フィリピンで人気がある日本製品

フィリピン東南アジアと世界
この記事は約6分で読めます。

東南アジアの中でインドネシアに続く人口爆発が起きているのは「フィリピン」です。バナナの故郷のイメージしかありませんが、人口が多いことで、まだまだ伸びしろがあります。そんなフィリピンでは、どのような日本商品が注目されているのでしょうか?

フィリピン

フィリピンで人気がある日本商品

日本とフィリピンは「EPA(経済的な連携)」を締結しているため、お互いの国の関税が「撤廃」または「低率」になっています。そのため、日本からフィリピンへ輸出する際の「フィリピン側での関税」はかかりません。もちろん、日本側の関税である「フィリピン産の商品」などについても優遇されています。

フィリピンの方が好む日本の製品としては、いくつかの特徴があります。まずは、それらの特徴をお伝えします。その前にフィリピンについて勘違いをしやすい点がありますので説明をしていきます。それが気候です。実は、フィリピンと言っても場所により、朝晩がかなり冷える所があります。

例えば、フィリピンの北部に「バギオ」という街があります。ここは、日本人向けの英語留学の学校がいくつも存在することで有名な所です。実は、このバギオは「サマーキャピタル」という制度によって、夏季の一部の期間だけ首都機能が移転します。冷涼な気候であるため、一定の期間だけ政府関係機関が移転します。

私たち日本人がフィリピンと聞くと、すべての場所が常夏のようなイメージです。しかし、これは「北海道と沖縄の気温は同じである」という見方と同じです。フィリピンにも冷涼な地域と暑い地域が存在することを知っておきましょう。それによって、同じフィリピンであっても求められている商品が異なる可能性があります。

フィリピンでの需要を考えるときの3つのポイント

1.甘い物が大好き

フィリピンの方は、甘いものが大好きです。特に日本のチョコレートの大ファンです。フィリピンに帰国するときは、日本のお土産として大量買いをする人が多いです。

2.日本っぽい和物が好き

日本を意識できる「和物」が好きです。着物はもちろんのこと、着物をまとっている「日本人形」なども人気です。その他、庭園関係、盆栽、祭りのハッピなど、日本っぽい物を好む傾向があります。

3.自動車はオフロードタイプを好む

フィリピンの方は、バイクや自動車が大好きです。特に「オフロードタイプ」が人気です。これは、フィリピンでは、道の整備がいまだ未完成であることが理由です。乗り物を輸出するときは「オフロードタイプ」を選ぶのをお勧めします。もちろん、これに付随してタイヤなどの関連商品にも需要があります。

ポイントは「道が舗装されていなくても走行ができる」ことです。この需要を満たす物を輸出することがポイントです。それでは、これまでのポイントをふまえながら、フィリピンで人気がある商品を以下のリストをご紹介していきます。

フィリピンでの人気商品リスト

一般雑貨の人気商品

自動車・バイクであれば「オフロードタイプ」を選択します。農業器具であれば「国土が小さいことを前提」で考えます。そのほか、中古のボートなども好みます。実は、日本では漁師の減少により「漁船の処分」が問題になっています。これは、地方の小さな漁船ばかりではなく、名古屋港のような大きな港でも問題になっています。それほど、漁船の処分に困っています。。

そのため、私は以前からこの問題への一つの解決方法として「日本の中古漁船」を海外へ輸出することを考えていました。しかし、結論的にはこれを断念することにしました。この理由はここではあえて述べません。しかし、実際に海外へ漁船を輸出するときは、おそらく断念します。「まともな方法」では、漁船を輸出できません。

人気があるのは、中古機械だけではありません。日本を意識できる「和物」も人気です。特に着物関係、日本人形、そして意外なことに「招き猫」が人気です。これは、玄関先で飾る大きな物ばかりではなく、タンスの上などに飾る「小さなタイプ」も含まれます。おそらく招き猫の愛くるしい姿に人気があるのではないかと考えます。

日本人形炊飯器農業機械(コンバイン)
浴衣着物こけしけん玉
着物の下駄忍者の恰好USB(かわいい物)
招き猫だるま食品サンプル 子供用ぶらんこセット

食品・お菓子分野の人気商品

とにかく甘いものが大好きです。日本で販売されているチョコレート関連品であれば、さまざま物に人気があります。フィリピンのチョコレートと日本のチョコレートに「どのような違いあるのか」を研究すると、フィリピンで売れやすいチョコレートの傾向がつかめるはずです。日本の大手には出せないチョコレートを作ることができれば、フィリピンで大ヒットする可能性もあります。

フィリピンは、焼酎や日本酒も好きです。しかも「焼酎」というカテゴリではなく、個別の銘柄で検索をしているのが特徴です。フィリピンにお酒の輸出を考えている人は「個別の銘柄」までリサーチするようにしてください。もしかすると、意外な銘柄に人気があるかもしれません。

日本のカップラーメンも人気です。特に「シーフード味」を好みます。実は、フィリピンの人は海産物を好きな人が多いです。

キットカットレトルトカレー和風ドレッシング(ごまなど)月桂冠
粉末の日本茶焼酎(魔王・村尾など)ハッカドロップたのしいケーキやさん
ふりかけもちたこやきチョコレート商品
山崎ウィスキーチョコ棒スナック カップラーメン

美容関係の人気商品

他のアジア諸国と同じように、美容関連用品には大きな需要があります。特に「白潤」「極潤」の商品は、各国で共通して人気があります。また、意外に人気なのが「馬油」関連製品です。私自身も旅館などで「馬油」を用意していると、それだけでも得をした気分です。うまく説明ができませんが、髪の毛がツヤツヤになります。

うる落ちフェイレッチ白潤、極潤角栓落とし
シワ対策品スキンケア商品痩身の丸プラセンタC
チョコラBB炭パックDove牛乳石鹸
DHCシリーズ馬油スキンクリームコエンザイムQ10バスロマン(スキンケア)
米ぬか美人馬油アイクリーム冷やし増す(キティ)アミノコラーゲン

キッチン調理関係の人気商品

フィリピンといえば、常夏であることが有名です。そのため「涼」を求めるニーズも高いです。

例えば、かき氷製造機などがあります。これであれば氷とシロップがあれば、手軽に冷たい物を楽しむことができます。また、手軽に楽しむ物といえば「たきやきプレート」があります。これら日本の食べ物を気軽に再現できる商品に人気が集まっています。

キッチン用品たこやきプレートかき氷製氷機(ふわ雪)

まとめ

フィリピンは「和物」を意識した関連商品に人気があります。富士山、着物、祭りなどのキーワードを中心に商品を探してください。中古品の輸出であるなら、実際は、ここで取り上げた商品以外にもさまざまな物があります。フィリピンなどへの輸出は、個々の商品それぞれにそこまでの価値をおいていません。どちらかというと、様々な商品をごちゃまぜに送り、20フィートや40フィート一本でいくらになるのかという取引です。

基幹記事:東南アジアのトビラ

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました