容積重量の計算ツール 海上・航空・混載便に対応!

国際輸送
この記事は約1分で読めます。

海上・航空・混載便の容積重量計算ツール

海上・航空・混載便の料金は「レベニュートン」で決まります。レベニュートンは、実重量と容積重量の内、重い方を基準とする考え方です。容積重量は、海上、航空、混載便、それぞれの換算式により求めます。このツールは、三辺の長さと個数を入力するだけで容積重量がわかります。

海上運賃の容積重量

*注意点:数字はご自身で入力してください。右側の▲は使用不可

入力例: 10cm→ 0.1
1個→ 1

容積重量 合計: KG

*海上輸送の換算式:縦(m)×横(m)×高さ(m)×個数×1000

航空運賃の容積重量

重要ポイント:単位はセンチメートル

入力例: 10cm→ 10
1個→ 1

容積重量 合計: KG

*航空輸送の換算式:縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)×個数/6000

国内混載便貨物の容積重量

入力例: 10cm→ 0.1
1個→ 1

容積重量 合計: KG

*混載便の換算式:縦(m)×横(m)×高さ(m)×個数×280

関連記事

FCLとLCLの分岐点(境界線)計算ツール
国際輸送 容積重量の計算方法 実重量との違い。
ゼロから覚える航空輸送 運賃の計算方法 メリット・デメリット

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました