【高額請求防止】通関業者に素人扱いされないポイント

輸入ビジネス
この記事は約13分で読めます。

貨物を輸出入する場合は、税関に対して申告が必要です。この申告はすべての物について行われます。

例えば、あなたがEMSなどの国際宅配便で物を発送したり、受け取ったりするときも知らない所で「税関への申告」が行われています。また、一般商業貨物であれば、基本的に、輸入者は「通関業者」へ依頼をして、代理で輸出入申告をしてもらいます。これにより、通関で必要になる複雑な知識の回避、煩雑な作業への時間をなくせます。

そこで、この記事では、通関業者に依頼するときに必要なポイントをご紹介します。こちらで紹介するポイントに気をつけるだけで「完全なる素人扱い」することを避けられます。

  1. 通関業者に素人扱いされないためのポイント
    1. ある程度の通関の流れを把握していること(例:輸入の場合)
      1. 1.通関業者に対して、輸入書類を送ります。
      2. 1.書類の文字は鮮明であるかを確認します。
      3. 2.通関指示、希望納期、配送手段、配送場所などの明記します。
      4. 3.通関に関する情報を提出しておきます。
      5. 2.通関業者は、受け取った書類をチェックします。
      6. 4.通関業者は、輸入書類を基にして、商品が当てはまる区分(HSコード)を調べます。
      7. 5.輸入書類のチェックが終わったら、ナックスに入力します。
      8. 6.2~5の間に、通関業者の営業部門は、配送やD/Oの処理をします。
      9. 7.輸入申告の結果、税関検査になれば、立ち合います。
      10. 8.輸入許可がおり、D/Oの処理が終われば引き取り可能です。
    2. 通関業者に素人扱いされたないための9つのポイント
      1. 1.通関業者へ依頼する前に必要な2つのポイント
      2. 1.輸出入者符号の取得
      3. 2.通関委任状の作成
      4. 2.通関業者に支払う料金
      5. 3.船の到着日(ETA)
      6. 4.コンテナ船から荷物をおろす「搬入」とは?
      7. 5.搬入日と輸入許可の関係
      8. 6.予備申告で貨物を引き取るまでの時間を短縮します。
      9. 7.税関検査は強制検査です。
      10. 8.ドレージ・トラック輸送、混載便の料金に大きく上乗せ請求される可能性があります。
      11. 9.最低限抑えておくべき貿易に関する用語
    3. まとめ

通関業者に素人扱いされないためのポイント

新しく貿易事業を始めるにあたり、通関業者を選ぶ場合は、いくつかのポイントを覚えておくといいです。まずは、そのポイントをご紹介する前に、通関の流れをご紹介していきます。

ある程度の通関の流れを把握していること(例:輸入の場合)

全体的な通関の流れは以下の通りです。大前提として、通関業者に対しては、的外れな質問をするだけで、素人扱いされてしまいます。基本的は、以下の流れによって許可になります。

  1. 通関業者に対して、輸入書類を送ります。
  2. 通関業者は、受け取った書類をチェックします。
  3. 通関業者は、輸入書類を基にして、商品が当てはまる区分(HSコード)を調べます。
  4. 輸入書類のチェックが終わったら、ナックスに入力します。
  5. 2~4の間に、通関業者の営業部門は、配送やD/Oの処理をします。
  6. 輸入申告の結果、税関検査になれば、立ち合います。
  7. 輸入許可がおり、D/Oの処理が終われば引き取り可能です。

1.通関業者に対して、輸入書類を送ります。

1.書類の文字は鮮明であるのか?
2.希望納期、配送手段の明記
3.通関に必要な情報

1.書類の文字は鮮明であるかを確認します。

海外からファックスされてくる書類は、不鮮明な場合が多いです。この不鮮明な状態である書類をそのまま通関業者へ流す方がいます。通関業者は書類の確認ができない場合は確認の電話をするようになっているため、結局は口頭での説明、または差し替えを要求されることになります。

これは業務効率上よくありません。そこで、海外から届いた書類があまりにも不鮮明であるなら、再度、FAX送信をしてもらうようにしてください。または、書類をスキャンしてEメールなどで送付してもらうようにします。「通関業者が読みやすいかどうか」をしっかりと意識することが大切です。

2.通関指示、希望納期、配送手段、配送場所などの明記します。

通関に関する指示、配送に関する情報を指示書にまとめてください。しっかりと書面に残すことにより、後々のトラブルを防げます。

例えば、B/LやインボイスをFAXで送信するときは、これら書類の先頭に「通関依頼書」や「シッピングインストラクション」を送付するのが慣例となっています。

特にEPA税率を適用する人であって、3月31日前後が申告日になる人はご注意ください。4月1日に申告をすれば、ガクンと納めるべき関税が少なくなることもあり得ます。これは、EPA税率の引き下げが毎年4月1日をもって行われるためのです。この場合は、輸入申告の日を「4月1日にしてほしい」と指示する必要があります。

3.通関に関する情報を提出しておきます。

HSコードを確定させるためには、商品に関する情報を確認することが必要になります。

例えば、あなたが靴を輸入するとします。この場合に必要にある情報が「甲の部分の材質」や「本底の部分の材質」などになります。これらの情報を集めていくと、一つのHSコードが確定します。

もし、送付した輸入書類の中に「HSコードを確定するための情報」が確認できない場合は、あなたに対して確認の電話がかかってきます。この手間を省きたいのであれば、あらかじめ聞かれる内容を指示書を送る際にまとめて送付しておく方がスムーズです。

しかし、これを実行する場合は、輸入しようとする商品については「どのような情報が必要になるのか」を把握する必要があります。そのため、ある程度の経験をした後に考えるようにしましょう。ちなみに、どのような情報が費用になるのかは「ウェブタリフ」を使って調べられます。

2.通関業者は、受け取った書類をチェックします。

まずは、輸入申告で必要な書類を送付します。ただし、送付といっても原本は不要です。輸入書類をスキャンした後、PDF化して電子メールなどで送りましょう。少し前までは、特定原産地証明書については、原本が必要でした。しかし、昨今の通関制度の簡易化によって、これら原産地証明書も手元に原本を保管すればいいことになりました。

輸入処理として必要な物は、以下の四つです。

1.インボイス
2.パッキングリスト
3.B/L
4.貨物の内容を示すイラストなど

また、これに加えて状況次第では、特定原産地証明書や海上保険証書などもいります。すべての書類をプリンタなどでPDFにした後、メールで送付しましょう。もし、PDFが難しい方であれあば、ファックスでの送付も可能です。いずれにしろ、原本を送る必要はないです。

4.通関業者は、輸入書類を基にして、商品が当てはまる区分(HSコード)を調べます。

通関業者は、輸入書類を受け取ると、輸入申告をするために準備をします。このときの準備とは、次の2つのことを言います。

1.輸入しようとする商品は、どこの分類に当てはまるのか?

2.そして、それは、何パーセントの関税がかかるのか?です。

これら2つの観点から輸入申告するための準備をします。もし、HSコードの特定などで分からないことがあるときは、通関業者に属する通関士の人から、貨物に対する質問がきます。

5.輸入書類のチェックが終わったら、ナックスに入力します。

通関士による書類のチェックが終わると、いよいよナックスと呼ばれる専用端末に入力していきます。ナックスは、通関業者や税関、港湾事業者などをつなげる巨大な貿易システムです。輸出や輸入申告などは、すべてこのナックスを使い行います。そのため、あなたの書類の準備ができると、通関部門に属する人は、このナックスから税関に対して輸入申告をします。

輸入申告すると、あなたの過去の実績や輸入元の国、輸入品などの観点からシステムが審査をします。実績がある輸入者、過去に何も違反がない事業者であると、すぐに輸入審査は終了します。もし、何らかの違反事例や実績がない輸入者であると、税関職員による人為的な審査が行われます。また、この審査により、さらに調査が必要な時は「税関検査」になります。

6.2~5の間に、通関業者の営業部門は、配送やD/Oの処理をします。

2~5は、通関業者の通関部門が担当しています。一方、この間、通関部門の営業は、配送の手配やD/Oの処理をしています。いわゆる配送周りに関する手配をすべて行います。

7.輸入申告の結果、税関検査になれば、立ち合います。

通関部門の担当者は。5番の輸入申告の結果、税関検査になれば、港近くにある検査場まで立ち合いにいきます。税関検査は、コンテナを丸ごとX線に入れるタイプ、開封して中まで確認するなどタイプなどがあります。どちらの場合も「申告していない貨物」が出てくると大変です。ちなみに「コンテナの中に入れればわからない」という甘い考えは持たない方が良いです。超高性能なX線装置が「傘一本程度」の物までうつしだします。

通関部門の担当者は、この税関検査に立ち会い、適宜、税関職員からの質問に答えます。

8.輸入許可がおり、D/Oの処理が終われば引き取り可能です。

7番の税関検査の結果、特に問題がなければ検査終了となり、無事に輸入許可になります。このとき、貨物の引き取り手続きが終わっていれば、港や倉庫から荷物を搬出できるようになります。

上記の1~8が一般的な通関処理の流れになります。

通関業者に素人扱いされたないための9つのポイント

それでは、通関業者に素人扱いされないための9つのポイントをご紹介します。

  1. 通関業者へ依頼する前に必要な2つのポイント
  2. 通関業者に支払う料金
  3. 船の到着日(ETA)
  4. コンテナ船から荷物をおろす搬入とは?
  5. 搬入日と輸入許可の関係
  6. 予備申告で引き取るまでの時間を短縮
  7. 税関検査は強制検査です。
  8. 配送料金は、ガッツリ上乗せされる可能性あり
  9. 最低限おさえておくべき貿易に関する用語

1.通関業者へ依頼する前に必要な2つのポイント

先ほど、通関業者へ依頼するときに提出する輸入書類をお伝えしましが、実は、あと2つほどの準備がいります。

1.輸入者符号の取得
2.通関委任状の作成

1.輸出入者符号の取得

輸出入者符号とは「どこの、誰が、いつ、何を、輸出や輸入したのか?」を記録するコードです。商売として貿易をしている人は、必ずこの輸出入者符号をもっています。なぜ、この符号を持っているのでしょうか? 大きく分けると、次の2つの理由があります。

1.実績を記録する

2.税関検査になりにくくする

先ほども述べた通り、輸入申告をすると、ナックスが輸出入者符号に記録されている情報を基にして、自動審査が行われます。このとき、この輸出入者符号の中に、あまり良い実績がない人、または、輸出入者符号を持っていない人は「申告内容が怪しい」として、税関検査に当たりやすくなります。要は、すべての貿易実績を輸出入者コードに記録しているため、いい意味でも悪い意味でも実績次第ということです。

良い実績を積み重ねていけば、その分、優良事業者としての評価が高まっていき、少しずつ審査が簡易化されていくようになります。もちろん、税関検査になる確率も極めて低くなります。これを行うために重要な物が「輸出入者符号」です。

2.通関委任状の作成

通関業者に申告を代理で行ってもらうためには、最初だけ「通関の委任状」を提出する必要があります。必ず求められる書類となりますから、事前に準備をしてください。

関連記事:通関業者に頼む前に用意しておくべき書類

2.通関業者に支払う料金

通関業者に支払う費用としては、次の物があります。税関に許可を受けて商売をしているため、通関手数料につては、徴収できる額が法律によって決められています。より多くの利益がのせられやすいところは「配送に関する費用」です。特に混載便料金は、多くの利益がのっていることが多いです。

通関手数料11800円
取り扱い手数料10000円
税関検査料(必要なとき)ショートドレージ10000円+開披5000円
配送料金荷物・配送距離次第
その他の手数料食品届、植物防疫法、暫定八条申請料

3.船の到着日(ETA)

コンテナ船などが日本の港へ入港する日を「ETA」と略します。このETAの直前に船会社から「アライバルノーティス」が発行されます。この書類が届いたら、いよいよ貨物が日本の港へ到着することになり、貨物引き取りのための準備を整えておく必要があります。

準備とは、通関手続きでいうと「予備申告」に入ることを意味します。また、貨物を引き取るための物流の準備であれば、ドレーやトラックの手配、D/O(デリバリーオーダー)などあります。いずれの場合も通関業者の営業担当者がしっかりと管理していないと、納期遅れなどのトラブルに発展しやすいです。

4.コンテナ船から荷物をおろす「搬入」とは?

本船が到着をすると、専用の業者が荷卸し作業を行います。荷卸し作業を終えると、ナックスと呼ばれる専用端末にその旨を入力します。この入力が完了することにより、システム(ナックス)につながっているすべての関係機関(税関、通関業者など)が「搬入があがったこと」を確認できます。搬入が上がると、簡易審査扱いの人はそのまま輸入許可となります。一方、検査扱いの人は、検査の日程などを決めることができるようになります。

このことから、貨物の搬入が上がったかどうかは、次の段階に行くための重要な確認ポイントです。搬入は「搬入があがる」とは、どういう状態のことなのか。」をご覧ください。

5.搬入日と輸入許可の関係

コンテナ単位(FCL)であれば、ETA(本船の到着日)の翌日に搬入が上がり、許可+貨物の引き取りができます。そのため、貨物を引き取った後に、そのまま直送して納品することも可能です。しかし、コンテナを引き取るための渋滞などを考えて、通常は本船の到着日の翌々日を納品日とするのが一般的です。コンテナ未満(CFS)であれば、さらに+一日を考えておいた方が無難です。

6.予備申告で貨物を引き取るまでの時間を短縮します。

なるべく早く貨物を引き取るためには、税関の検査を素早く終える必要があります。これを実現するための制度として「予備審査」があります。これは貨物が到着する前の時点において、貨物に関する審査を受けておくことができるため、貨物の引き取りまでの時間が短くなります。通関業者へお願いをする場合は「予備申告をお願いします」と伝えるようにしてください。

7.税関検査は強制検査です。

税関職員が提出された書類に「疑義」がある場合に行われる強制的な検査です。調べる方法は、大型X線などをくぐらせる方法、実際に開封などをする「開披検査」などがあります。どちらか一方を行うこともあれば、両方する場合もあります。いずれの場合であっても輸入者は拒否することができません。

仮に申告している貨物以外の物が発見されれば「無申告加算税」の対象となったり、運が悪ければ「強制デバン」などを行い「検数命令」なども出されます。

8.ドレージ・トラック輸送、混載便の料金に大きく上乗せ請求される可能性があります。

通関業者から一番請求されやすい所が、国内の配送料金です。コンテナの輸送であればドレー(コンテナを引っ張る車)代金。CFS(コンテナより少ない貨物)であれば、トラック料金または混載便料金が対象です。通関業者は、自前の輸送手段を確保している業者は少ないです。そのため、通関業者も運送会社に依頼をしているところがほとんどです。つまり、貴方が支払う配送料金は、通関業者の利益と配送業者の利益が含まれることになります。

もちろん、これは商売であるため、当然といえば当然です。しかし、支払う立場としては、できるだけ通関業者に支払う利益を圧縮したいのが本音です。そこで誰にでも簡単にできる「知ったかぶり、虚勢を張る方法」を使って、できるだけ素人価格を提示させないように防衛する必要があります。

ドレー代金は、ラウンドいくつで、タリフの何パーセントですか?」と聞いてみましょう。この質問をするだけで、通関業者はある程度の相場観を持っている人だとわかります。この質問に対して「タリフの40%~50%前後」を回答している場合は、適正な価格であると考えてください。

9.最低限抑えておくべき貿易に関する用語

貿易を始めるにあたり、最低限、これだけのことは知っておいた方が良い用語を紹介します。

用語意味
インボイス(仕入れ書)商品をいくらで、何個、誰から購入したのかなどを示す書類です。
パッキングリスト(梱包明細書)どのように梱包されているのかを示す書類です。(例:一箱に何個梱包しているかなど)
B/L(船荷証券)船に貨物を乗せたときに発行される書類です。EPA税率などで必要になる書類です。
A/N本船の到着をお知らせする書類です。通関業者はB/Lを基にして、アライバルノーティスを請求しています。
搬入が上がる船から貨物が荷卸しされた後に、ナックス(専用端末)に入力されることを言います。許可を受けるには、搬入が上がっていることが大前提です。
ドレーコンテナを引っ張る専用の配送車のことを言います。料金は、港からの往復距離が基準になる「ラウンド制」です。
税関検査税関職員による検査です。大型X線を使った検査と開披検査があります。いずれの場合も申告した内容と差異がないかを確認されます。
ETA(本船入港日)コンテナ船が日本の港へ到着する日を知らせる書類です。本船の動向は、この書類の他、マリントラフィックなどでも確認できます。

まとめ

通関業者から「素人扱い」されないためのポイントをいくつか紹介をしました。特に最後の方で紹介した「配送に関する部分」で、通関業者の料金が大きく上乗せされているとお考え下さい。この上乗せ部分を少しでも削るためには、こちら側がある一定の知識や相場観があるように「装う」ことがポイントです。これにより、毎回、いくらからの費用が浮くのであれば、将来的に支払う費用の合計が大きく異なることになります。

相手から「素人扱い」されないように、いい意味で虚勢を張ることがポイントになります。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]



hunade

\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました