【予備申告】貨物を素早く引き取るためのコツ

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    アマゾンジャパンが配送時間の短縮にこだわることでもわかる通り、現代は、非常にスピードが求められます。もちろん、これは貿易ビジネスでも言えることです。輸入商品の卸先に「できるだけ早く欲しい」と要求されることも多いです。本日は、このような迅速性が求められるときに有効な「予備申告」をご紹介していきます。

    申告

    予備申告

    予備申告とは「予備」の言葉からわかる通り、税関の本申告の前に行う”予備の申告”です。実は、輸入貨物に関する申告は、原則的に、日本に貨物が到着、船から降ろされて「搬入」された後に行うとされています。しかし、この原則を貫くと、審査時間が非常に長くなり、貿易の仕組み上、問題があります。そこでこれを解決するために「予備申告制度」があります。

    予備申告制度は、日本に貨物が到着する前に「税関審査」を受けられる仕組みです。貨物が到着した後ではなく「前」に審査を受けられるため、その分、貨物の迅速な引き取りができます。通関業者に「予備申お願いします!」と伝えておけばいいです。(基本は何も言わなくても予備申告をします。)

    通関業者への支払い。利用料金はかかるの? → 無料です。

    メリット

    予備申告のメリットは、次の3つです。

    1. 審査時間が早くなる
    2. 税関検査になるのかがわかる
    3. 同時に他法令の審査もできる

    1.審査時間が早くなる

    予備申告は、本船が到着~搬入までの時間(約一日~半)を使い、税関の検査を受けられるため、その分、貨物の引き取りが早まります。予備申告を入れると、あなたの輸入実績に応じて税関の「審査区分」がわかります。(あなたがどの区分で許可になったのかは、輸入許可書の上部にある「審査区分」で確認)

    • 区分1=簡易審査扱い(税関審査終了)
    • 区分2=通常審査
    • 区分3=税関検査

    区分1は輸入実績があるため、予備申告を入れたと同時に「税関審査」が終了します。その後、搬入が上がると輸入許可が出されます。区分2は、通常審査扱いです。通常通り、税関職員が書類の確認をします。書類に対する質問は、通関業者を通して行われます。このとき「検査が必要」と判断されると、区分落ちをして税関検査が行われます。区分3は、ほぼ税関検査が確定です。

    関連記事:税関発給コード(輸入者符号)の申請方法を一から解説

    2.税関検査になるのか?がわかる

    予備申告を入れると区分が判明します。この区分が「3」であるときは、税関が「撤回」しない限り、そのまま税関検査が行われます。

    一般的に、この税関検査がわかった時点で、納期遅れになるため、関係機関に連絡が必要です。この連絡を早めにできる点が大きなメリットです。また、税関検査を受けるためのドレーの手配も必要なため、この意味においても、予備申告による「区分の判明」な重要な意味を持ちます。

    東京港におけるドレージ不足は深刻!東京揚げは注意!

    3.他法令の審査も受けられる

    予備申告をすると、同時に「他法令」の審査も受けられます。他法令とは、税関の許可を受けるにあたり、他機関からの確認を受けることです。

    例えば、食品であれば、食品検疫所(厚生省所管)、植物関係であれば、動植物検疫所(農林水産省所管)より「確認」を受けた後でなければ、税関からの輸入許可は下りません。税関への予備申告をすると、同時に、これらの他法令の審査も受けられます。

    以上、3つが予備申告のメリットです。デメリットはないため、必ず予備申告をしましょう!

    予備申告のタイミングは?

    予備申告ができるタイミングは、次の2つの内、いずれか遅い方とされています。

    1. 輸入申告予定日における外国為替相場が公示された日
    2. アライバルノーティスが発行された日

    税関の公示レートは、税関のサイトに表示されます。このページに輸入申告日に適用する公示レートが表示されていること。または、日本に船が到着する間際に発行される「アライバルノーティス」を入手した日とされています。私の経験上は、アライバルノーティスが揃ったタイミングで行うことが多いです。

    予備申告に必要な書類

    予備申告で必要な主な書類は、次の四つです。

    1. インボイス
    2. パッキングリスト
    3. アライバルノーティス
    4. B/L
    5. 貨物の内容を判断するための資料

    この他、貨物の内容にっては、ライセンス書などが求められることもあります。

    予備申告は、いつ許可になるの?

    予備申告すると、税関審査が始まります。記述の通り、この審査は区分に従い行われます。あなたの輸入実績が少ないこと、過去に何らかの違反をしたことがあるなど、輸入者の情報により審査時間は変化します。いずれの区分にしろ税関が審査を終了すると「審査終了状態」に至ります。あとは、貨物の搬入が上がるのを待ちます。搬入があがったら、予備申告を「本申告」に切り替えて輸入許可を受けます。

    輸入許可=税関の審査終了+搬入があがる

    関連的な知識:できるだけ早く引き取りたいときは?

    予備申告をする前提で、さらに貨物を早く取りたいときは、フォワーダー等に「ホットサービス」または「個別搬入」ができないか?を確認してみましょう。輸出国側で船をブッキングするときに、これらのサービスを利用すると、日本側での搬入時間が短くなります。

    まとめ

    • 予備申告は、貨物が搬入される前に税関の審査を受けられる仕組みです。
    • 予備申告をすると、貨物の引き取りを迅速にできます。
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    【HUNADE公式パートナー】

    輸入代行
    転送サービス

    [スポンサードリンク]


    輸入の見積もりツール

    hunade

    hunadeのお問い合わせページ


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました