【貿易】容積重量の計算方法 1パレットのm3は?実重量

この記事は約6分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    国際輸送をするときや、日本国内でトラック輸送をするときは、貨物の重さが重要です。同じ距離を輸送するときであっても、送る荷物が重いほど、料金が高くなるからです。ただし、実は、重さに合わせて「送る荷物の大きさ=容積」も重要です。鉄の一キロと、綿一キロを比べると、同じ重さであっても必要とするスペースが違いますね。いわゆる「容積重量」です。

    そこで、この記事では、貿易(国際輸送)をするときに深く関係する実重量と容積重量の違いと計算方法についてご紹介していきます。

    国際輸送における実重量と容積重量

    「○○港から○○港まで輸送したい。このときの輸送料金を知りたい。」

    このようなときは「freightos」や「WFR」が便利です。輸送する港(空港)や貨物の重量や大きさを指定するだけで、オーシャンフレイト(海上運賃)の見積もりができます。ただ、このサイトを使うにしろ、国際輸送で重要になる容積重量と実重量の計算方法を理解しておく必要があります。

    国際輸送などの重さには2種類

    「重さ」と聞くと体重計などを連想する方が多いのではないでしょうか? 実は、国際輸送の重さは、体重計とは別の考え方があります。それが「容積重量」と「実重量」です。

    1. 実重量
    2. 容積重量

    実重量とは、実際の貨物の重さです。あなたが体重計にのったとき、メーターに表示されるのが、実重量です。一方、容積重量は「貨物の容積」から算出する重量です。国際輸送では、実重量と容積重量を比べて、重たい方を「貨物の重量」として考えます。

    • 実重量=実際の重さ
    • 容積重量=容積から換算する重さ

    一体、なぜ、実重量と容積重量が比べる必要があるのでしょうか?

    貿易で容積重量と実重量が大切な理由

    なぜ、貿易では、実重量と容積重量を比較・検討する必要があるのでしょうか? その答えが専有スペースにあります。

    例えば、一トンの鉄と一トンの綿は、どちらがよりスペースを取ると思いますか? 綿菓子を思い浮かべていただければわかりますが、スペースを取るのは「綿一トン」です。しかし、すでに述べた通り、実重量は、どちらも一トンで同じです。これが実重量だけを基準にして輸送料金を決められない理由です。

    Hunade

    実重量が同じ=占有容積は同じ

    とはならず、実重量と占有する容積(スペース)は全く違う可能性があります。そのため、貿易では、貨物の実際の重さと、貨物の容積から導く容積重量を比較検討して、重い方を貨物の重量とします。国際物流では、これをB/L上に「w/m(weight or measure)」と記載したり、容積勝ちや重量勝ちと言ったりしています。

    実重量と容積重量を比較して重い方=貨物の輸送代金を算出するための基準重量

    容積重量の計算方法

    容積重量の算出方法を確認していきましょう! 容積重量を算出するときは、貨物の容積と「係数」が必要です。

    1パレットは何m3? 貨物の容積の求め方

    円柱になっている商品は「直方体」として計算をします。では、ある商品を輸入するとして、この容積はどのように求めていくのかを確認していきます。

    貨物の容積の公式は、縦×横×高さ=容積です。仮に1m四方のパレットの場合は、次のように計算します。下の計算結果の「m3」=エムスリーといいます。これは、容積を表す立法メートルのことです。また、2つ目の30cmなどは、値を「m」に換算してから計算します。上記のようにまずは、貨物の容積を求めましょう。

    • 計算例1:1m四方のパレット → 1×1×1=1m3
    • 計算例2:30cm四方の段ボール→ 0.3×0.3×0.3=0.027m3
    • 計算例3:40cm四方の段ボールが40個→ 0.3×0.3×0.3×40=1.08m3
    その他の計算例

    0.2×0.15×0.1=0.003m3

    Hunade

    円柱の場合:0.1×0.1×3.14×0.5=0.0157m3

    Hunade

    係数とは?

    次に貨物の容積に決められた値(係数)をかけます。この係数は、輸送方法により変わり、主に3つあります。

    1. 航空輸送
    2. 海上輸送
    3. 混載便トラック

    1.航空輸送の容積重量の求め方

    公式:貨物一つあたりの縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)×貨物の個数/6000=容積重量
    計算例:単位はセンチである点に注意!

    縦50cm×横30cm×高さ10cmの貨物が10個ある場合

    50×30×10×10個/6000=25kg(容積重量)

    2.海上輸送の容積重量の求め方

    • 縦(m)×横(m)×高さ(m)×貨物の個数=全体の容積
    • 1m3=1000kgで容積重量を算出
    計算例
    • 縦30cm×横30cm×高さ30cmの貨物が50個
    • 実重量=1つ20kg(1000kg)
    1. 0.3×0.3×0.3*50=1.35m3
    2. 1.35×1000=1350kg(容積重量)

    実重量(1000kg)と容積重量(1350kg)を比較して「容積重量勝ち」のため、この貨物は1350kgを基準に輸送料金が決まります。

    1m3=1000kgに換算すること

    3.混載便トラックの容積重量の求め方

    混載便トラックの運賃計算も実重量と容積重量で考えます。B/L(船荷証券)には、貨物の重さと容積が載っています。この容積に対して「280」の数字を掛けたものが「容積重量」です。あとは、国際輸送と同じように、実重量と容積重量の内、重いほうを基準に配送料金が決まります。

    • 貨物一つあたりの縦(m)×横(m)×高さ(m)×貨物の個数×280=容積重量
    • B/Lに記載されている実重量とを比較する。
    計算例
    • 貨物の大きさ:縦30cm×横30cm×高さ30cmの貨物が10個
    • B/Lに重量280KGと記載されている。

    容積重量:0.3×0.3×0.3×10=75.6KG

    実重量280KGと容積重量75.6KGを比較すると、実重量の280KGの方が重い。よって、この貨物は「実重量勝ち」となり、280KGの貨物として配送料金が決まる。

    国内トラック便の容積重量は、貨物の容積に280をかける。

    コンテナに積載できる量を調べてみよう!

    以下の画像は、アリババで掲載されている商品です。赤枠部分を見ると、この商品の大きさが書かれています。「32*32*10」ですから「32cm×32cm×10cm」です。これらの数字から、この商品が「何㎥か?」を求めてみます。32cm×32cm×10cm=0.32×0.32×0.1。この商品一つ当たりの容積は「0.01024㎥」です。

    Hunade

    コンテナにどれだけ詰められるのか?

    コンテナに積載できる量と先ほどの商品の容積を割ってみます。つまり、これが積載可能量です。20フィートの空容積は30㎥です。しかし、実際はパレット(下に敷く台)なども一緒に積み込むため、この30の0.7掛け、つまり20㎥~が空の容積だと考えます。この空容積を商品一つの容積で割ると…

    20÷0.01024㎥=1953個です。したがって、この商品を20フィートで運ぶ場合は、めいっぱい詰めて約2000個輸送できると予想できます。あとは、輸送費用全体を2000で割れば、一つあたりの商品にかかる送料が計算できますね。すると、日本での輸入原価を求められます。

    容積重量の計算ツール

    HUNADEは、この容積重量と実重量を簡単に比較できる計算ツールを提供しています。よろしければ、ご利用ください。

    容積重量を簡単に計算できるツール

    輸入の見積もりツール 国際輸送・通関から販売原価まで算出

    FCLとLCLの違いとは?

    まとめ

    • 容積重量は、貨物の容積から換算した重量
    • 国際輸送代金は、容積重量と実重量の内、重いほうを運賃計算の基準とする。
    • 航空便の容積重量=貨物の容積(cm)/ 6000又は5000
    • 海上輸送の容積重量=1m3=1000kg
    • 国内トラック便の容積重量=1m3=280
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    見積もり依頼

    ■入力例 *わかる範囲でご記入ください。

  • 品目:マスク
  • カートンの大きさ: 10cm×20cm×5cm(不明の場合は不明と記載)
  • 重さ: 0.5kg/ケース
  • 個数: 100ケース
  • 備考: 輸送の際、●●が欲しい。通関を希望するなど
  • その他、国際物流の関連記事

    カイコン



    [スポンサードリンク]


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました