インコタームズ/FOBとは!? 輸出商談で必要な価格

FOB インコタームズインコタームズ
この記事は約6分で読めます。

FOBとは「本船に貨物を置くまで」を売り手の責任で行う取引です。本船に貨物を置いた後は、輸入者の責任で取引が行われます。さて、海外企業との商談は「商品の価格」を聞かれます。このとき、価格のやりとりをする上で登場することが多いのが「FOB」です。先方から「FOB TOKYOだといくらになる?」などと聞かれます。この質問の意味は「東京港に停泊している本船に載せるまでの価格はいくらになるのか?」です。

輸出商談をするときは、このFOBが登場する機会が多いため、この機会に覚えるようにしましょう!

輸出取引で重要!FOB契約とは?

FOBは、費用と危険負担の切り替えが輸出港に停泊する本船の甲板に荷物を搭載したときに切り替わる取引です。なぜ、甲板なのか? これは、かつて在来船(コンテナ船以前の輸送方法)で輸送していたときに、本船の「手すり」を超えるタイミングを目印にしていたことに由来します。そこからずっと「FOB=輸出」と考えて習慣が続いています。しかし、インコタームズ2020でも示されている通り、危険負担の切り替えポイントなどを考えると、むしろ「FCA」の方が適切だとされています。

昔:Ship’s Rail(手すりを超える)→ 現在:On Board(本船上)

以下は、FOBの売り手と買い手における責任範囲を示した物です。

FOB インコタームズ2020

危険負担分岐点輸出港に停泊する本船上に貨物が置かれたとき
費用負担分岐点費用負担=危険負担の切り替えと同じです。
輸出国内輸送費
輸出通関費用
その他、輸出関連費
海上保険
海上運賃
輸入通関
輸入国側の関税・消費税
輸入国の国内費用
契約手続き輸送や海上保険など買い手の責任と費用で手配

FOBの基礎知識

FOBを詳しく確認していきましょう!「港に停泊している本船に商品を積むまでの価格はいくらなのか?」これが輸出ビジネスの商談上でよく聞かれることです。特に「FOB東京はいくらになるのか?」という質問はとても多いです。下の図をご覧下さい。

売り手は、工場などから輸出用の商品を「輸出港」まで運びます。このとき、輸出用に梱包にするのは、売り手の役割です。

Hunade

出港予定の港につくと、コンテナはヤードへ保管されます。ここで輸出の許可を待ちます。通関費用は、売り手の負担です。

Hunade

輸出の許可が下りしだい、クレーン車を使って、船の上(甲板)に載せます。ここまでが売り手の責任で行われます。本船に載せられたは、危険負担と費用負担が買い手に切り替わります。

  • 危険負担=貨物にダメージが発生したときに、どちらの責任で対処するのか。
  • 費用負担=どちらが、どこまでの費用を負担するのか?を明確にすること

Hunade

危険負担(荷物に対する責任)が切り替わるポイント

FOBの危険負担が切り替わるのは「本船に貨物が置かれたとき」です。この時から危険負担は買主側(輸入者側)に移ります。そこから先は、仮に船が挫傷などをしても、すべて「輸入者の責任の下」で対処する必要があります。切り替え前は、売り手。切り替え後は、輸入者の責任です。これが危険負担の切り替えの考え方です。

Hunade

ポイント:FOBにおいて費用の負担と危険負担が切り替わるのは、ともに「本船に貨物が置かれたとき」です。これ以降は、自然災害などによる損害を含めて、すべて買い手にて対処します。(買い手が海上保険などをかけて対処します)

売り手は、どこまでの費用を負担する?

FOBで輸出をするときに悩むのが「どこまでの費用負担を行うべきか」です。

例えば国内での梱包費用はどちらが負担するのか?輸出のための通関費用はどうするのか?などが考えられます。このように混乱したら、FOBが切り替わるポイントを考えると理解できます。FOBの危険負担や費用負担は「本船」で切り替わります。つまり、本船の積み込みより前の費用は、売り手が負担。後ろの費用は輸入者が負担します。

Hunade

売り手と輸入者が負担する具体的な費用例

売り手負担例バンニング費(コンテナに商品を積める料金)
ラッシング費(コンテナの中に積める商品を固定する料金)
コンテナ移動代金(商品が保管されている地点から、輸出港までの移動代)
輸出通関料(日本の税関へ輸出申告をしてもらう代行料金)
商品を梱包する費用等
輸入者負担例日本と外国との海上保険代金
日本から外国までの船の料金
THCなど(ターミナルハンドリングチャージなど)
D/O FEE(D/Oを発行してもらうための費用)
BAFやYASなど(燃料系追加費用)
事務処理費用等

売り手としてFOBを選んだ場合の動き

売り手としてFOBを選んだ場合に、どのような流れで取引が進んでいくのでしょうか。大まかにいうと、以下の1~6の流れです。

  1. 船積み準備(輸出用梱包)を済ませた後、輸入者の都合が良い船を予約。シッピングガゼットマリントラフィック
  2. 予約完了後、指定の場所に空のコンテナが到着。この中に輸出する商品を入れてから封印をする。
  3. 実入りのコンテナを船が停泊する港(CY:コンテナヤード)まで移動
  4. 輸出申告をして許可を受ける。
  5. 輸出許可と積荷表などを提出
  6. B/Lなどが発行されたら、輸入者側にFAXなどをして船積みの通知をする。これでFOBにおける売り手側の仕事は完了です。FOBは、運賃を買い手が負担する必要(フレイト コレクト)があるため、どの船に乗せたのか?を伝えます。残りは、B/Lの原本をどうするのかを決めるだけです。

関連的な疑問

最後にFOBに関連するよくある疑問をご紹介します。

船の手配は、どちらが行うの?

FOBの場合、買い手側が「船の運賃」を負担します。しかし、実際の手続き上では、売り手が輸出国のフォワーダーに依頼をして船を手配。その後、費用を買い手へ請求することが多いです。

貿易書類の作成者は誰?

すべてシッパー(売り手)が行います。

「FOB香港」の意味とは?

FOB〇〇の〇〇の部分は、輸出する港の名前です。東京港から輸出する価格であるなら「FOB TOKYO」、名古屋港から輸出するなら「FOB NAGOYA」です。

初心者でもFOB契約は向いているですか?

向いていません、買い手としてあえて「FOB」を選ぶ場合は、料金的なメリットがあるときです。

例えば、普段からお付き合いをしているフォワーダーや船会社があるとします。この場合、通常よりも有利な価格設定である可能性が高いです。そのため、これらお付き合いしている会社(船会社、フォワーダーなど)に輸出国での船積みをお願いします。

貿易初心者の場合は、輸入時に「FOB」で行うメリットは全くありません。貿易初心者であれば、理想は「DDP」条件、もう少し頑張れるのであれば「CIF」が望ましいと言えます。もし、売り手にFOBでの契約を提示されたら「DDP」または「CIF」にできないかを聞くようにしてください。

まとめ

  • FOBは、売り手が輸出国に停泊する本船に貨物を積み込むまでの危険負担と費用負担をする。
  • 買い手は、本船積み込み以降の全ての危険負担と費用負担をする。(輸送費を含めて)
  • FOBは、輸出商談をするときに使用することが多い。ただし、コンテナ輸送の場合は、本来、FCAを使うべき

【図解!インコタームズ入門】どんな条件で貿易をする?

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました