フォワーダー、海貨業者、乙仲、通関業者の違いを理解したい!

フォワーダー 国際輸送
この記事は約7分で読めます。

貿易業務をしていると、フォワーダー以外にも乙仲や通関業者、海貨業者などの言葉を聞くことが多いです。一体、これらはどのような違いがあるのでしょうか?そこで、この記事では、フォワーダー、乙仲、通関業者、海貨業者の違いをご紹介していきます。

フォワーダー、通関業者の違いを理解しよう!

貿易をしているときに聞くことが多い、フォワーダーや通関業者とは、どのような業者なのでしょうか? また、それらは、どのような違いがあるのでしょうか?

港湾に関係する業者一覧

下の画像をご覧ください。こちらは、港湾に関係する業者とそれぞれの役割です。

港湾関係業者

港湾(貿易)業務に関係する業者を分けると、次の5つに大別されます。(上の図の番号とリンクしています。)

  1. 乙仲
  2. 通関業
  3. 倉庫業
  4. 国内配送業
  5. フォワーダー

1.乙仲

乙仲とは、戦前の「海運組合法」で規定されていた乙種海運中立業に由来します。業者により業務範囲は様々ですが、コンテナ船からの荷卸しに始まり、バンニング、デバンニング、検数立ち合い、倉庫運営、通関、国内配送など、非常に幅広くサービスを提供しています。

2.通関業

港湾業務の内、通関業務を中心に行う業者です。業者の所在地は、ハード(施設)を持っていれば港近く。ハードがない所は、丸の内など、オフィス街に事務所を構えています。通関業務の他、国内配送やフォワーダー業務(船舶手配)などを合わせて行うことが多いです。各船会社の「D/O発行業務」も請け負います。

3.倉庫業

港湾近くに倉庫を構えていることが多いです。「保税倉庫」の指定を受けていることが多く、輸入許可前の貨物の一時保管をしています。倉庫では、コンテナの中身を取り出すデバン、詰めるバンニング、その他、輸入貨物の検品や純粋な倉庫としての貸し出しなどが主な業務です。

*こちらの倉庫業も港湾関係の事業者があわせて提供することが多いです。

4.国内配送業

輸入許可になった貨物を国内へ配送する業者です。ドレー(コンテナ状態でそのまま輸送)会社とトラック会社の2種類があります。しかし、どちらかだけを運営する所は少なく、多くはドレーとトラックのどちらにも提供しています。こちらの配送業務も通関業者や乙仲などがあわせて運営することが多いです。

*港近くにある「○○陸運」や「○○海運」などと看板を掲げている会社は、この国内配送業を提供しています。

5.フォワーダー

フォワーダーの業務範囲は、上記4社よりも非常に幅が広いです。上記でいうと、5の部分がフォワーダーの範囲です。業者によっては、輸出者の時点から輸入者までのすべての物流を手配することもあります。ただし、一般的には、港から港または空港から空港などにおける物流のみをカバーしている所が多いです。

それでは、上記5つの内、さらにフォワーダー、通関業者、乙仲を詳しく見ていきましょう!

フォワーダー、通関業者、乙仲の仕事内容と役割

海貨業者=乙仲と考えてもよし!

海貨業者とは、どのような会社でしょうか? それを知るために、まずは港の仕組みを知りましょう!

例えば、大きなコンテナ船が港に入ってきたとします。船会社は、コンテナ船を港につけた後、船に積んでいるコンテナを自らおろすのでしょうか?  もちろん、おろしません。港に待機している「専門の荷物おろし業者」が船からおろします。船から荷物をおろす業者が「海貨業者」です。*逆に荷物を積み込む作業もあります。

コンテナ船

現在、写真のようなクレーンで荷をおろします。ひと昔前は、在来船での輸送が中心であったため、貨物の荷下ろしには、多くの人が必要でした。この多くの人を束ねていたのが「そっち系」の方たちです。船が到着する頃になると、そっち系の人達が集まり、到着した船から荷物をおろす。これが普通でした。

コンテナ船

船会社は、○○港であれば「〇〇という組織」に荷下ろしをお願いするなどの関係があり、それが今日の海貨業者の前身です。もちろん、これは、今も存在する海貨業者がそっち系の会社であると申し上げているわけではなく、あくまで戦前の仕組みです。また、船が到着する港湾地区は、保税地域に指定されています。

保税地域とは、税関長により指定されている「輸入許可前の貨物」を一時的に保管できる施設です。コンテナ船であれば、船からコンテナをおろして並べている所が保税地域です。保税地域に関する業務は、一部の会社しか取り扱えないため、名のある大企業よりも、海貨業者の方が安定しているともいわれています。

例えば、名古屋港でいうと、伊勢湾海運さん、名港海運さん、上組さん、フジトランスさんなどが有名です。これらの会社は、船会社と荷降ろしの契約をしています。名古屋のNUCT(Nabeta United Container Terminal)は、このオペレーターが次から次に変わる場所として有名です。

荷卸しの例:「日本郵船の船が入港してきたら○○が荷下ろしする。」

海貨物業者は、船会社とガッチリと契約して、次のような業務をしています。

また、海貨業者とあわせてよく聞く言葉に「乙仲」があります。これは、戦前に「海運組合法」により、船の取次ぎをする業者のことを「乙種仲立業」と規定していたことに由来します。短縮して「乙仲」ですね。しかし、この法律は、今から50年以上も前に廃止されているため、すでに乙仲というのは、法律上、存在しません。

ただ、昔ながらの名残として、乙仲という言葉を遣う人は多いです。そういえば、神戸市には「乙仲通り」という地区がありますが、まさにあそこが「乙仲が軒を連ねていた所」として有名でした。港町として栄えた神戸ならではです。機会があれば、行かれることをお勧めします。

■ポイント
乙仲はすでに存在しない。よって、乙仲=海貨業者と考えても良いです。

通関業者とは?

通関業者は、通関業という法律に基づき、輸出入者の代理人として、税関に対して申告業務の「代行」する業者です。もちろん、貿易をする人が自ら税関に対して輸入申告や輸出申告などもできます。しかし、複雑な仕組みを理解したり、申告間違いを防いだりするためにも、多くの業者は通関業者にお願いすることが多いです。

■ポイント
通関業者は、輸出入者に代わって、税関への申告を代行する業者を指します。

フォワーダー=国際物流を創造する会社

フォワーダーとは、国際物流を最適化するために欠かせない業者です。

例えば、名古屋から上海までのコンテナを手配するとします。このときは、誰に頼めばいいのでしょうか? 「そんなの船会社に決まっているだろ!」との声が聞こえてきそうですね。しかし、それは半分正解で半分間違いです。一般的には、船会社ではなく、フォワーダーに任せます。なぜか? それを知るためには、そもそもフォワーダーとは、どのような存在なのかを理解する必要があります。

フォワーダー:輸送会社(船、航空、陸路)と荷主の間に立ち、多様な輸送ニーズを満たす業者です。

例えば、名古屋から上海までの荷物を運びたい頼の中にも、荷主によっては、次のようなニーズがあります。フォワーダーは、これらのニーズを満たせるように、様々な形態のサービスを提供しています。

  1. 最も安く輸送したい。
  2. 冷凍品を輸送したい。
  3. コンテナ一本分の荷物はないから、もっと小分けに輸送したい。
  4. 最も早くつけたい。

この仲介を考えると、輸送会社と荷主の間にもう一社が入るわけですから、輸送費が高くなるような気がします。しかし、実際は、そのようになることは少ないです。実は、輸送会社は、フォワーダーに対して「卸価格」でスペースを販売する一方、直接、荷主に依頼されたときは「小売価格」で販売することが多いからです。

そういえば、大手旅行会社さんが企画するパッケージ旅行などを見ると、どう考えても片道の航空券代ほどの料金なのに、往復の航空券とホテル代までセットになっていることがありますね。フォワーダーの仕組みも、旅行パッケージと同じです。一般の荷主に対する価格と、フォワーダーに対する価格には大きな開きがあります。

フォワーダーは、この価格差の中で、自社の強みを出して、荷主に対して独自のサービスを提供しています。ちなみに、船会社からフォワーダーに発行されるのがマスターB/L。そして、このマスターB/Lをさらに小分けにしたのが「ハウスB/L」です。このハウスB/Lを発行するのがフォワーダーです。

参考記事:マスターB/LとハウスB/Lの違いとは?そのフォワーダーは何が得意?勝手にフォワーダーランキング

■ポイント
フォワーダーは、荷主が抱える様々なニーズを実現するための業者

海貨業者、通関業者、フォワーダー違いのまとめ

海貨業者、通関業者、フォワーダーの違いがお分かりいただかと思います。しかし、記事の冒頭でも申し上げている通り、実務上は、これらの違いを理解することはあまり意味がないです。

例えば、港湾業者が通関とフォワーダーを兼ねていたり、フォワーダーが通関業を行っていたりすることが多いです。実際、以前、私が所属していた会社も、海貨業者でありながら、通関業、さらには、国内輸送事業なども行っていたため、業者の境は、ほぼないと断言することができます。

ただ、このような状況の中で、強いて違いを申し上げるのであれば「港湾、通関、貨物調整など、ベースとするポジションの違い」だと思います。後は業者によって、様々なところへ事業を広げていることが多いです。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]

タイトルとURLをコピーしました