バンコク/タイの三大卸売り市場 サンペン、ボーベー、チャトゥチャック

チャトゥチャック市場 タイ
オリジナル加工もしてくれる
この記事は約8分で読めます。

「初めて東南アジアに行くなら、どこがいい?」この質問を受けたら、間違いなくタイのバンコクをお勧めします。何と言いましょうか…日本の街にはない「活気」があります。ここでいう活気とは「明日の発展を夢見る雰囲気?」とも言えます。とにかく、東京、大阪にはない物がタイのバンコクにはあります。

さて、そんなバンコクには、中国をはじめとした世界各国から様々な商品が集まります。当然、それら商品を扱う業者が誕生します。また、これらの業者が一つの地域に集まり「市場」を形成します。そして、この市場に、世界中のバイヤーまたは、一般消費者が集まります。このような流れによって誕生したのが以下の3つの卸売り市場です。

  1. チャットチャック市場
  2. ボーベー市場
  3. サンペン市場

そこで、この記事では、これら三つの卸売り市場に関する情報をお届けします。特に、日本で販売するために、タイで商品を購入したい方には、おすすめの情報です。

ボーベー市場

タイの三大卸売り市場とは?

タイのバンコクには、さまざまな市場があります。市場には、場所ごとに特色があり、色々と見て回ると楽しいです。

例えば、ある市場では、骨董品だけ~、植物(サボテンなど)だけ~、アパレルと宝石だけ~、宝石の原石だけ~などです。今回の三つの市場は、主に「卸売り=商売目的で購入したい人」に最適な場所です。つまり、ある程度の量をまとめて購入すれば、商品の単価をぐっと下げてくれるところです。=主に業者向けの販売です。

三大市場の位置関係

まずは、三大市場の位置関係を確認しておきましょう。下の図は、三つの市場をグーグルマップ上に表示しています。ご覧になるとわかる通り、チャットチャックだけがぽつんと離れています。

タイ 三大卸売市場

もし、スマホのグーグルマップなどで確認したいときは、以下のリンクをクリックすると、マップが起動します。それでは、各市場の特徴、場所、行き方、時間帯などを順番にご紹介していきます。

1.Chatuchak(チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット)

チャトゥチャック

チャトチャック

 

ウィークエンドという名前で勘違いする方も多いですが、ここは、ウィークエンドに行ってはならない場所です。ウィークエンド(土日)は、主に素人向けの販売です。プロ向け(卸売り)は、毎週、金曜日の18時以降に行われています。

Chatuchak

チャトゥチャック市場の行き方

・BTS: (N8) Mo Chit Station (Sukhumvit Line)1番出口
・MRT:Kampang Phet
・バス:カオサンからは、524番のバスまたは、3番のバス。バスの時刻は、ホテルに聞きましょう!

チャトゥチャック市場

チャトゥチャック市場

チャトゥチャック市場

チャトゥチャック市場

チャトゥチャック市場

チャトゥチャック市場 タイの巨大な卸売を体験できる!
オープン日 ・植物セクション:水曜日・木曜日AM7時~PM6:00
・卸売りのみ:金曜日・PM6時~PM12時←卸購入したい人はお勧め
・全市場(卸売り・小売り):土曜日と日曜日 AM9時~PM6時
主な製品 ガーデニング用品、キャンドル、シルクストール、シルバージュエリー、宝石、ファッション、フルーツペット用品、衣料品、革製品、靴、骨董品、磁器、植物、食品、石装飾品、家具、日用雑貨、宝飾品、民芸品、木製工芸品、腕時計など
両替情報 チャトゥチャック市場の近く、MRTチャトゥチャック市場パークのメトロモール内にスーパーリッチがある。

場内の様子

場内の配置

チャットチャックの配置は、次の通りです。>>場内案内図の拡大写真

セクション 主な販売品目
1、29 アンティーク、アクセサリ、伝統工芸品、本
2~4 流行のファッション&アクセサリ
5~6 古着
7 絵画
8 スパ系
9~11 ハンドクラフト、造花
12、14/21~24 アクセサリ、シューズ
13 ポストカード、ペットコーナー
15、19、20 テーブルウェア、陶器、シルバー
16、17、18 服、ハイキング用品、革製品
25 シルク関連
26 アンティーク、フォトフレーム
27~28 ハンドクラフト、本
30 雑貨

その他のポイント

  • 15000店ほど、合計26のセクション有り
  • 週末は20万人が訪れる。
  • オシャレな服は、セクション1~4(女性向けはココ!)
  • 古着は5・6を狙う。
  • 注意事項:サイテス関連品に注意(ワシントン条約)
  • 市場内に国際配送を請け負う業者あり。例:5ドル/KG
  • 卸売りと小売りの両方があり
  • トイレは、チャトチャック内は5バーツ。市場奥にある新しいモールは無料
  • 丁寧に確認すると一週間以上かかる。
  • 同じアイテムを3つ以上購入すると値引きしやすい
  • BTSのフリーパス券があると便利
  • Chatuchakガイドアプリをダウンロードすると便利です。

Chatuchakガイド

関連記事:チャトゥチャックガイド(アプリ)の使い方 これで迷わない!

2.Bobe Market(ボーベー市場)

ボーベー市場

タイ・バンコクのボーベー市場 衣類の卸売専門市場
場所 ボーベータワーを中心として赤枠で囲われているエリア全域
時間帯 AM6:00~AM8:00頃からpm4:00~5:00迄。13:00を過ぎると片付け始める。昼と夜は、売主がバトンタッチする!
主な製品 アパレル中心の市場、赤ちゃん用品、子供服、メンズ、ジーンズ、帽子、コート、tシャツなど。特に子供服の種類が豊富です。

行き方

鉄道 ・BTS National studiumから徒歩30分(2.1km)
・Yommaraj rairway stationから徒歩9分(750m)
バス 53番ライン:「ป้ายรถประจำทาง ตลาดโบ้เบ้ 1」で下車
ボーベーマーケットの船着き場あります。

船でボーベーマーケットに行く方法

例えば、プラチナムマーケットなどと合わせていく場合は、BTSチットロム駅を下車した後、次のように進みます。

ボーベー市場 行き方

下に降りることなく、そのまま進めます。右側に以下の建物が出てきたら右方向に進みます。そのままモールの中を突き進むようなイメージです。(詳しくは動画)

ボーベー市場 行き方

モールから出た後、道路を歩いていくと、下の橋が見えてきます。ここがボーベー市場に行ける船の乗り場の一つです。(他にも多数あり)チットロム方向から歩いてくると、赤→方向がボーベー市場です。

乗船料は9バーツです。乗船後、席に座っていると、かかりの人が回収にする形です(切符などはなし)10バーツを用意した方が良いです。時間は、10分から15分少々です。また、水が非常に汚いため、水しぶきがかからないように内側に座ったり、ビニールの壁を持ち上げるのがおススメです。

ボーベー市場 行き方

タイ・バンコク 水上ボートの乗船風景

チットロム駅からの徒歩経路(約10分~15分)

船を下車すると、目の前がボーベー市場です。   ボーベー市場 行き方

ボーベー市場には、激安のアパレル品が所せましと並んでいます。ボーベー市場 行き方 ボーベー市場 行き方

帰りも同じ所から乗れば、プラチナム方面(チットロム方面)に帰れます。

ボーベー市場 行き方

乗船料金の詳細は、次の通りです。

タイ 水上バス 時刻表

出典:http://www.md.go.th

その他のポイント

  • 夜間には他の売り手が継承され、別の日の夜明けまで売られます。
  • 特に子供用商品の卸売り業者が多い。
  • 巨大なので1日以上の滞在日数が必要
  • 参考価格:男性用製品 100バーツ~200バーツ/枚
  • 値下げのコツ、同じ商品を少なくても3枚~6枚以上購入する
  • Bobae Marketの真ん中にあるプリンスパレスホテルがポイント

3.Sampheng Market(サンペン市場)

サンペン市場

生地、手芸品等がとにかく安く販売されています。全長約1キロの小道に、お店がびっしりと並んでいます。

Sampeng Market

場所 Yaowarat rd界隈
鉄道 MRT:Hua Lamphong(ファランポーン)からタクシーで5分。徒歩で20分ほど
バス:1、4、7、21、25
時間帯 AM3時~夕方(遅くても午前9時までに行くこと)
主な製品 アパレル、アクセサリ、シューズ、文房具、バッグ、ハウス用品、DIY、キャンドル、石鹸の花、おもちゃ、化粧品、子供用品、コットン(生地関連品)、コスチュームなど
その他 購入は6個または12個単位が原則。ただし、単品価格が200バーツを超えるものであれば、単品購入できる可能性があり!アクセサリー関連品は、100バーツほどで販売されています。

サンペン市場 サンペン市場

基幹記事:東南アジアのトビラタイと貿易の始め方!

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました