【3強国】コーヒー豆の輸入国と輸入量

この記事は約7分で読めます。

輸入スーパーに行くと、コーヒー売り場には、たくさんのコーヒーが販売されています。多くのコーヒーが並んでいる陳列棚を見ると、一体、どれを選べば良いのかわからなくなりますね。コーヒーの数だけ外国があるという夢を描きつつ、海外産コーヒーについて調べてみました。この記事では、コーヒー豆の主な生産国、輸入量、輸入価格、シェアなどについてご紹介していきます。

この記事で紹介しているデータは、財務省が発表している物を独自に加工したものです。財務省のデータをそのままご紹介しているわけではありません。一部の輸入国を省略した上で、表やグラフにしています。(基本的に輸入数量順に並べ替えた上位10か国です。)円グラフなどは、それら上位10か国のみで作成しています。

コーヒー豆の輸入国は?

日本へ輸入されるコーヒーは「煎った豆」と「煎っていない豆」に分けられます。さらにこれらは、カフェイン有り、無しに分かれます。つまり、コーヒー豆をざっくりと分けると、およそ次の4つの分類になります。これらの分類によっては、同じコーヒーであっても適用される法律がかわってきます。また関税については「どこの国から輸入されるのか? 」によっても変わってくるため要注意です。

今回は、インスタントコーヒーを無視する事にします。

1.コーヒー豆

1-1.煎った物

1-1-1.カフェイン有

1-1-2.カフェイン無し

1-2.煎っていない物

1-2-1.カフェイン有

1-2-2.カフェイン無し

2.インスタントコーヒー

今回、財務省の資料からコーヒーの輸入状況を確認すると、次の三つの特徴がわかりました。「1.コーヒー三兄弟はコロンビア、ブラジル、ベトナム」「2.インドネシア産はカフェイン有と無しで3倍ほどの価格差」「3.コーヒーを煎ったものはアメリカ、スイスが強い」

1.コーヒー三兄弟は、コロンビア、ブラジル、ベトナム

日本の気候上、コーヒーを栽培することは難しいです。そのため、焙煎していないコーヒー豆については、すべての国の商品について「関税無税」で輸入ができるようにしています。これは、農産品などの一次産品に高額な関税をかける日本としては、とても珍しいケースです。逆に言うと、それだけ日本国内では、コーヒーが採れないといえます。

コーヒーは、煎っていない物と煎っている物に分かれます。煎っていない物の代表は、コロンビア、ブラジル、ベトナムです。これら三か国からの輸入量は、他国に比べてとても多いです。また、煎っていない豆は、すでに無税輸入が行われているため、新しいEPA(経済協定)による拡大などもなさそうです。これら3か国の内、ベトナムについては、日本との距離的な関係から他の二国より有利だと言えます。

2.インドネシア産のカフェイン有と無しは3倍の価格差

インドネシア産のコーヒー豆は、煎ってあるもの、ない物とで約3倍の価格差があります。(後述するグラフの赤文字部分)もしかすると、ここにインドネシア特有の理由があるのかもしれません。「なぜ、これほどの価格差が生まれるのか?」を知ることによって、新しいビジネスチャンスがあるはずです。

3.煎ったコーヒーは、アメリカとスイスが強いです。

煎っていないコーヒーは、無税で輸入できる一方、煎ったコーヒーは、約12%の関税がかかります。この分野のコーヒーは、さきほどの「コーヒー三兄弟」が活躍する市場とは様子が異なります。アメリカやスイスといった先進国が一気に上位に食い込みます。この理由は、コーヒーを煎るための設備を所有しているのが先進国だからなのでしょうか? 理由はよくわかりませんが、データ上はアメリカとスイスの二強市場になっています。

アメリカとスイスを比べると、関税上、有利になるのは「スイス」です。アメリカは、WTO税率の12%が適用されます。一方、スイスは「日スイスEPA」が適用されるため、関税無税で輸入ができます。今後、アメリカとの二国間FTA(自由貿易)が検討されていますが、間違いなく、このコーヒー分野も交渉の対象になるはずです。

輸入統計データ

それでは、財務省統計局のデータから、過去一年間分のコーヒーの輸入実績をご紹介します。上から「煎っていない物・カフェイン有」「煎っていない物・カフェイン無」、「煎っている物・カフェイン有」「煎っている物・カフェイン無し」と並んでいます。

煎っていない物・カフェイン有り(0901.11.000)

Hunade

価格(単価)は、日本輸入港での仕入れ価格(CIF)です。CIFとは、輸入商品価格に外国から日本への船賃+保険料を加算した価格です。

原産国数量価格(総額)単価・円(kg)
ブラジル1.33E+0846359302347
ベトナム1.01E+0821135419208
コロンビア7077587627591173389
インドネシア3638040910298777283
グアテマラ3479158915447470444
エチオピア205488307591826369
タンザニア108505043901593359
ラオス53248591649884309
ニカラグア35435801445265407
エルサルバドル32811291297079395
ホンジュラス28391721055303371

煎っていない物・カフェイン無し(0901.12.000)

国名累計第2数量累計金額単価・円(kg)
コロンビア1296247628977\485
ブラジル1024207463113\452
ベトナム499336173313\347
エチオピア128750101489\788
メキシコ5241429992\572
グアテマラ3824023444\613
インドネシア2686227418\1,021
アメリカ合衆国1325215119\1,141
ドイツ95758537\892
ホンジュラス86688267\954
ペルー716639\892

煎った物・カフェイン有り(0901.21.000)

ここから先は、煎ったコーヒーになります。煎っていない物とは、まるで違う国が上位にきていることがわかります。

Hunade

煎っている分だけ加工賃がぐっと上がります。ベトナム産が際立って安いことがわかります。

<td”>輸入金額(総額)相場(kgあたり)

輸入数量
アメリカ合衆国21668522716632¥1,254
英国12759532152680¥1,687
スイス6441081320928¥2,051
コロンビア609057574196¥943
ペルー486957555125¥1,140
イタリア473537690298¥1,458
ブラジル397705389865¥980
グアテマラ277595398438¥1,435
ベトナム254922141088¥553
ケニア183202256879¥1,402

煎った物・カフェイン無し(0901.22.000)

Hunade

コロンビア産の単価が不思議ですね。何か別の要因がある気がします。

アメリカ合衆国150541213832¥1,420
スイス61239123178¥2,011
スペイン5085692568¥1,820
ブラジル2738044082¥1,610
イタリア2234631640¥1,416
ベトナム500537¥1,074
フランス498568¥1,141
英国3901148¥2,944
エチオピア1761591¥9,040
ドイツ156525¥3,365
コロンビア85855¥10,059
メキシコ83223¥2,687

まとめ

コーヒー豆の輸入国と輸入量をご紹介してきました。コーヒー豆の主要な輸入先は、コロンビア、ベトナム、ブラジルの三か国です。これらがほぼ煎っていないコーヒー豆の市場を占有しています。一方、煎っている豆は、アメリカやスイスが強いです。また、これら以外にも数字を見比べると「おや?」とする部分が何個かあります。これらを深く調べていくと、輸入ビジネスの穴を見つけられるかもしれません。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました