小口輸入の関税計算ツール(申告価格が20万円以下用)

小口輸入 関税 計算関税率と関税割当

小口輸入の関税計算ツール

一回の輸入総額が20万円以下、かつ商売目的=小口輸入するときの関税と消費税を計算できます。20万1千円以上または、個人使用目的で輸入する方は、下記のツールをご利用ください。なお、ツールに追加して欲しい項目・要望等があれば「連絡フォーム」にお願いします。(時間の関係上、返信はしません)

【必読】ツール使用上の注意点はこちら

関連ツール

関税計算ツール(関税率選択式)


 関税 ¥
消費税:¥

 関税 ¥
消費税 ¥

 関税 ¥
消費税 ¥

以下の商品は、一般税率を適用しています!

除外品目例:革製のカバン、ハンドバッグ、手袋、靴、ニット系(Tシャツ、セーター、ストッキング)、スキー靴、製品に「革」の材料を使っている物など。


関税合計¥
消費税合計¥

関税と消費税の合計:


関税計算ツール(関税率入力式)

関税率を手入力で入力したい方


 関税 ¥
消費税:¥

 関税 ¥
消費税 ¥

 関税 ¥
消費税 ¥

除外例:革製のカバン、ハンドバッグ、手袋、靴、ニット系(Tシャツ、セーター、ストッキング)、スキー靴、製品に「革」の材料を使っている物など。

関税合計¥
消費税合計¥
関税と消費税の合計:

「重要・必読!」ツールを使う上でのポイントと注意点

  • このツールは、一回の輸入価格が20万円以下。海外ショップから購入し、国際郵便等で輸入。それを日本国内で販売するのが前提です。
  • 送料は航空便の料率で加算されます。海外ショップの地域をご指定ください。
  • 1梱包の総重量とは、一つ又は複数の貨物を一つの箱にいれたときの重さ(ダンボールの重さを含む)を指します。
  • 20万円以下とは、商品価格+送料+保険代金+評価の合計(個人使用の0.6倍は認められない。)
  • 商売問わず、一品目の合計課税価格が一万円以下は免税(除外品有り)ただし、このツールは、免税を反映できません。
  • 評価とは、輸入港(空港)に着くまでに支払ったまたは支払うべき費用の合計
  • 評価例:運送費用、保険代金、金型費用、無料提供の役務、日本から送付する副資材など。
  • 按分とは、評価を合理的な基準で振り分けること。
  • 輸入元がEPA対応国の場合は、関税率はゼロの可能性が高いです。ツールは未対応です。

例:評価の合計が10000円、数量:商品aが10、商品bが20、商品bが70。

この場合は、商品aには、1000円を加算。bには、2000円、Cには7000円を加算します。つまり、商品価格+評価=課税価格であり、関税や消費税は、評価を含めた課税価格に対してかかります。また、ツール上に表示される「按分評価」は、この数量を基準にして分けている価格です。

2019年10月現在のEPA締約国一覧
シンガポールマレーシアタイインドネシアブルネイ
アセアン全体フィリピンベトナムインドモンゴル
オーストラリアメキシコチリペルースイス
CPTPP(TPP11)日欧EPA
今後増えるかもしれない!?
カナダニュージーランドRCEPFTAAP

小口輸入をする2つのメリット

一度に輸入する価格が20万円以下のときは、次の2つのメリットがあります。

  1. 複雑な関税区分を意識しなくても良い。
  2. 各種、証明書類が免除

1.複雑な関税区分を意識しなくても良い。

一般税率の場合、およそ10000にも及ぶ関税率から最も適用する物を選ぶ必要があります。この税率の選択ミスがあると、後から税関から指摘されて、場合によっては、追加で関税等の納付を求められことがあります。一方、簡易税率は、七つの区分から適切な物を選べば良いため、一般税率より作業負担が少ないです。

2.各種、証明書類が免除されることが多い。

少額輸入のときは、一般輸入で必要になる証明書類が免除されます。

例えば、04類のはちみつを輸入するときは「天然であることを証する書類」を提出する必要があります。少額輸入に該当するときは、この書類が免除されます。また、昨今、何かと話題になっている「EPA(自由貿易)」で使用する特定原産地証明書の提出も不要です。

簡易税率は、一般輸入で必要になる証明書類が免除されることが多い。

その他、小口輸入で便利な基礎知識

簡易税率
簡易税率を適用できない貨物
一般税率と簡易税率の違い。
TPP・EUから海外通販するときのポイント
小口輸入の意味と必要書類

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました