【税関事務管理人】海外からアマゾン販売(FBA)ができる

アマゾン 輸入ビジネス
この記事は約4分で読めます。

「日本に住所がない(=海外に住んでいる)でも、日本に輸入したい!」そんなことはございませんか? 特に、海外にいながらアマゾン販売をしている方は、日本へ商品を輸入して、アマゾンFBAへ納品したい方も多いかと思います。そこで、この記事では、自身は海外にいながら、日本に輸入ができる税関事務管理人(ACP)をご紹介していきます。

アマゾン

税関事務管理人とは?

税関事務管理人とは、日本に住所を持っていない人が、自分の代わりとなり、日本へ商品を輸入する人を決められる仕組みです。

例えば、あなたは、アメリカに住んでいるとします。アマゾンジャパンで商品を販売しているため、日本に輸入後、アマゾンFBAに納品しなければなりません。しかし、自身は、アメリカにいるため、日本における「輸入者」になることはできません。このようなとき、税関事務管理人制度を利用します。

税関事務管理人は、日本に住所を持っている方が「本来の輸入者の代理となり、輸入申告、納税、検査の立ち合い、還付金の受け取りなどができる人です。基本的に、税関事務管理人は、誰でもなれます。しかし、この管理人を「商売」として提供するときは、通関業法に定められている「通関業の許可」が必要です。

ちなみに、この税関事務管理人制度のことを英語では、ACP(Attorney for Customs Procedure)と言います。

税関事務管理人利用シーン

税関事務管理人の利用イメージ

税関事務管理人サービスを使えば、海外にいながら、日本に商品を輸入できます。

例えば、アマゾン販売をしている方は、輸入した商品をアマゾンFBA(倉庫)に納品しなければなりませんね。アマゾンは、輸入者にはなってはくれないため、必ず日本国内の誰かの名義で一度、輸入する必要があります。このとき、税関事務管理人制度を使います。

税関事務管理人制度を使うと、海外→税関事務管理人(日本)による輸入ができます。具体的には、あなたは、海外にいながら、税関事務管理人を立てます。その後、税関事務管理人には、あなたに代わって、日本税関に対して輸入の申告や納税、検査の立ち合いをします。これにより、あなたは、海外にいながら、輸入手続きができます。さらに業者(税関事務管理人)によっては、アマゾンFBAに納品までしてくれます。

hunadeのサービス

税関事務管理人になれる人は?

では、どのような人が税関事務管理人になれるのでしょうか? 税関事務管理人になれる人は、商売として行うのか?それとも非商売なのか?により要件が違います。

もしし、同じ組織や会社に属している人、近親者など、商売としてではなく税関事務管理人をするときは、特に資格の要件等はありません、一方、「○○円で税関事務官管理人になります!」と、商売として提供する方は、通関業の許可が必要です。この許可を持っている業者が「通関業者」です。

通関業者とは、日本に商品を輸入したり、輸出したりするときに、税関に対する申告を代行する会社です。輸出入の申告自体は、誰でもできまが、これを代行することは、通関業の許可が必要です。もちろん、これは、税関事務管理人制度にも当てはまります。もし、あなたが日本で税関事務管理人を探すときは、ACP(税関事務管理)に対応している通関業者を探すようにしましょう!

税関事務管理人を立てるには?

あなたが税関事務管理人を頼むときは、税関様式C-7500号に必要事項を記入して税関に提出します。この用紙に、あなた(海外にいる人)の代わりとなり輸入申告をする人を記入して届け出ます。何度も申し上げますが、商売として税関事務管理人を請け負える人は、通関業者(通関業の許可を得ている業者)のみです。

税関事務管理人

税関事務管理人サービスを提供する会社

最後に、税関事務管理人サービスを提供しつつ、日本のアマゾンFBAに納品してくれる会社をご紹介します。少し調べた所、以下の2社が提供しています。その他の通関業者でも提供している可能性があります「ACP(税関事務管理人制度)に対応しているのか? さらにアマゾンFBA納品への対応はできるのか?」を確認しましょう!

1.国際エキスプレス
2.郵船ロジスティックス

関連記事:「国際輸送」どのフォワーダーを選べばいい?特徴とランキングのまとめ

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました