国際郵便マイページサービスの操作方法 ログインできない?

郵便局 ems国際郵便(EMS)
この記事は約8分で読めます。

国際スピード郵便(EMS)を使うときは、専用ラベルに住所、商品と価格などを記入する必要があります。しかも、これらを英語で記入するため英語に不慣れな方は、専用ラベルを作るだけでも大変です。また、越境EC(海外販売)など、定期的にラベル(伝票)を発行しなければならないときは、さらに億劫です。そんなときに便利なのが国際郵便マイページです。

国際郵便マイページサービスとは、EMSやGUX、国際eパケットなどのラベル(伝票の作成)をオンライン上で簡単に作れるサービスです。オンライン上で作成したラベルは、郵便などで届けてくれたり、自身のプリントから出力して使えたりします。しかも、特別な利用料金等がかかるわけではないため、国際配送をしている方は、ぜひ、導入しておきたいツールです。

そこで、この記事では、国際郵便マイページサービスの会員登録から使い方までを説明します。また、あわせて国際郵便マイページサービスに「ログインできない方」のために、ログインができなくなる理由と解決策などをご紹介していきます。

郵便局 ems

国際郵便マイページサービス

国際郵便マイページサービスとは、郵便局が提供する国際配送サービスで使うラベル(伝票)をオンライン上で作成できるサービスです。つまり、以下のようなラベルを手書きで作成する必要がないということです!もちろん、EMSだけではなく、国際eパケットやGUXなどでも活用できます。

国際郵便マイページサービスで何ができるの?

国際郵便マイページサービスを使うと、EMSや国際eパケットなどで使う配送伝票を手書きでなくても良くなります。

具体的には、次の3つの機能によって、ラベル発行の手間をなくしています。EMSラベル発行する人は、以下の3つの情報(国際郵便マイページに登録)を使い、オンライン上でラベルを仕上げます。オンライン上(インターネット上)で仕上げたラベルは、日本郵政から郵便で受け取れます。あとは、荷物に作成したラベルを貼れば完成です。

  • お届け先の登録
  • ご依頼主情報の登録
  • 発送品の英語訳集
1.オンライン上(インターネット上)で登録してある情報を使いEMSラベル(その他の配送サービスもOK)を作成。
2.オンライン上で作成したラベル(伝票)は、日本郵政から郵便によって届けられます。(伝票自体が配送されるということ)

国際郵便マイページを使うメリット

国際郵便マイページサービスは、繰り返し国際配送する人に便利です。

例えば、

  • 息子や娘が留学に行っている。
  • 旦那が海外出張に行っている

などの場合であれば、同じ所へ定期的に荷物を送る可能性がありますね。そんなとき、発送の度に、わざわざラベルを作成し直していたら大変です。そこで国際郵便マイページが便利です。

国際郵便マイページサービスの中で、

  • 発送先の住所
  • 送り人住所
  • 商品英訳リスト

などを登録しておきます。あとは、これらの情報を画面上で選ぶだけでラベルの発行ができます。また、決まった宛先に送るのではなく、越境EC(海外販売)などをする方にも便利です。発送元の情報は、あらかじめ登録。宛先部分だけをオンライン上で変更すれば、ゼロからすべて手書きで作成する必要もなくなります。これらのことを考えると、海外販売をしている人は、国際郵便マイページサービスは便利です。

国際郵便マイページの良さやメリットが分かってきた所で、早速、会員登録をしていきましょう。しかし、この会員登録の前に、ちょっとした混乱ポイントをご紹介しておきます。実は、国際郵便マイページを使おうとして「ログインができない」と嘆いてしまう方が意外に多いです、そこで、簡単ではありますが、先にログインできないときの3つのポイントを説明しておきます。

国際郵便マイページサービスにログインできないときの4つのポイント

国際郵便マイページサービスにログインできないときは、次の4つの可能性があります。

  1. 最終利用期間から6カ月以上が経過している
  2. 一定時間内に複数回ログインを失敗している
  3. 会員登録が完了していない。
  4. 日本郵政のアクセスが集中している

1.最終利用期間から6カ月以上が経過している

国際郵便マイページサービスは、最後に利用した日から6カ月が過ぎると、自動的にアカウントが削除されます。もし、最後にサービスを使って、6カ月以上たっているときは、ログイン情報が合っていてもログインはできません。残念ですが新規作成をしましょう。もし、アカウントを削除されたくないのであれば、少なくても半年以内に一度はログインするようにしましょう!

2.一定時間内に複数回ログインを失敗している

ログインに関する情報(Eメールアドレスかパスワードのどちらか)が間違っていると、ログインエラーになります。そして、一定期間内にログインを何度も間違えると、一時的にアカウントがロックされます。何度まで間違えてもいいのか? は、公開されていませんが、一般的なサイトであれば、3~5回以内が多いです。これ以上、間違えると、翌日の0:00が過ぎるまでアカウントがロックされます。

もし、今すぐ、ロックを解除してほしいときは、日本郵政のカスタマーサービスに電話連絡します。

3.会員登録が完了していない。

もしかすると、この可能性があるかと思い、ご紹介させていただだきます。あとから詳しく説明しますが、会員登録は、最初に情報の登録、その後、Eメールによる認証があります。

Eメールによる認証とは、日本郵政から届くメールの中にあるリンクをクリックすることです。このクリックによって、有効なメールアドレスであることの確認ができて、初めて会員登録が完了します。逆に言うと、認証リンクをクリックしない限り、いつまでも会員登録は完了しないです。つまり、この仮登録の状態でログインしようとしても、一切できません。

国際郵便マイページ

4.日本郵政のアクセスが集中しているかも!?

以上、3つの理由のどれにも当てはまらないときは、日本郵政へのアクセス集中が原因になっている可能性があります。この場合は、日本郵政マイページサービスのログイン画面の所にある言語選択部分を「英語」や「中文」などにしてログインをすればOKです。操作画面が外国後になりますが「クロームなどの翻訳機能」をオンにすれば、何も不自由なく使えるはずです。

以上の4つがログインエラーに関する要因です。もし、ログインできなくて困ってしまったときは、これら4つのポイントのいずれかに当てはまっていないかを確認しましょう。

会員登録の手順

それでは、国際郵便マイページの会員登録の手順をご紹介していきます。赤枠にある「はじめての方」から対象を選びます。

 

各項目は、下の赤マークがある部分だけが必須入力項目です。それ以外は、入力を省略できます。

国際郵便マイページ

番号入力例
1船出 太郎
2123 4567
3番地のみを入力します。番地より前の部分は、郵便番号から自動入力されます。
4電話番号を入力します。
5メールアドレスを入力します。(ドコモやauなどのキャリアメールはやめましょう)
65番と同じメールアドレスを入力します。
7パスワードを設定します。数字のみ、ローマ字のみは設定不可
87番と同じパスワードを再入力します。
9パスワードを忘れたときに使います。自分が思い出せそうな質問を設定します。
109番に対する答えを設定します。例:母親の旧姓は?(9番設定) →佐藤(10番で設定)*設定する文字は何でもok。ただし、ひらがな、カタカナ、漢字などは、すべて別物として認識されるため注意します。
11日本郵政のメールマガジンを希望するのかどうか?です。

 

こちらの項目は、任意アンケート項目です。すべて飛ばしても良いです。

国際郵便マイページ

 

下にある利用規約に同意するを押します。

国際郵便マイページ

 

入力した項目の確認画面が表示されます。一番下にある「登録ボタン」を押します。

国際郵便マイページ

 

この画面が表示されたら仮登録は完了です。すでに説明した通り、この時点は会員登録は完了していません。必ず、登録したメールアドレスに届く認証リンクをクリックしましょう!

国際郵便マイページ

 

こちらが会員登録を完了させるための認証リンクです。

国際郵便マイページ

 

認証リンクをクリックすると、この画面が表示されます。これで会員登録はすべて完了です。早速、ログインをしてみましょう。

国際郵便マイページ

 

会員登録時に設定したメールアドレスとパスワードでログインします。

国際郵便マイページ

 

この画面が表示されたら、国際郵便マイページサービスの会員ページにログイン完了です。お連れ様でした。

国際郵便マイページ

パスワードを忘れたらどうするの?

最後にパスワードを忘れたときの回復方法をご紹介します。国際郵便マイページの画面の右上にある赤枠を押します。

国際郵便マイページ パスワード

 

パスワードを再発行するために、会員情報の認証を行います。

1.登録したときのeメールアドレスを入力します。

2.会員登録のときに設定した秘密の質問を選びます。 例:母親の旧姓は?

3.同じく会員登録のときに設定した秘密の質問への回答を選びます。 例:佐藤

つまり、メールアドレス、秘密の質問、秘密の質問への回答の3つが合うと、新しくパスワードを発行できます。

まとめ

  • 国際郵便マイページサービスは、国際発送をするときに使うラベル(伝票)の作成を簡単にするものです。
  • 国際発送とは、国際スピード郵便、クールEMS、国際eパケット、UGXなどがあります。
  • ラベルに入力した情報(発送先、発送元情報、商品名の英訳など)を登録しておき、それをラベルに印刷できる点が便利です。
  • 特に海外発送が多い方には、便利なサービスだと思います。

ピックアップ記事:「国際郵便マイページサービスの使い方

オススメの記事:「初心者」知識ゼロからの国際郵便入門

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました