アライバルノーティス(ARRIVAL NOTICE)とは?サンプル有り!

アライバルノーティス輸入ビジネス
この記事は約10分で読めます。

貿易書類の一つに「アライバルノーティス」があります。これは、船が入港する間際(前日など)に船会社(フォワーダー)から発行される書類です。この書類を受け取った輸入者は、貨物が到着することがわかり、貨物を引き取るための準備を始められます。そこで、この記事では、アライバルノーティスの目的・役割、見方などをご紹介していきます。また、本記事では、本物のアライバルノーティスを使い、各項目を具体的に説明していきます。

アライバルノーティスとは?

アライバルノーティスは、船会社(フォワーダーや代理店含む)が港に入港する前日又は、数日前に発行する「貨物の到着通知書」のことです。到着通知を受けた輸入者は、通関書類を揃えて「予備申告」に入り、税関の審査を受けます。アライバルのーティスの通知先は、B/L(船荷証券)の「NOTIFY PARTY」にあります。一般的には「SAME AS CONSIGNEE」と記載されており、通知先=荷受人(コンサイニー)である場合が多いです。

しかし、中には、コンサイニーとノーティファイパーティーが違うこともあります。「アライバルノーティスがこない」とお困りの方は、このNOTIFY PARTY欄を確認してみましょう。もし、入港日の前日、かつ、自身がNOTIFY PARTYなのに通知がこないときは、輸出者から船船会社(フォワーダー)などに状況を確認してもらいます。ちなみに、アライバルノーティスの発行人は、次の2つのパターンがあります。

  1. 直接、船会社に予約している→ 船会社(代理店)から送付されてくる
  2. フォワーダーに依頼している→ フォワーダーから送付されてくる。

アライバルノーティス

  • アライバルノーティスは、貨物の到着通知
  • 入港日の前日又は数日前にFAXや電子メールなどで送付される。
  • 通知先は、アライバルノーティスの「NOTIFY PARTY」をチェック
  • アライバルが届かないときは、輸出者に問い合わせると楽。又は日本側の代理店

アライバルが持つ2つの意味や目的

アライバルノーティスには、次の2つの意味があります。

  1. 貨物を受けとるために日本側でかかる費用の通知
  2. 税関申告用の書類(加算要素の証明書)

1・貨物を受けとるために日本側でかかる費用の通知

「海上運賃は、輸出者側が負担しているから、輸入者側では一切の負担がない」と考えるのは早計です。実は、輸入者は、すでに輸出者が輸送費を支払っていても(フレイトプリペイド(支払い済み」)、日本側の港内で発生する費用を負担する義務があります。(一部のインコタームズを除き)そして、この費用を通知するのが「アライバルノーティス」の役割です。

*アライバルノーティスに記載されている費用の例示

アライバルノーティス

そして、輸入者は、このアライバルノーティスを受け取った後に、アライバルを発行した「代理店」に対して、諸費用の支払いと必要な場合は「オリジナルB/L」を差し出します。この結果、貨物を受け取るための「D/O」を入手できます。(最近は、D/Oの書類レス化されており、代わりにリリースオーダーが発行される場合が多い)これで貨物を搬出するための準備は完了です。あとは、税関から「輸入許可書」が発行されると貨物を引き取れます。

アライバルノーティスの費用計算ツール ボッタクリも暴露

*通関業者に依頼している場合、D/Oの処理を含めて代行してくれます。

貨物を引き取るための2つの条件

  1. 輸入許可を受けていること
  2. D/Oの処理が完了していること
輸入許可書とは?

輸入許可書は、税関の審査が完了し、外国貨物が内国貨物に切り替わったことを証明する書類です。コンテナヤード又は、保税倉庫は、D/Oの書類が完了していること、税関の許可を取得していることの2つをクリアしている場合に貨物を搬出します。逆に言うと、この2つの条件を満たさない限り、貨物は一切引き取れません。

CIF(運賃込み条件)でも支払う必要があるの?

CIFは、輸出者が日本までの輸送費用と、海上保険代金は、輸出者が負担する条件です。すでに輸送費を支払っているはずなのに、なぜ輸入者が負担する費用があるのでしょうか?これは、日本港「まで」の表現からわかります。実は、CIFは、日本の港につけるまでを条件としているため、そこから先の部分でかかる費用は、輸入者側が負担します。

2.税関申告用の書類(加算要素の証明書)

2つ目の目的は、通関用の書類です。税関への申告価格は、すべての諸費用を合計した価格(CIF)と決められています。CIFの最も一般的な加算費用は、次の通りです。

  1. 商品代金
  2. 日本に到着するまでの運送費
  3. 海上保険代金

この内、アライバルノーティスは、2番の輸送費の部分を証明する書類として活用します。具体的な通関での利用方法をご紹介します。

まず、輸出者が船積みを終えると、シッピングアドバイスの書類と共に、インボイス、パッキングリスト、B/Lなどの書類の写しがファックスやEメールなどで送付されていきます。輸入者は、これらの書類を送られてきたら、取引がある通関業者に再送付して輸入通関のための書類チェックと作成をお願いします。

通関業者から書類に関する質問や不具合の修正などいくつかのやり取りを重ねると、税関に対する申告の準備が完了します。このときの輸入書類は、インボイスパッキングリストなど、アライバル以外の一式が揃った状態です。(アライバルノーティスだけが無い状態で半分完成させておく)その後、船が入港する間際にアライバルノーティスが発行されたら、輸送費部分を加えた後、税関に対して「予備申告」をします。

税関の予備申告を受けている間、港では搬入作業が行われます。この搬入されるまでの数日を利用し税関の審査を受けます。予備申告の結果、税関審査が終了。かつ貨物の搬入確認ができしだい輸入許可が下ります。もし、税関検査のときは、検査の打ち合わせをし、検査を受けた後に問題がなければ輸入許可に至ります。アライバルノーティスは、輸入申告の内、輸送費部分を証明する意味で極めて重要な書類です。

関連疑問:搬入確認番号とは?

搬入とは、船から荷物がおろされてコンテナターミナルや保税倉庫に「保管」されることを意味します。そして、搬入確認番号とは、この搬入がなされたことを個別に確認したいときに利用する物です。搬入状況は、ナックスで確認できますが、まだ端末に反映されていなかったり、緊急の場合だったりするときは、直接、倉庫などに確認するときがあります。このとき搬入確認番号を使います。

具体的には、アライバルノーティスの下部に記載されている「CFS倉庫」又は「蔵置予定場所」の所に記載されている会社に電話をし「搬入番号○○●の貨物は、いつ搬入が完了する予定ですか?」などと聞きます。ただし、基本的には、このような確認作業も含めて、すべて通関業者が代行します。

【HDS】一括搬入と個別搬入 貨物を素早く受け取りたい!

アライバルノーティスは、税関申告における輸送費用の部分を証明するために活用するもの

アライバルノーティス の見方

アライバルノーティスには、様々な記載項目があります。ここでは、アライバルノーティスを上下に分割して、パーツごとに、それぞれの意味を説明します。

アライバルノーティスの上半分

アライバルノーティス

用語意味
1.SHIPPER(シッパー)輸出者
2.CONSIGMEE(コンサイニー)輸入者
3.PRE CARRIAGE積み替えの本船名(この貨物はニューヨーク→プサン→大阪と移動しています。)
4.PLACE OF RECEIPT荷受け地
5.OCEAN VESSEL積み替えの本船名(プサン→大阪の船です。)
6.PORT OF LOADING積み地
7.PORT OF DISCHARGE揚げ地
8.PLACE OF DELIVERY荷渡し地
9.ETA船が日本の港へ到着する日を示します。FCL(コンテナ)で輸入するときは、原則的に、このETAの翌日に搬入が上がります。LCLの場合は、翌々日に搬入があがるようになっています。関連記事:「搬入があがるってどういう意味?
10.Shipping Marks荷印(梱包箱などに示されているマークです)
11.B/LNOB/L番号
12.搬入確認番号倉庫に搬入(保管)されたのかを確認するための番号です。
13.フォワーダー(代理店)フォワーダー名が書かれています。
14.フォワーダー名(代理店)D/Oは、どこで交換できるのか?を示しています。
15.B/L TYPEB/Lのタイプを示しています。この場合は、WAY BILLであるため、B/Lの差し入れは不要です。
16.重量と容積貨物の物量を示しています。215.91kg 2.03M3=貨物の容積を表しています。この中でなじみが薄いのが容積だと思います。容積とは、縦、横、高さをかけて求められる値のことです。この計算によって、貨物が「どれくらいの空間を占有するのか」を求めています。

仮に重さだけを基準にすると「綿の1トン」と「鉄の1トン」では、大きな差が生まれてしまいますね。これでは不公平です。そこで重量と容積の両方を基準にするようにしています。輸入ビジネスでは、この貨物の総重量と容積によって輸送費が変わってくるため、ご注意ください。

アライバルノーティスの下半分

アライバルノーティス

番号意味
1.コンテナ番号コンテナを識別するためのコンテナ番号です。
2.Freight&Chargesフレイトプリペイド(輸出側支払い済)であっても、日本側の港ではチャージが発生します。
3.Exchange rateドルから日本円への換算レートを表示しています。
4.貨物搬入場所日本に貨物が付いたら「どこに搬入されるのか」を示しています。今回の貨物は、LCLであるため、コンテナから貨物を出した後、指定の倉庫(●●運輸倉庫)へ保管されることがわかります。 ここで注目したことがあります。それが「搬確」という部分です。搬確とは、搬入確認の略です。

いつコンテナから取り出されて、それがいつ搬入されるのか?は、輸入許可を受ける上で重要です。そのため、輸入者や通関業者は、この搬入確認のタイミングを電話などで聞くことがあります。その搬入確認をするときは、次の情報を示してほしいという意味になります。

5.振込先アライバルに記載されている料金は、こちらの口座へ支払います。支払うと、D/Oをリリースしてもらえます。
6.フレイト船賃がどのような支払い状態なのかを示します。この場合であれば、フレイトプリペイドになっているため、船賃は輸出国側で支払われています。この逆は、「フレイトコレクト」です。この場合は、輸出国で船賃が支払われていないため、輸入国側で支払う必要があります。FOBなど 関連記事:フレイトコレクトとプリペイドの違いとは?
7.D/Oに関する注意事項実際に貨物をピックアップするときのD/Oに関する注意事項を説明しています。
8.各種チャージ日本側で発生する諸チャージです。この費用を支払うことで、D/Oを受け取ることができます。実際に貨物を引き取るときは、自分が手配する運送会社に輸入許可書とD/Oを渡すか、ご自身の車などで引き取ることできます。
9.D/O交換先D/Oを交換するための場所が書かれています。ここへ行き、アライバルノーティスと、指定の現金または小切手を納付すると、D/Oを受け取れます。一般的に通関業者といわれる業者にお願いするときは、このD/Oのピックアップなどもすべて無料で行ってくれます。

以上がアライバルノーティスの見方です。少し、混乱する部分もあるかと思いますが、一つずつ意味を理解していけば、さほど難しくもないです。ご自身で受け取ったアライバルノーティスをご覧になり、再度、各項目の意味の確認をされることをお勧めします。それでは、最後によくあるアライバルに関わる困った事例と対処方法を2つほどご紹介します。

アライバルノーティスのトラブル事例

1.サレンダーの確認ができていないからD/Oを渡せない

これは、元地回収状態になっていない、かつ、D/O交換時にB/L原本を持参していないとき」に指摘されます。輸出国側でB/Lを差し出しているにも関わらず、この状況にあるときは、輸入国、輸出国側の双方のフォワーダーから、再度、元地回収の確認を依頼します。単なる外国間での連絡ミスにより、元地回収の情報に反映されていないことがあります。

もし、輸出国でB/Lの原本を差し出していないときは、B/Lの原本が届くことを待ちます。または、急ぎの貨物であるときは、貴社が取引している銀行に「LG」を発行してもらい、船会社にLGを差し出してD/Oを引き取ります。この場合、BL原本が到着したら、船会社にB/L原本を差し出し、LGを返却してもらいます。返却してもらったLGを取引銀行に返却して完了となります。

LCL貨物輸送必見!アライバルノーティスの諸費用計算ツール

まとめ

  • アライバルノーティスは、船の到着を案内する書類
  • 発行元は、船会社の代理店又はフォワーダー
  • 入港日の前日又は入港日の数日前に発行される
  • アライバルには、加算費用の合計を証明する目的とD/O取得の目的がある。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました