【日欧EPA】EUの加盟国数は?

この記事は約3分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    日本は、EUとの間でEPA(自由協定)を結び、EU市場との自由な交流ができる環境を作ろうとしています。もし、EUとの協定がスタートすれば、一気に42か国(15+27)との間で自由貿易を結ぶことになります。そこで、この記事では、EUの中に含まれる加盟国をご紹介していきます。

    EUの加盟国まとめ

    EUは、世界でもトップクラスの経済圏です。EU圏内には、なんと27か国もの国々があります。日本人でもおなじみのフランスやイタリア、スペインはもちろんのこと、ラトビアやスロベニアなど、イメージすらわかない国々まであります。一体、どんな国々があるのでしょうか?

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス

    もし、日欧EPAが発効されれば、一気に28か国との間で自由貿易圏ができます。しかも、日欧EPAは、日本にとって先進諸国との間で結ぶ初めてのEPAです。これは、これまで締結してきた発展途上国とのEPAよりも世界に向けて大きな影響を与えるものなります。

    2018年現在、アメリカのトランプ大統領が関税を高くして、自国の商品を守ることに必死になっています。いわゆるブロック経済のような形を築き、なるべく外国の商品が入らないようにしています。この保護主義が行き着く所までいき、現在では、アメリカと中国が関税の掛け合いをしています。これは、世界経済にとって、きわめて無駄な戦いだと感じます。このような中、先進国である日本とEUが巨大な経済圏を創ることには大きな意味があります。

    閉鎖的な動きをしているアメリカに対して、世界を代表して「NO」を突き付ける。しかも、それを言葉ではなく、自由貿易協定を結ぶ態度に示すことに意味があります。アメリカファーストなどというご都合主義を掲げるアメリカは、世界全体で対抗していくべきです。この意味において、日EUEPAは重要です。では、EUに加盟する国をご紹介します。

    2018年現在、EUに所属する国は以下の28か国です。

    アイルランドルクセンブルクイタリアエストニア
    オーストリアオランダキプロスギリシャ
    クロアチアスウェーデンスペインスロバキア
    スロベニアチェコデンマークドイツ
    ハンガリーフィンランドフランスブルガリア
    ベルギーポーランドポルトガルマルタ
    ラトビアリトアニアルーマニアイギリス

    さらに、日欧EPAでは、これら28カ国に加えて、付属書3-Eと3-Fにより、アンドラ公国とサンマリノ共和国についても日欧EPAの対象です。

    まとめ

    EUの加盟国数は、27か国です。上記の表をご覧いただくとわかる通り、日本になじみがある国の他、名前すら聞いたことがない国も多々あります。もしかすると、イタリアやスペイン、フランスなどのメジャーな国々よりも面白い物があるかもしれないため、入念なリサーチをされることをお勧めします。

    ゼロから覚える日欧EPA 原産地規則、用語の解説など

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認



    epaまとめ記事
    hunadeのお問い合わせページ

    [スポンサードリンク]

    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました