インコタームズ・CFR 輸出者が船賃を負担!関税・海上保険

CFR インコタームズインコタームズ
この記事は約4分で読めます。

CFRは、売主が輸出国から輸入港までの運賃を負担する条件です。このCFRから、運送費用の負担分を除いたものが「FOB」、CFRに海上保険を加えたものが「CIF」です。これらの違いは、危険負担の移転時期、付保する保険の有無です。そこで、この記事では、CFRの概要をご紹介していきます。

CFR(運賃込み条件)とは?

CFR インコタームズ2020

CFRの危険負担と費用負担の切り替え時期、売り手と買い手の負担範囲は、次の通りです。以下に示す売り手と買い手の「色」で確認をしてください。

危険負担分岐点本船に貨物を載せたとき
費用負担分岐点輸入国側のターミナル
輸出国内輸送費
輸出通関費用
その他、輸出関連費
海上保険
海上運賃
輸入通関
輸入国側の関税・消費税
輸入国の国内費用
契約手続き輸送や海上保険など輸送:売り手 海上保険:買い手

CFRの要点

  1. 危険負担の切り替え時期は、輸出国の本船に貨物を乗せたとき
  2. 売り手は、輸入国までの運送費を負担する。
  3. 危険負担と費用負担の切り替えポイントが違う。

実務使用例

例えば、あなたが東京の会社であり、東京の港まで付けた場合の輸入価格を知りたいときは「CFR TOKYO CONTAINER TERMINAL」などと希望を伝えます。この希望を受け取った輸出者は「○○港~東京港までの運送費用を含めた価格」を提示してくれます。

  • 輸入者:「東京港までのCFRでの価格をよろしく!」
  • 輸出者:「CFR TOKYO ○○ドルです」

では、このCFRを危険負担と、費用負担の2つの部分から考えてみましょう!

CFRの危険負担、費用負担、通関費などの要点

  1. 危険負担
  2. 費用負担
  3. 通関費用
  4. 関税
  5. 海上保険代金

1.危険負担のタイミングとは?

CFRにおける危険負担が切り替わるタイミングは、輸出国に停泊している本船(買主指定の船)に物品を置いたときです。これ以降で発生するすべての損害は、輸入者の責任で処理します。(輸出国における輸出通関は、売り手である輸出者が担当します。)

2.費用負担はどうなっている?

CFRの費用分担は、輸出者と輸入者で次の通りです。一言でいえば、輸出者が輸出港から輸入港までの「海上運賃を負担」します。もう少し正確に言うと、輸入港への荷卸し費用を含めて輸出者側が負担します。

・輸出者:輸出国から輸入港までの輸送費及び、輸入港での荷下ろし費用
・輸入者:輸入通関から先のすべての費用。追加でかかる費用もあり!

詳細:海上運賃の内訳

■CFRの危険負担と費用負担
危険負担・輸出国側に停泊する輸入者指定の本船に荷物を置いたとき
費用負担・輸出者が輸入港到着&荷下ろしまでの輸送関連費を負担する

3.通関費用

通関費用には、輸出国側の通関と、輸入国側の2つがあります。CFRでは、輸出側通関を輸出者、輸入者側の通関を輸入者が費用を負担します。

4.関税

輸入側の関税であれば、もちろん、輸入者が支払います。もし、輸入国側で発生する関税等も輸出者側に求めるのであれば「DDP」などを利用します。

5.CFRの海上保険はどうなる?

CFRでは、海上保険は含まれていません。もし、あなたが輸入者であり、海上保険を希望するときは、輸出者側に別途で保険をつけてもらうか、日本側で輸出国~最終納品地まで補償をしてくれる海上保険に入ります。これにより、海上輸送途中での貨物ダメージ(損傷、滅失など)が補償されます。

では、仮に、CFRを結んだ上で海上保険に加入するときは、海上保険料金は、どのように計算すればいいのでしょうか?

海上保険料の計算

CFRにおける海上保険料は、以下の計算式で求めることができます。この内、保険料指数は、各保険会社が独自に設定しているため、一覧でまとめたものはありません。どこのルートへ物を運ぶのか? そのルート上で戦争などが起きていないか?などの様々な要因によって決まると考えると良いです。要は、危険なほど、海上保険代金は高くなります。

もし、海上保管料を知りたいときは、三井住友海上などの海上保険会社さんへ見積もりをお願いすると良いです。

保険料=CFR金額×保険料指数

その他、CFRの注意点

CFRを援用する場合は、輸出国側の「積み出し港」と輸入国側の「仕向け港」を売買契約書などに記載する方が賢明です。

まとめ

CFRは、輸出者が輸出港から輸入港までの船賃を負担する条件です。ただし、FOBと同様、危険負担は輸出国側で切り替わっているため注意が必要です。また、CFRに海上保険を付保したいのであれば、最初から「CIF」の条件で取引を行う方が賢明です。どうしても、CFRに+海上保険を付保する形にしたいのであれば、次の内、いずれかを選びます。

  1. 輸出者に頼んで、輸入者の費用負担で保険に加入してもらう。
  2. 輸入者自らが日本の海上保険会社と契約する

【図解!インコタームズ入門】どんな条件で貿易をする?

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました