インテグレーターと物流 フォワーダーとは何が違うの?

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    この記事は、インテグレーターと物流、フォワーダーとの違いを説明しています。

    貿易をするときは「フォワーダー」に手配することが多いです。フォワーダーは、飛行機や鉄道、その他の貨物を所有せず「運送サービス」を提供する会社です。具体的には、フォーダーは、飛行機などの所有者(キャリア)と運送契約を結びスペースを借ります。その後、借りたスペースを個々の荷主に「再販売」することで利益を得ています。

    フォワーダーの言葉と共に聞くのが「インテグレーター」です。「フェデックスやDHLは、インテグレーターだから貨物が早い」と聞くことも多いです。一体、インテグレーターとは、どのような意味なのでしょうか? そこで、この記事では、インテグレーターについて説明していきます。

    インテグレーター

    インテグレーターとは、航空機などを所有した上で、自ら荷物のピックアップから配達までを一貫して行う業者です。ポイントは、自社で輸送機を所有し、フォワーダー業務までを行うことにあります。詳しく確認していきましょう!

    重要なポイント:自社で航空機などの輸送機を所有していること。かつ、フォワーディング業務をする。

    DHL

    フォワーダーとの違いとは?

    一般的にフォワーダーは、航空会社と輸送契約をした後、買い取ったスペースを使い、自社の荷主へ輸送サービスを提供します。

    例えば、HUNADE航空を所有しているBさんがいるとします。そして、このBと契約しているのがフォワーダーCです。

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス

    フォワーダーCは、貨物の輸送スペースを卸売り価格で購入します。その後、フォワーダーCは、荷主Dにスペースを小売価格で販売します。つまり、Cは卸売り価格で仕入れたスペースを小売価格で販売することで利益を得ます。このように自ら「航空機などを所有せず」運送スペースの再販売でビジネスをするのがフォワーダーです。

    一方、インテグレーターは、スペースの再販売をするわけではありません。自らが飛行機を所有しつつ、フォワーダー業務も行います。元々、インテグレーターは、国内のトラック輸送事業を行っていた所、航空機輸送事業もやり始めたのがいきさつです。

    トラック→航空機事業も拡大

    という流れからもわかる通り、インテグレーターは、運送設備を所有する前提のビジネスです。一方、フォワーダーは、自社で設備を使用せずビジネスをします。これがフォワーダーとインテグレーターの大きな違いです。その他、インテグレーターは、主にスモールパッケージ(小口貨物)や書類などの輸送を得意する。一方、フォワーダーは、一般貨物を得意とするなどのすみわけもありますが、近年はなくなりつつあります。

    キャリア、フォワーダー、荷主とハウス、マスターB/Lの関係

    航空機を所有する所を「キャリア」と言います。では、このキャリアとフォワーダー、荷主のB/Lはどうなっているのでしょうか? フォワーダーは、キャリアと運送契約を結び卸価格でスペースを確保します。このとき、航空会社からフォワーダーに「マスターB/L」が発行されます。その後、フォワーダーから荷主に対して発行されるのが「ハウスB/L」です。

    インテグレーターの方が優れているの?

    フォワーダーは、スペースの再販売により利益を得るビジネス。一方、インテグレーターは、自社が所有する運行機のスペースをそのまま販売します。では、これらの違いにより、荷主としては、どのようなことを考えておくべきなのでしょうか?

    もし、あなたがインテグレーターに依頼をする場合は、どこよりも早く荷物を送れるメリットがあります。インテグレーターは、自社機のスペースで輸送、かつ、自社貨物の輸送を最優先にしています。この優先順位の考え方は、クリスマスなどのスペースが厳しいときに重宝します。

    例えば、「もう貨物はいっぱい、どこも入らない」という状況であれば、インテグレーターは、自社の貨物を最優先に輸送。入りきらない分は、次のフライトにまわすなどです。よく「荷物が落とされた」といわれるのは、この優先順位にあります。まずは自社の貨物を優先、次に関係が強いフォワーダーの貨物を優先するため、積み荷を落とされてしまうことがあります。

    一方、フォワーダーは、利用する航空機に縛りがないため、柔軟に航空機を選択できるメリットがあります。また、航空機などを所有していない分、コストがかからず、それが輸送費に反映される可能性が高いです。つまり、同じ所に、同じものを送るときに、フォワーダーが提案する価格の方がインテグレーターの物よりも安くなる可能性があります。これがフォワーダーのメリットです。

    インテグレーターとフォワーダーのそれぞれのメリットを考えながら、自社にとって最適な方を探します。

    インテグレーターの代表格

    • フェデックス
    • ユナイテッドパーセルサービス(USP)
    • DHL
    • TNT

    フェデックスのメンフィス飛行場

    インテグレーターの代表格である「フェデックス」は、アメリカにある「メンフィス飛行場」をハブ空港としています。

    まとめ

    • インテグレーターは、自ら輸送機を所有しながらドアツードアの配送をする所
    • フォワーダーとの大きな違いは、この輸送機を所有するか、否かの部分
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    見積もり依頼

    ■入力例 *わかる範囲でご記入ください。

  • 品目:マスク
  • カートンの大きさ: 10cm×20cm×5cm
  • 重さ: 0.5kg/ケース
  • 個数: 100ケース
  • 備考: 輸送の際、●●が欲しい。通関を希望するなど
  • その他、国際物流の関連記事

    カイコン

    hunadeのお問い合わせページ


    [スポンサードリンク]


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました