Density Cargo/デンシティ 高密度貨物の計算ツール

この記事は約3分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    「少しでも航空輸送代金を抑えたい」

    「現状の輸送代金に見直しを図りたい」

    と考えているときは、貨物密度(Density)を考慮しましょう。この記事では、Densrity  Cargoの意味と定義、計算方法をご紹介していきます。*記事の文章末では、Densrity計算ツールも提供しています。無料で使えるため、よろしければ、ご利用ください。

    貨物密度/Densityとは?定義と意味

    貨物密度は、ある一定の空間の中で運べる貨物の「密度」を示します。とても簡単に考えてみましょう。一メートル四方の容器があるとします。この中に、50のボールが入っているなら、50個のボール/m3、100のボールであれば、100個のボール/m3を運べると考えられますね!

    そして、仮にこのボールが一つ10kgだとすると.,…

    • 50個の場合=500kg/m3
    • 100個の場合=1000kg/m3

    と考えられます。つまり、同じ1メートル四方の空間を使う場合でも、一方は50キロ分の貨物を運んでいる。他方は、100kg分の貨物を積んでいることがわかります。

    同じ輸送スペースを使っているのに、運べる貨物重量が違う。

    この代表的な物が「鉄鋼製品」ですね。これらは、場所を取らない代わり、重量があります。このように容積の割りに重量がある点に注目した物が貨物密度(Density)です。

    航空輸送の料金は、輸送に必要な空間から計算する「容積重量」と実際の貨物の「実重量」を比較して、高い方を基準重量として、輸送代金を決めます。つまり、輸送スぺースが小さく、重量が大きい貨物を運ぶ場合(貨物密度が高い貨物)は、輸送会社にとっては、おいしい貨物に当たります。

    航空会社(フォワーダー等)にとっては….

    • 貨物密度が高い=料金を高くとれる。
    • 貨物密度が低い=とれる輸送料金の割にスペースをよくとる。

    貨物密度が高い貨物は、鉄鋼、鋼、鉄などがあります。一方、低い貨物には「綿」などです。

    荷主にとっての貨物密度とは?

    貨物密度が高い貨物は、輸送会社にとって「おいしい」です。一方、荷主側の立場から考えた場合、は、輸送料金の見直しができる余地があることを意味します。

    つまり…..

    • 貨物密度が高い=輸送料金の見直しを求める余地がある。
    • 貨物密度が低い=料金の見直しは難しい。

    貨物密度の基準と計算方法は?

    では、実際に貨物密度を計算してみましょう。貨物密度の基準と計算方法は次の通りです。

    貨物密度の高い、低いの基準例は、以下の通りです。(定義の一例であり、絶対的な物ではないです。)

    • 貨物密度が高い=1000kg/m3以上
    • 貨物密度が低い=999kg/m3以下

    貨物密度の計算式

    貨物密度の計算式は、Mass(貨物の重量) /Volume(貨物の容積)です。

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス

    例えば、次の条件で計算をしてみましょう!

    • 貨物の重量 10kg(1個)
    • 縦、横、高さ それぞれ10cm
    • 個数 100個

    (10×100) ÷(0.1×0.1×0.1)×10010000

    上記の場合であれば、基準の1000/KGを超えているため、高密度貨物。つまり、値下げの要求をする余地があると判断できます。

    貨物密度を計算する場合の注意点

    貨物密度を計算するときは、パレット、木枠などを含めて、縦、横、高さを測定します。もし、複数の貨物がある場合は、各密度を合計して求めます。

    Density Cargo

    貨物密度の計算ツール

    HUNADEは、貨物密度の計算ツールを提供しています。よろしければ、ご利用ください。なお、以下の重量は、貨物の合計重量を指します。(例:個数が100なら、100個分の合計重量)

     






    合計: m3
    合計: kg

    >>今すぐ、海上や航空の見積もり依頼をする

    航空輸送の見積もり方法 運賃の計算、ピークシーズン等を紹介

    【国際物流】値下げ要求の前に知ること 最適な提案を受けるには?

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました