貿易のL/Gとは?B/Lなしで貨物を引き取りたい!

輸入ビジネス
この記事は約4分で読めます。

貿易をしていると、L/Gと呼ばれる書類を扱うことがあります。Letter of Guaranteeとは、保証状であり、輸出取引、輸入取引のどちらにも関係してきます。この内、今回は、輸入取引におけるL/Gの意味をご紹介していきます。

L/Gの意味

L/Gとは、信用状のことです。目的は「○○が○○になったら、それを保証します!」と宣誓することです。実際の輸入取引では、輸入者の取引銀行が「BANK L/G」を発行。輸入者は発行されたL/Gを使い、B/Lが未着の貨物を引き取ります。一体、なぜ、貨物を引き取るときにL/Gが必要になるのでしょうか? 順番に説明していきます。

輸入貨物を引き取るときに必要な書類

輸入貨物を引き取るときは「B/L(船荷証券)」が必要です。船荷証券は、輸出国で貨物を船会社に預けたときに発行される書類です。要は預かり券ですね!そして、貿易取引では、このB/Lの所有者を貨物の正当な所有者とみなし、輸入国側で貨物を引き取るときに船会社(代理店)に提出します。(WAYBILLやサレンダーB/Lに切り替えた場合は原本は不要)

輸入国で貨物を引き取るときに、B/Lの原本がいる。

B/Lが届く2つのルート

輸出者は、輸出国でB/Lを取得した後、次のいずれかの方法により輸入者側にB/Lを送付します。

  1. DHLや国際スピード郵便を使い輸入者に送付
  2. 輸出国側の銀行に書類を買い取ってもらう。

1番は、T/T決済(銀行振り込み)で支払いが終わっており、すぐに貨物を引き渡していいときの方法です。そもそもB/Lは、輸出者が輸入者に対して貨物を留保するための証券です。代金の回収も終わっており、いつでも貨物を引き渡して言いときは、1番の方法またはサレンダーB/Lにします。

他方、2番は、まだ輸出者と輸入者との決済は終わっていません。二者の間に銀行を入れて決済するからです。この場合、輸出者は、輸出地側の銀行に書類を買い取りを依頼。その後、輸出地側の銀行→輸入地側の銀行→輸入者と、買い取りが行われて、輸入者に書類が届きます。これがL/C決済の仕組みです。

hunadeのサービス

L/C決済は、間に銀行を通すことで、確実に資金の回収と貨物の受け取りができるため非常に安全度が高いです。しかし、書類が銀行経由でくるため、どうしても輸入者側に書類が届くのが遅いです。そのため、この影響により「貨物が書類よりも先に届いてしまう」問題が発生することがあります。

貨物を引き取りたい。でもB/Lが届いていないときの対処方法

日本から遠くない国からの輸入であり、その決済にL/C決済を取り入れていると、貨物が書類よりも早く着いてしまいます。しかし、いくら貨物が早く到着したとしても、B/Lの原本がない限り貨物を引き取れません。この問題を解決するのが「バンクL/G」です。

バンクL/Gとは?

バンクL/Gとは、銀行が保証する信用状です。

「書類が先についてしまっている。でもB/Lの原本がないから貨物を引き取れない」

上記の状態のとき、輸入者は取引している銀行に「バンクL/G」の発行を依頼します。銀行はL/Gを発行することにより「輸入者がB/L原本無しで、貨物を引き取ることによるすべての損害を保証します!」と宣言します。これにより、輸入者は、このバンクL/Gとアライバルノーティスに記載されている費用を支払うことで貨物を受け取れます。

バンクL/Gとは、B/Lの原本が未着の状態で貨物を引き取ることができる書類

B/Lが届いた後の処理

輸入者は、L/C決済が完了し、無事にB/L原本を入手したら、できるだけ早く船会社にB/Lを差し出します。B/Lを差し出すと、代わりに差し入れていた「バンクL/G」が返却されます。その後、輸入者は、取引銀行にバンクL/Gを戻し、一連の取引は完了します。ちなみに、バンクL/Gの発行をお願いした輸入者は、L/Gを受け取った日から返却する日までの間、銀行に対して保証費用を支払います。よって、B/L原本が到着したら速やかにLGを回収し、銀行に返却することが重要です。

まとめ

  • L/Gには、輸出と輸入で2つの意味がある。
  • 輸入におけるL/Gとは、B/L原本がない状態で貨物を引き取りたいときに利用する。
  • L/Gとは、銀行が保証する信用状。何かトラブルがあれば輸入者と連帯して責任を負う。
  • 輸入者は、L/Gを船会社に提出することで、B/Lの原本がない状態で貨物を引き取れる。
  • L/Gは銀行に返却するまで保証料金がかかる。できるだけ速やかに返却する。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました