適な自転車のサドル」「マウンテンバイク(またはロードバイク)のサドル」も大きな検索数を獲得した。またジムの廃業が相次いでいることもあり、消費者の19%はフィットネス器具の購入に移行したという報告もある。

    ペット関連商品も、パンデミック中に需要が急増したカテゴリだ。在宅期間中にペットを購入した人々が、今後もその需要を支えていくだろうと見られている。傾向としては、ペットの安全性や健康を気遣う製品に注目が集まっている。

    また、意外にも「マスクは消えない」という予測もある。アメリカでは物議を醸したマスクだが、コロナ感染対策で着用することで、インフルエンザなど他のウィルス感染防止への効果が実証された。また、この一年でマスクはファッションの一部としても認識されるようになった。コロナ感染対策のためのマスク着用義務が解除された後も、風邪やアレルギー対策としての需要が残る可能性が示唆されている。




    ベトナム:EC市場が拡大 アウトドア製品の需要が加速

    ベトナムはいち早くコロナ感染の封じ込めに着手して成功した、東南アジアでも数少ない国の一つだ。すでに述べたように、2020年は供給網の多様化に伴い、中国からのアウトソーシングの移転先としての主要国となり、輸出量が増加したことで世界でも高い成長率を見せた。

    また、東南アジアのECプラットフォームにとって主要市場にもなりつつある。ベトナムの広告会社Adsotaによれば、パンデミックの間にECサイトのユーザーはベトナム国内で41%増加した。またEC自体が、いまやベトナムの商品・サービス消費小売総額の5.5%を占めると報告している。

    いまベトナムで需要が加速しているのは、山や海用のアウトドア製品だ。国内ではデイキャンプが、コロナ禍で生まれた新しいトレンドになっている。

    また旅行業界も復活している。海外旅行ができないため、国内旅行に予約が殺到している。予約客は、安さよりも安全性と品質を重視している。また旅行会社は、高級リゾート・エコツーリズム・ヘルスツーリズムなどの個人にカスタマイズした商品設計の必要に迫られている。この志向の傾向は世界各国で見られている。旅行関連商品も、アメリカの項で述べたような機能性や新しさに加え、カスタマイズされた旅で使用できる製品にチャンスがあるだろう。

    シンガポール:アジア製スキンケア商品が◎

    シンガポールでもECの成長は間違いなく続くと言われている。国内で利用されているプラットフォームのトップ10は人気順に、Shopee、Lazada、Qoo10、Amazon、EZBuy、Courts、eBay、Zalora、Love, Bonito、Forty Twoだ。いわずもがなではあるが、都市国家であるシンガポールでは英語が広く使われており、日本からの輸出先として最大かつ魅力的な市場だ。個人消費のために輸入される品物に限れば、B2Bとは異なり、製品登録およびビジネス登録の必要もない。B2Bの場合は多少の投資は必要だが、現地の事業体として登録するか、現地の決済代行業者を通して輸入業者として登録すれば配送がスムーズになる。

    ECの成長に伴う今後のトレンドは次の通りだ。アメリカと同じく、ベビー製品、スポーツ・フィットネス製品、ペット関連製品への需要は増えると見られている。

    そのほか美容製品も伸びている。シンガポールはコロナを封じ込めたとはいえ、未だ感染対策が続く生活を強いられており、今のところは化粧品よりスキンケアの需要が多い。特に、男性による需要が増加しており、にきびパッチが売れているという。さらにスキンケア製品は、アジア産の天然および有機成分が含まれる商品に人気が集まっている。

    タイ:自然食品・代用肉の注目度アップ

    タイ経済再開の見通しは不透明だが、実は、2021年4月の輸出は堅調な伸びを示している。それは、欧米でワクチン接種が進んで世界経済が緩やかに回復し、自動車や電子機器などの輸出量が増えたことが数字に反映しているためだ。しかし経済の再開によって消費パターンが変わると、製品の購入より旅行、コンサート、映画館、外食産業への需要にシフトすると見られ、2021年後半にはタイからの輸出が冷え込むとも予想されている。

    タイへの輸出で期待される分野は、健康・ウェルネス商品だ。とくに自然食品、オーガニック製品への関心が強く、また植物由来の代用肉の利用が拡大している。植物ベースの食品への注目は世界的傾向でもあるが、タイ国内では代用肉を販売するスタートアップも登場し、政府による植物ベースの郷土料理コンテストが開催されるなど、注目度が高い。

    まとめ

    このように、コロナ収束後のトレンドは、パンデミック中に急成長した分野が引き継いでいくパターンが、海外メディアでは予測されている。国ごとの経済の回復状況はそれぞれに大きく異なるが、貿易分野では欧米の回復に伴って輸出が伸びる国もあり、相互関係を読み解く必要がありそうだ。今回紹介したトレンド製品は、今後本サイトでも動向の詳細を紹介していきたい。

    >>その他のセカイマを確認

    この記事の参考サイト
    • Guardian, The world’s economic recovery from Covid-19 looks likely to be uneven
    • Nikkei Asia, New COVID waves delay economic recovery in Southeast Asia
    • Inc., 4 Trends That Will Shape the Post-Pandemic DTC Landscape
    • Parade, Hello, Post-Pandemic New Normal! Here Are Trends We Expect to Stick Around When We’re All Vaccinated
    • The Wall Street Journal, Top 10 Global Consumer Trends for 2021
    • NPD, As Pandemic Travel Restrictions Ease, Luggage and Swimwear Show Distinct Signs of Recovery
    • Shopify Blog, From Shoes to Milk Bottles, Here’s What People Plan to Buy Post-Pandemic
    • Viet Nam News, Local e-commerce enters ‘golden age’ during pandemic
    • Singapore, EXPORT TO SINGAPORE: POST-PANDEMIC ECONOMIC OVERVIEW, AND NEW OPPORTUNITIES IN SOUTHEAST ASIA
    • Aspire Blog, High Demand Products You Should Start Selling in Online Singapore for 2021
    • Bangkok Post, As global demand recovers, exports set to accelerate
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました