マスターB/LとハウスB/Lの違いは?

船 輸入ビジネス
この記事は約6分で読めます。

海外から貨物を輸送するときは、B/L(船荷証券)という引き換え書類を頼りにして「誰が貨物の所有者なのか」を明確にしています。このB/Lには、マスターB/LハウスB/Lの2つがあります。直接、船会社と輸送契約を結んでいる物が「マスターB/L」、中間業者と契約をしている物が「ハウスB/L」です。これらは親と子の関係に似ています。

輸入ビジネスでは、この親と子の関係が重要です。場合によっては「輸送代金を支払っているのに貨物が取れない」などの問題が発生する可能性があります。そこで、この記事では、マスターB/LとハウスB/Lの仕組み、注意点などをご紹介します。

■この記事の結論

・マスターB/LとハウスB/Lの関係は親子
・いい意味でも悪い意味でも、ハウスB/LはマスターB/Lの影響を受ける。

船

マスターB/LとハウスB/Lの違い

航空機や船などで輸送するときは、B/Lの存在が重要です。一般家庭向けの宅急便などで考えると、送り状に似たものです。貿易業界では、このB/Lを所有している人を「貨物の所有者」として考えます。もし、あなたが輸入者であるなら、このB/L原本を差し出して、貨物を受け取ります。(B/Lがサレンダーでないときなど)

では、このB/Lは、いつ、どこで、誰が、誰に対して発行するのでしょうか。

B/Lの発行

B/L(船荷証券)は、輸出国において発行されます。手順としては、輸出者が船会社に貨物を預けます。このとき、一緒に書類(B/L Instructions(旧:ドックレシート))を提出します。船会社は、このレシートに書かれている情報を頼りにして、B/Lの原本を3通発行して輸出者へ渡します。これによって「貨物を受領したこと」を証明します。こちなみに、B/Lの原本は3通ありますが、輸入国においては、いずれか1通を提出するだけで貨物を引き取れます。

マスターB/LとハウスB/Lの違い

マスターB/LとハウスB/Lの違いを理解するときは、そもそも「船会社」とは、どのような存在なのか?を知ることが重要です。船会社といえば、もちろん、船に貨物を載せて運送する会社を指します。ただし、実は、船会社であっても「船を持っていない会社」もあります。また、これと合わせて、荷主ではないのに、船会社と荷主の間に入る業者もいます。一体、どのような関係なのでしょうか?

まず、船会社は、船を所有している会社と所有していない会社の2つに分かれます。

船を所有している船会社を「VOCC」、所有していない会社を「NVOCC」といいます。船を所有していない船会社は、船を所有している会社からスペースを買い上げる。または共同出資などをして、自社のスペースを確保した後、フォワーダーなどに販売します。(一般の荷主もあり)

そして、フォワーダーは、このスペースをさらに買いあげて、各荷主に販売します。(フォワーダーは、実際に船を所有している船会社からも購入している)これが国際物流における船会社、フォワーダー、一般荷主の立ち位置です。この関係性を前提にすると、マスターB/Lは、船会社(船会社もどき)から発行される書類、ハウスB/Lは、このマスターB/Lから枝分かれした存在だと考えればいいです。

では、もう少し具体例を挙げて考えてみましょう。いわゆる小口の荷物を輸送するときは、LCLを活用します。LCLとは、一本のコンテナの中に複数荷主の貨物を混載する方法です。「貨物を輸送したい、けれどコンテナ一本を借りるほどのスペースはいらない」という場合に使われることが多いです。このLCLで考えるなら….

  • 船会社から一本のコンテナを借りる=マスターB/L←フォワーダーのB/L
  • その後、一本のコンテナを分割する=ハウスB/L←各荷主へのB/L

この仕組みをうまく活用しているのがフォワーダーです。

関連記事:

FCL(コンテナ輸送)とLCL(混載輸送)のメリット・デメリット

「国際輸送」どのフォワーダーを選べばいい?特徴とランキングのまとめ

ハウスB/Lのときのシッパーとコンサイニーの表記例

1.各荷主は、フォワーダーと輸送契約をします。これがハウスB/Lです。

2.フォワーダーは、船会社と輸送契約をします。この書類がマスターB/Lです。

マスターB/L HUNADE

hunadeのサービス

マスターB/LとハウスB/Lの関係による影響

マスターB/LとハウスB/LはB/L、親子関係に似ています。ときには、この親子関係によって貨物を引き取るときにトラブルになることがあります。

記事の冒頭でも述べた通り、輸入する国で貨物を引き取るためには「輸出国で発行されたB/L」と「所定の手数料」を支払います。この手数料とは、アライバルノーティスに記載されている「CTHなど」の日本側でかかるチャージです。このチャージを支払うと、貨物を引き取れます。しかし、中にはB/Lも提出、チャージも支払っているのに、貨物を引き取れないときがあります。それがマスターB/Lの悪影響を受けているときです。

例えば、A社と貨物の輸送契約をしたとします。A社はフォワーダーであるため、B社、C社といった荷主を束ねています。つまり関係としては、以下の通りです。

A社と船会社=マスターB/L

A社とB社、C社の=ハウスB/Lです。

Hunade

B社、C社はB/Lや所定の手数料をA社に支払ってます。しかし、A社が船会社に対してB/Lを差し入れていなかったり、所定の手数料を支払っていなかったりするときは、B社、C社は貨物を引き取ることができません。なぜなら、A社のマスターB/Lの下にB社、C社のハウスB/Lがあるからです。大元のマスターB/Lがロックされている限り、その下にあるすべての貨物が影響を受けます。

この事実を考えると、フォワーダーを選ぶ場合、資金力や仕事の速さもポイントです。もし、資金力が乏しかったり、仕事が遅かったりする場合は、貨物引取りに関して余分な時間がかかります。混載便を利用する場合は、フォワーダーをしっかりと調査した上で輸送契約を結びます。

川の上流(マスターB/L)に問題があれば、そこに属している下流(ハウスB/L)にも影響が有

まとめ

マスターB/LとハウスB/Lは、親と子の関係に似ています。基本的に、船会社と直接契約をする場合は、マスターB/Lです。混載などで輸送する場合は、どこかのマスターB/Lの下であるハウスB/Lで輸送されます。ハウスB/Lは、マスターB/Lの小分けとしてハウスB/Lが存在するため、様々な意味でマスターの影響を受けます。

もし、マスターB/Lを持っているフォワーダーが船会社に必要な手数料やB/L原本の差し入れを行っていない場合、その下にあるハウスB/Lも同じく貨物を引き取ることができません。そのため、フォワーダーを選ぶ際は、得意先の航路を確認することはもちろんのこと、資金力がある業者かをしっかりと確認することをお勧めします。

関連記事:

国際輸送のサポート!フォワーダーとは?

2017年版・フォワーダーの特徴まとめ

そもそもB/Lって何?

「B/LがサレンダーじゃないからD/O交換できない」と言われたときの対処方法

コンテナス船のケジュールは、シッピングガゼットが便利

Hunadeの人気記事4選

マリントラフィック

国際郵便の価格欄にはNCVと書いてはならない理由

世界中の海上運賃を検索する方法

ゼロから覚える輸入業務の流れ

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました