インコタームズ/D型・DPU、DAP、DDPの違いとは?

この記事は約5分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    この記事は、インコタームズのD型、DAP、DPU、DDPの説明をしています。

    インコタームズには「E型、F型、C型、D型」の四つの大きな分類、11種類があります。この内、D型には、DPU、DAP、DDPの3種類があります。DPUは、DHL等の国際宅配便で使われるインコタームズです。一方、DDPは、輸入者側の負担が最も小さい条件として有名です。

    インコタームズ・D型とは?

    インコタームズのD型の特徴は、輸出者の費用や危険負担が大きくなる点です。特にその最たるものが「DDP」です。これは、輸出国の工場から、輸入者の指定する場所(輸入国)までのすべての費用と危険負担を売主が負担します。(輸入国側でかかる関税や通関手数料も含む)したがって輸出者が最大の負担を負い、輸入者が最も楽な条件です。DDPの真逆が「EXW」です。

    EXWは、輸入者(買い手)が輸出国にある輸出者の工場で貨物を引き取り、そこから先を「買主の負担」で取引する条件です。この場合は、輸出者が最も楽な取引です。このことから、D型のインコタームズとE型のインコタームズは、真逆の条件であることがわかります。

    もし、あなたが輸出初心者であるなら、E型に近い条件(FOBやFCAなど)で契約をした方がいいです。逆にあなたが輸入の初心者であるなら、D型に近い条件(CIFやCPTなど)で取引をされることをお勧めします。では、この関係性がわかってきたところで、D型の中にある「DPU」「DAP」「DDP」の違いを順番に説明していきます。

    D型の3つのポイント

    インコタームズのD型を考える上では、次の三つがポイントです。

    1. どこで貨物を引き渡すのか?
    2. 輸送してきた乗物からは、どちらの負担で荷卸しをするのか?
    3. 関税や通関は、どちらが行うのか?

    1.貨物をどこで渡すのか?

    D型のインコタームズでは、貨物の引き渡し場所が特殊である場合が多いです。一般的に貿易取引というと、船か航空機の2つに限定して考えてしまいます。しかし、これは島国である日本特有の考え方です。外国では、陸続きであるため、これらの輸送方法に鉄道輸送やトラック輸送などが加わります。したがって、引き渡し場所は、以下のような所があります。

    • 港湾のコンテナターミナル
    • 空港のコンテナターミナル
    • 鉄道のコンテナターミナル
    • 船上や車上(国境地帯など)
    • 買い手が指定する倉庫など

    2.輸出者と輸入者、どちらが乗物から貨物をおろすのか?

    外国から貨物を運ぶときは、船や航空機、電車やトラックなどを使います。当然、これらの乗り物を使って貨物を輸送するときは、乗物からの荷卸しが必要です。この荷卸し作業を輸出者と輸入者のどちらが負担して行うのか?が2つめのポイントです。

    3.関税や通関手数量を誰が負担するのか?

    D型では、輸入国でかかる通関手数料や関税等を「売り手側」が負担する物があります。それが上記で説明した「DDP」です。

    以上の1~3をまとめた物が以下の表になります。

    引き渡し場所荷卸し費用通関や関税負担
    DPUコンテナターミナルなど売り手負担(荷卸しまでの義務)×
    DAP船上や車上など買い手負担×
    DDP買い手の指定する倉庫買い手負担売り手負担

    それでは、DPU、DAP、DDPを詳しく説明していきます。

    DPU

    港、空港、鉄道のターミナル、輸入国の任意の地点で引き渡す条件です。売り手の負担によって、輸送船(飛行機や電車含む)から荷物がおろされます。その後、輸入通関は買い手の負担。輸入許可後の引き取りから輸入国の任意の地点への輸送と荷卸しまでを「売り手」が負います。この荷卸しが済んだ時点で、危険負担と費用負担が買い手に変わります。

    詳細記事:インコタームズ・DPU(荷卸込持込渡し)とは?

    DAP

    買い手が指定する場所(上記で説明したターミナル以外)で商品を引き渡します。輸送手段(船や自動車など)からの荷卸しは「買い手の負担」によって行われます。この場所に指定されるのは様々です。

    例えば、船での輸送であるなら海上で停泊したまま受け渡すこともあります。トラックなら、輸出者側と輸入者側の双方が国境地帯で取引することもあります。具体的には、輸出者側から荷物を詰め込んだトラックが向かいます。輸入者側からは空のトラックがいきます。指定された場所で、トラックから荷物を下ろした後、空のトラック(輸入者側)に詰め替えるようにします。このときの荷卸しと、トラックへの積み込みは買い手が行います。

    詳細記事:インコタームズ・DAPとは?

    DDP

    貿易条件の中では、売り手が最大のリスクと費用負担をする物です。一般的に商品が国境をまたぐときは、関税と呼ばれる税金がかかります。基本的に、この関税は輸入者、つまりあなたの販売先の人が現地の税関に納めるものです。しかし、この条件の場合は、輸入国側で発生する通関費用、関税、輸入港から買い手が指定する場所までの輸送費をすべて「売り手」が負担します。

    詳細記事:インコタームズ・DDPとは?

    まとめ

    インコタームズのD型は、他の型(F型やC型)よりも特殊な場合に用いられる条件です。売り手が有利なE型のインコタームズとは逆になっています。そのため、基本的には、物流や相手国での通関などに精通している方が使われる条件です。一般的な貿易取引であれば、FOBまたはFCAやCIFやCPTなどを使われることが多いです。まずは、このあたりをしっかりと覚えらえることをお勧めします。

    【図解!インコタームズ入門】どんな条件で貿易をする?

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました