貿易ビジネス(輸入・輸出)に関するお勧めの本

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    この記事は、貿易ビジネスに役立つ本と「人が反応したくなる文章」を書くために役立つ本をご紹介していきます。

    貿易ビジネスと「書くこと」に役立つおススメの本

    貿易実務完全バイブル

    具体的な貿易実務の部分を網羅したい方にピッタリな本です。インボイス、パッキングリストの具体例から保険戦略、インコタームズ、EPAまでをカバーしています。

    貿易実務完全バイブル

    最適物流の科学

    日米間のコンテナ輸送に圧倒的な強みを持つ、ジャントラスト株式会社 代表取締役の菅氏が執筆する本です。国際物流の基本の「き」を徹底的に学べる本です。「どうすれば、理想的なフォワーダーに出会うことができるのか?」「海運会社が倒産した場合はどうなるのか」など、国際物流で抑えておくべき知識が豊富に掲載されています。

    貿易実務の本 (1)

    インコタームズ2020公式テキスト

    ネット上にインコタームズの解説サイトはたくさんあります。しかし、より正しく理解するためには、公式テキストは必須です。

    インコタームズ2020

     大資産家になるためのアジア副業マニュアル

    小さな貿易ビジネスの立ち上げ方をゼロベースで学べます。具体的な事例が豊富に紹介されているため、本書を読むと、思わずワクワクします!

    FTA/EPAでビジネスはどうかわるのか?

    自由貿易が浸透すると、世界の貿易体制は、どのように変わるのかなどのマクロ的な視点と、関税削減による収益向上などのミクロ的な視点が書かれています。

    貿易実務の本 (3)

    HS商品インデックス

    紙媒体でHSコードを探せます。

    その他、初心者向けの輸出・輸入の本

    • これ1冊でぜんぶわかる! 輸入ビジネス【完全版】
    • 輸出ビジネスの始め方・儲け方

    中小企業×自社の製品を世界に売りたい方は、こちらの本がお勧めです!

    中小企業が「海外で製品を売りたい」と思ったら最初に読む本

    「日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く」

    貿易ビジネスに限らず「やりたいことが決まらずに悩んでいる人」におススメです。私自身、10年以上、自分のやりたいことが見つからず、何の目標も持たない日々を過ごしていたときがあります。楽そうなビジネスがあれば少しだけつまみ食いをしてやめる。このようなことを繰り返していた時期に出会った良書です。

    お金もない、コネもない、おまけに知識もない人であっても「貿易ビジネスに挑戦したい」と思える楽しさがあります。今、何かに悩んでいたり、窮屈な生活をしたりしているときは、一度、お読みになることをお勧めします。

    世界を生き抜く企業戦略

    2020年現在、日本の少子高齢化により、市場が縮小しています。今後は大企業・中小企業に限らず、人口の増加が続いている世界販売を行わなければなりません。しかし、世界といっても日本と国交がある国は、190ほどあります。数が多いため、できるだけピンポイントで狙う必要があります。この本では、その狙うべき国と理由が細かく書かれています。

    また、日本市場の現状と今後の見通し、世界全体の成長や投資などの状況も解説されています。この書籍の中では、当サイトのメインテーマとしている「EPA/FTA=関税ゼロ貿易」の重要性についても紹介されています。

    世界で愛されるMADE IN JAPAN

    「日本のどんな商品が気に入られているのかを知りたい」方に便利な本です。

    「人の気持ちを徹底的に理解したい方」にお勧めの本

    一流のライター曰く「文章を書くときに考えることは「読者の現実」です。いわゆる「二元論」を理解しなければ、人が動きたくなる文章は書けない」とのことです。あなたは、この一言が、どのようなことを意味しているかわかりますか? ぜひ、以下でオススメしている本をお読みになり、その答えを探し求めてください。

    クレムリンメソッド

    ロシアのKGBなどが使っていた「民衆をコントロール」する情報操作の方法が詳しく書かれています。情報操作とは、人の心理のコントロールすることであり、これが世界のできごとを作っている要となる物です。これを学ぶことにより、ビジネスで大切になる「人の心理」を学ぶことにもつながります。

    私が個人的に気に入ったのは、この中に書かれている「国家ライフサイクル論」です。当サイトの記事をご覧になっている方は、何度か目にした方もいらっしゃるはずです。国家ライフサイクル論は「世界のどこの国が成長していくのか」を知ることができる貴重なメソッドです。世界市場への展開を考えているビジネスマンには、貴重な一冊になることは間違いありません。

    今すぐプライベートカンパニーを作りなさい

    全国のサラリーマンの方、必見!「なぜ、手元にお金が残らないのか?」その答えは、社長や政治家たちが口にしない「税制」にあります。

    今すぐプライベートカンパニー

    20歳の自分に受けさせたい文章講義

    私も20歳のときにこの本に出会っていたら、もっと違うことになっていたかも!? ウェブメディア、メルマガ、商品宣伝文など、仕事上、文章を書くことが多い方は必読の本です。

    貿易実務の本 (4)

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    貿易コラム
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました