【インボイス】貿易で使う意味 サンプル(見本)も掲載!

貿易書類のインボイスとは 輸入ビジネス
この記事は約9分で読めます。

インボイスは「いつ、誰から、何を購入したのか?」を証明する書類です。輸入者は、税関への輸入申告時に、このインボイスを用いて貨物の価格を証明。その後、必要な税金を納付して貨物を引き取ります。これが輸入時におけるインボイスの役割です。もちろん、この逆の輸出は、輸出用にインボイスを作成、それを現地の輸入者に送付します。輸入、輸出時を問わず、商品の価格を証明するのがインボイスです。

そこで、この記事では、インボイスの基本的な知識、見方、記載内容などをご紹介していきます。

貿易書類のインボイスとは

インボイスの意味

インボイスとは、貨物を販売する人(輸出者)が輸入者に当てた証明書類です。この証明書類には、次の3つの役割があります。

  1. 明細書
  2. 納品書
  3. 請求書

たった一枚の書類だけで上記3つの意味があります。

インボイスの役割とは?

なぜ、このようなインボイスが必要なのでしょうか? この理由は、税関への申告にあります。ご存じの通り、目的、手段を問わず、国外との間で、何らかの物品をやりとりする場合は、税関への輸入申告(輸出申告)が必要です。インボイスは、この輸出入申告をするときに証明する書類としての役割があります。

  • いつ
  • 誰から
  • 何の貨物を?
  • いくつ?いくらで?
  • どういう風にお金を支払って?
  • 原産国はどこ?

などの情報をすべて出した上で、関税法上、正しい課税価格(輸入の場合はCIF、輸出はFOB)を算出し、納税します。インボイスは、上記の項目部分を証明する資料として税関に提出するものです。もちろん、これは、一般の輸入取引だけではありません。輸出取引、EMSなどの小包を送るとき、海外で購入したお店のレシートも、広義のインボイスです。

輸入書類の一式例とは?

・インボイス
パッキングリスト
B/L
アライバルノーティス
原産地証明書
・イラストなど

なお、インボイスは、輸出者が作成し、輸入者が輸入申告のときに使います。また、インボイスには、プロフォーマインボイスとコマーシャルインボイスの2つがあります。プロフォーマは、仮契約のときのインボイス。他方、コマーシャルインボイスは、正式な売買契約した後の書類です。税関の輸入申告は、コマーシャルインボイスのみが有効です。

関連的な書類:領事送り状、税関送状

インボイス=いつ、どこで、何を、いくらで購入したのか?を証明する書類。輸入申告時は、コマーシャルインボイスのみが有効

インボイスが必要になるシーン

インボイス=一般商業輸入と考えがちです。しかし、実はとても身近な物でもインボイスはあります。

例えば、国際郵便のスピード版で有名な「EMS」は、付属のラベルだけで、インボイスと税関告知書の記入が終わる仕組みです。あなたが知らない間に、相手国の税関が確認するための書類が出来上がっているわけですね!

EMS

その他、次のようなシーンでもインボイスを使う(作成)ことが多いです。

  • 海外に荷物を送る。
  • 一般の貿易取引をする。
  • 商品を買い付けて日本に送るハンドキャリー
  • ebayなどの取引
インボイスは、一般商業輸入の他、小包輸送など、様々なシーンで使われている。どのようなシーンであっても、インボイスの役割は、各国の税関が貨物の価値を正しく判断するための書類である点で同じです。

インボイスに関する犯罪行為・アンダーバリューとは?

インボイスの金額を実際の金額よりも不当に安くして関税や消費税を安くする脱税行為があります。これを「アンダーバリュー」と言います。税関は、ナックスと呼ばれるシステムの中に、貨物の基準となる価格の幅を所有しているため、著しくはみ出る価格を申告すると、税関検査になりやすいです。

インボイスに記載するべき事項と見本

それでは、実際にインボイスを使って記載するべき事項と注意点を確認していきましょう!

インボイス 見本2

1.Shipper

荷物の輸出者を記載します。 例:氏名、住所、電話番号など

2.Consignee

輸入者(荷受人)を記載します。 例:氏名、住所、電話番号など

3.Notify party

貨物の到着案内の通知人先を指定します。つまり、アライバルノーティスの送付先のことです。多くの場合は、輸入者と同じため「SAME AS  CONSIGNEE」と記載されています。もし、何らかの理由で輸入者以外の第三者が通知を受ける場合に、この欄に記載します。

4.Port of loading

輸出国における空港、都市名、港名などを記入します。記載方法は、航空と海上輸送で少し違います。

  • 航空輸送の記載例:Bangkog, Thailand「Haneda, Japan」など。
  • 海上輸送の記載例:Nagoya, Jpan(港名+国名)が一般的

5.Port of distination

輸入国における空港、都市名、港名などを記入します。

6.Carrier

荷物を搭載する船名などを記載します。

例:EMSの場合→EMS 航空輸送の場合→by Aircraft、海上の場合→ SITC○○ V261E

7.SAILING ON or ABOUT

出港予定の日付です。

8.Marks

備考欄です。各梱包ごとにシッピングマークを振っている場合は、そのマークを記入します。

9.Description of Goods

貨物の要約を記載する場所です。必須ではありませんが、ここに「HSコード」を記載する方も多いです。ただし、輸出国側のコードが記載されているため、単なる目安にしかなりません。

例:Main Panel Systemなど

10.リマーク

ここには、貨物の原産国やインコタームズ上、トラブルになりやすい点を記載してくと良いです。

例えば、貨物の原産国とは「MADE IN JAPAN」などの記載です。これは、EPAや特恵税率など、有利な税率の適用を受けるときに重要です。その他、輸入貿易管理令(外為法)の関係から、輸入規制国の産品でないのか?を確認する意味でも重要です。その他、インコタームズに関する曖昧な部分を細かく規定する意味もあります。

例えば、EXWは、輸出国の指定ポイントでの引き渡により分岐します。よく「EXW=工場渡し」と考えますが、それは間違いです。輸出国の指定地であれば、どこでも良いのです。つまり、インボイスには、インコタームズでは、規定していない曖昧な部分も記載します。その他、「何年版のインコタームズなの?」、アメリカの場合は、FOBの概念が違う点も注意です。

11.支払い先情報

輸出者の受け取り口座情報を記載します。

例えば、ペイパルなど、その他の決済を利用しているなら、該当するアカウント情報を記載します。

12.INVOICE NO

インボイスナンバーと日付(インボイスの作成日)を記載します。インボイス番号の形は、特に決まっていません。各社、都合が良い番号を振っています。

13.Terms of Payment

支払い方法と期間などを記載します。

例: T/T、No Payment(無料の貨物)

関連ワード:TSU・BPO

14.SHIPPING MARK

荷印のことです。貨物と書類の整合性を高めるために任意のマークを外装等に貼り付けます。フォーマットは自由です。また、無理に記載する必要もなく、ブランク又は「N/M」とする方も多いです。

15.ユニット

ユニットとは、貨物の最小単位を示します。よって、この部分の表記方法は、取り扱う荷物により変わります。

16.アマウント

合計です。必ず「建値」も併せて記載します。なお、無償の貨物であるときは「26USD / N.C.V」などと表記します。

無料の貨物を輸入するときのインボイスの記載方法

17.輸出者のサイン

最後に輸出者のサインを記載します。サインをするこでインボイスの内容に責任を持つことを意味します。なお、サインは、手書きの証明、社印、印鑑など、どれでも良いです。

インボイスの作り方は?

インボイスの作り方・フォーマットは自由です。各社、それぞれの物を使っています。日本の場合は、仕入れ書に記載するべき事項として「関税法基本通達68-3-1」に規定されています。これらの項目を満たすようにエクセルなどで作成します。(あなたが輸出者の場合)

関税法上、インボイスに記載するべき必須事項

  1. 品名
  2. 種類
  3. 数量
  4. 価格
  5. 代金支払方法
  6. 輸出者と輸入者の居所と名称

なお、国際郵便やフェデックス、DHLなどは、このインボイスのテンプレートがあります。こちらも合わせてご覧ください。

国際郵便のインボイス
FEDEX
DHL

「図解」DHLの登録 内容の変更 インボイスを作成するには?

よくある疑問

最後にインボイスに関するよくある疑問を確認していきましょう!

インボイスとインコタームズ(貿易条件)の関係とは?

インボイスは、商品の価格を示す書類です。この中に、貿易条件を記載します。

例えば、インコタームズの内「DDP」のインボイスには、次の費用が含まれています。税関の輸入申告に対する価格は「CIF」を基準とします。つまり、下記でいうと、課税価格に含めるべき費用は、1番と2番のみです。そのため、建値がDDPのインボイスをそのまま課税価格にすると、過大な納税につながります。よって、必ずインボイスの建値を確認し、CIF価格に換算する作業をする必要があります。

  1. 国際輸送費
  2. 日本側の荷揚げ費用
  3. 通関費用
  4. 関税と諸税
  5. 日本国内配送
各インコタームズとインボイスの関係

上記の通り、インボイスの価格は、税関申告時に「CIF」に換算する必要があります。よって、貿易条件によっては、商品の価格に費用を足したり、引いたりすることが必要です。

例えば、建値がFOBであれば、国際輸送代金+保険代金などを商品代金に足します。EXWであれば、さらにさかのぼり、輸出国内費用を追加する必要があります。他方、DDPなどのD条件は、日本の港以降の代金を引く必要があります。CIFに換算するために追加するべき費用又は、控除するべき費用を証明することが重要です。

三国間貿易とインボイスの差し替えとは?

三国間貿易とは、物と金の流れの中に第三者が入ることです。この場合、間に入る人は、元のインボイスを書き換えて、新しいインボイスを輸入者に送付します。このときの書き換えインボイスのことを「リインボイス」または「スイッチインボイス」と言います。最近は、自由貿易のこともあり、このような三国貿易が増えています。

第三国輸送

インボイスの中に無償と有償の物があるときは?

インボイスの中に無償と有償の物があるときは、無償、有償と分けて記載し、どちらも普通に価格を記載します。その後、無償の貨物のみ、数字の横などに「N.C.V」と記載します。

輸出申告価格とインボイスの関係

輸出申告のときのインボイス価格は、それぞれ「FOB」に換算をした物です。

例えば、インボイスの建値が「CIP」になっている場合は、相手先国までの輸送費及び保険代金の合計を引いた価格がFOBです。これが輸出申告価格です。

まとめ

  • インボイスは、納品書、明細書、送付書の3つの役割がある。
  • インボイスは、相手国の税関が貨物の価格を知るために重要な書類
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました