初めての個人輸入ガイド 貿易経験ゼロでもできる!

この記事は約27分で読めます。

「日本にはない物を海外から購入したい」と考える方は多いです。この記事では、初めて海外通販をするときのポイントをご紹介していきます。全体で15000文字ほどの構成です。よろしければ、以下の目次又は、左のサイドバー(PC限定)をご活用くださいませ!

記事の前半→ 超初心者向け解説
全体メニュー→ 個人輸入メニュー
記事の後半→ 中級以降向けの解説

【PR】個人事業主、小規模法人のための通関代行サービス

  1. 個人輸入のガイドライン
    1. 個人輸入3つの方法
      1. 1.ネット通販サイトで購入
      2. 2.現地で商品を購入して持ち帰る
      3. 3.輸入代行業者を通して購入
      4. 付随サービス:転送とは?
    2. 最低限、覚えておきたいこと
      1. 1.輸入できない物や難しい物がある。
      2. 2.詐欺サイトに騙されたら取り返すことは難しい。
      3. 3.販売目的と個人使用は別物!
    3. 個人輸入にかかる5つの費用
    4. お金の支払い方法と配送期間
      1. 主な決済方法
      2. 配送期間
    5. 個人輸入のメニュー
    6. 個人輸入は簡単!
      1. 個人輸入の定義
    7. 個人輸入3つの魅力
      1. 1.個性的な商品を見つけられる!
      2. 2.国内販売価格より安く購入できる!
      3. 3.英語は大の苦手。でもネットで手軽に輸入!
    8. 輸入規制「できる・難しい・禁止」の物は?
      1. 1.個人輸入が難しい商品
        1. 薬、化粧品の輸入も注意
      2. 2.個人輸入が禁止の商品(禁制品)
        1. 税関に引っかかりやすい物の例
    9. 個人輸入を楽しむ2つの方法
      1. 1.現地調達、海外から携帯して持ち込む
      2. 2.日本にいながらネットショップで購入する
    10. 個人輸入のトラブル/注意点/問題点10選
      1. 1.個人使用の転売は犯罪
      2. 2.思わぬ関税率の高さに注意
      3. 3.数量制限
      4. 4.偽物品の横行
      5. 5.「商品が届かない」
      6. 6.ワシントン条約
      7. 7.共同購入の違法性
      8. 8.衣類のサイズ違い
      9. 9.アメリカの長さ・重量の単位
      10. 10.重量物の輸入
    11. 個人輸入/海外通販の税金(輸入税/関税及び消費税)
      1. 1.商品代金(課税の価格)
        1. 商品代金と関税の計算方法
      2. 2.関税率と減税や免税
      3. 海外旅行者の携帯品の免税とは?
        1. 携帯品免税の品目例
      4. 海外通販に適用される関税とは?
      5. 関連:関税や消費税、通関手数料を支払うタイミングは?
    12. 6.個人輸入の通関手続き3パターン
      1. 1.海外で商品を購入。手土産として持ち込む
      2. 2.郵便、国際宅配便の輸入通関
        1. 1.郵便系の配送
        2. 2.民間系の配送
      3. 3.一般貨物の輸入通関
    13. よくある疑問
      1. Q.個人輸入で人気がある商品は?
      2. Q.輸入相談
      3. Q.保険は必要?
      4. Q.20万円、30万円、24個、0.6の意味とは?
        1. 20万円の意味
        2. 30万円の意味
      5. 24個ルール
        1. 0.6ルール
      6. Q.並行輸入とは?
      7. Q.国内配送はどうなる?
    14. 英語は苦手!難しいことも苦手な人は、輸入代行がお勧め!
    15. まとめ

個人輸入のガイドライン

[スポンサードリンク]

「個人輸入」には、次の2つの意味があります。

  • 個人的な使用目的で輸入すること
  • 商売目的の商品を少し輸入すること

個人使用目的での輸入=関税や法律の規制を緩くするかわり、販売は不可
商売目的での輸入=関税や法律の規制を厳しくするかわりに、自由に販売可能

あなたの個人輸入は、商売目的ですか?それとも個人目的ですか?

【PR】個人、個人事業、小規模法人向けの輸入通関代行サービス

個人輸入3つの方法

海外から商品を購入。何だかとても難しく感じます。しかし、ご安心ください。2020年現在、インターネットの発達によって、誰でも簡単に海外ショップから商品を購入できます。しかも、ウェブサイトの翻訳機能があるため、大の英語嫌いでも購入できます。

とはいえ、海外通販は、取引先の相手が海外にいるため、日本の感覚だと、思わぬ詐欺被害にあいます。この記事で個人輸入のメリット、デメリットも感じて頂けると良いです。海外通販には、大きく分けると次の3つがあります。

  1. ネット通販サイトで購入
  2. 海外で商品を購入
  3. 輸入代行業者を通して購入

1.ネット通販サイトで購入

海外のアマゾンから商品を購入~など、海外ECショップから商品を輸入する方法があります。この場合は、あなたは、日本にいながら、商品”だけ”が日本に到着します。商品が日本側に入ってくると、ほぼ自動的に通関が行われて、あなたの元に届きます。(20万円以下のとき)感覚的には、日本国内のネットショップで商品を購入するのと同じくらい簡単です。

2.現地で商品を購入して持ち帰る

海外旅行などに行き、現地で商品を購入。その後、手荷物として持ち込むのも輸入です。この場合、あなたと商品が一緒になって日本に着きます。日本到着後は、空港の税関職員に申告をして貨物を輸入します。空港への到着間際に渡される黄色の紙をご存じですね? まさにあの黄色の紙を税関に提出が輸入申告です。

「海外旅行」入国者/携帯品の簡易税率の仕組み 免税と課税

3.輸入代行業者を通して購入

最後は、輸入代行と呼ばれる輸入方法です。「代行」という名前からわかる通り、注文や決済などをあなたの代わりに代行業者が行ってくれます。

例えば、海外アマゾンなどを見ていて、どうしても自分で商品を買うのが厳しいときは、商品のURLを代行業者に伝えて代わりに商品を購入してもらいます。後は、業者の指示に従い入金を済ませて、自宅で商品を待つだけです。この3つの中では、最も楽な輸入方法です。しかし、代行業者が間に入る分、少しだけ高くなることに注意が必要です。

付随サービス:転送とは?

商品を輸入するときは、国際送料も大切です。どんなに安い商品を仕入れたとしても、国際送料を含めて考えると、日本での販売価格と変わらないことも多いです。また、違う事例として、日本への発送をしないショップもあります。この場合「転送業者」を使います。転送業者は、外国において、荷物を代わりに受け取った後、日本の指定住所に転送してくれます。

あなたは、どんな方法で輸入しますか?

最低限、覚えておきたいこと

実際に海外通販(輸入)をするときは、最低限、気を付けたいことがあります。実は、他にもたくさんありますが、ここでは最低限、覚えておきたいことだけを確認していきましょう!

  1. 輸入できない物や難しい物がある。
  2. 詐欺サイトに騙されたら取り戻すことは難しい。
  3. 販売目的と個人使用は別物扱い。

1.輸入できない物や難しい物がある。

原則、日本は、自由に輸入を認めています。しかし、一部の商品には、規制があります。

  • 輸入禁止の品=輸入禁制品
  • 輸入が難しい商品

例えば、禁止物品は「輸入禁制品」として税関がリストアップしており、ここに記載されている物は、一切、輸入ができません。一般的な個人輸入は、「商標権の侵害侵害貨物」や「ワシントン条約の規制品」などに該当することが多いです。

他方、輸入が難しい商品とは、輸入自体を禁止しているわけではない。しかし、使用量や用途が厳しく制限されている物があります。代表的な物は、薬や化粧品です。特に薬は「薬害」や、医療業界に既得権益の関係から厳しく制限されています。この部分を詳しく見たい方は、こちらをクリック!

医薬品の輸入代行は危険!やめた方が良い理由

2.詐欺サイトに騙されたら取り返すことは難しい。

当サイトにも「海外サイトに騙された」と相談をする方が多いです。海外通販は、日本国内の法律が適用されないため、被害の救済はほぼされないと考えた方が良いです。例え、それが大きな金額であったとしても、ほとんど取り返すことはできないと考えましょう。

とはいえ、必要以上に怖がることはありません。現在は、クレジットのチャージバックやペイパルの買い手保護プログラム、エスクローなどの仕組みによって、必要以上に警戒を解かなければ、詐欺にあう可能性は非常に低いです。詳細は、以下のリンクをご覧ください。

3.販売目的と個人使用は別物!

輸入するときは、その「目的」が重要です。目的とは、以下2つです。

  1. 個人使用目的
  2. 商売目的

個人使用目的とは、有償・無償問わず、誰にあげない。売らない。自分のためだけに使うことを言います。他方、商売とは、輸入した商品を販売目的で所持することです。実は、この目的の違いによって、商品の価格に対する考え方が変わります。つまり、これは、支払うべき関税や消費税の額に関係してきます。この部分を詳しく知りたい方は個人使用と商用の線引きをご覧ください。

ビジネス目的での輸入を考えている方は、以下2つの記事をお勧めします。

個人輸入にかかる5つの費用

個人輸入では、「最大」で5つの費用が掛かります。”最大”との表現通り、これよりも少なくなる場合(減免措置)も十分にあります。

  1. 商品代金
  2. 送料
  3. 関税と消費税(関税や消費税の計算は、6割ルールあり)
  4. 保険代金
  5. 通関手数料(数百円)

配送代金は、日本への送料は、海外のネットショップから日本のお届け先までの料金のことです。商品購入時の配送手段に選択によります。配送先、商品の大きさ、容積、配送期間等の条件により、国際配送料金が決まります。ある一定の大きさ以上の商品(例:家具等)を輸送する場合は、配送部分を別の専門業者(フォワーダー)に依頼もできます。

また、商品が日本に到着。これを受け取るときには、商品の原産国や種類によって関税や消費税が発生する可能性があります。関税と消費税は、輸入する商品や、商品価格などの複数の項目で納めるべきかが変わるため、商品の合計額だけで正確な関税を計算はできません。

ざっくりと計算→商品価格に対して20%前後(1.2)をかける。

詳しくは、以下の関連記事をご覧ください。

お金の支払い方法と配送期間

主な決済方法

個人輸入の決済方法は、大きく分けると次の2つです。

  1. クレジットカード
  2. ペイパル

海外通販サイトでの決済は、クレジットカードが一般的です。その他、ペイパル、銀行振り込みともありますが、ほとんどクレジットカードです。もし、海外サイトでのクレジットカードの使用に不安がある場合は、コンビニで購入できるプリペイド型のクレカを検討しましょう。

また、クレカとペイパルの使い分けは「万が一の解約性」で考えます。

例えば、一カ月に一度、継続的に課金される商品やサービスがあるとしましょう。初回の購入時は連絡が取れたけれど、二回目以降の決済をとめようとしたら、相手と連絡が取れない場合があります。この場合できる手段は、次の2つです。

  1. 相手の返答を辛抱強く待つ。
  2. 自分のクレカを解約して作り直す。

多少、強引ではありますが、自分のクレジットカードを解約することが唯一の対処方法です。もちろん、解約をすると、番号が変わるため、その他のサービスでもクレジットカードの変更が必要です。非常に面倒ですね!そこでペイパルがあります。

ペイパルには「継続課金」の仕組みがあります。しかし、同時にバイヤープロテクションの機能があるため、万が一、販売者が解約に応じてくれない場合は、買い手側から異議申し立てをして請求をとめられます。

したがって、もし、継続的に商品を購入する場合は、万が一のことを考えて、ペイパルを通して決済することをお勧めします。

海外通販の支払い方法 ペイパル? クレジット? 安全なの?

配送期間

例えば、海外のネットショップで商品を購入。その後、日本に配送されてくる場合を考えてみましょう!海外サイトで決済をするときに配送業者を選べます。このとき、配送料金として追加で費用を支払う程、より早く商品を受け取れます。

期間の例:アメリカで購入した商品(航空便)→1~2週間で到着、船便→2カ月で到着

この配送業者が違うだけで、一週間、二週間とずれることはよくあります。やはり求めるサービスを上げるなら、それ対する費用もあがると考えることが重要です。

以上、個人輸入の簡単説明です。これよりもさらに詳しく知りたいときは、このまま記事を読み進めるか、興味があるメニューをお選びください。

個人輸入のメニュー

知りたいことをクリックしてみましょう!

【PR】個人輸入の通関サポートはこちら!

個人輸入は簡単!

個人輸入と聞くと、何だか難しいイメージがあります。英語で注文する不安、トラブルへの対処など、心配の種は尽きません。しかし、ご安心ください。実際、個人輸入と言っても、日本でのネットショップピングとほとんど同じです。

気に入った商品が見つかったら、ショッピングカートに投入して決済します。決済を済ませたら、あとは自宅で待つだけです。購入した商品は「国際配送」「税関手続き」などが自動的に行われて、配送先(自宅)まで届きます。荷物が自宅に届いたら、配達員の方へ、関税や消費税などを支払い荷物を受け取ります。

個人輸入という言葉に少しだけ壁を感じますが、その内容は、ほとんど日本でのネットショッピングだとわかります。ぜひ、あなたも海外通販にチャレンジしていただきたいと思います。そこで、この記事では、個人輸入(海外通販)するときに必要な基本的な知識を網羅的にご紹介していきます。

個人輸入の定義

個人輸入とは「自己が自己のために使用・消費する目的で輸入する物」と定義されています。少し難しい言い方ですね。要するに、輸入目的が「商売か?」「個人使用なのか?」を説いています。そして、目的に応じて次のように定義することが多いです。

  1. 個人輸入=個人使用目的の輸入
  2. 商売目的輸入=小口輸入又は一般商業目的輸入

以下、この記事では、1番の「個人輸入」を前提に説明していきます。関税法では、この輸入目的によって、適用される関税率や減免措置、輸入規制が変わるため、ご注意ください。

例えば、次の輸入は、すべて「個人使用」の輸入には該当しないです。

  • 額に関わらず商売目的で輸入すること
  • 誰かのために輸入すること
  • 有償・無償関わらず、輸入した物をあげること
  • 誰かの代わりに輸入すること

個人輸入3つの魅力

個人輸入には、次の三つの点に魅力があります。

  1. 個性的な商品を見つけられる!
  2. 国内販売価格より安く購入できる!
  3. 英語は大の苦手。でもネットで手軽に輸入!

1.個性的な商品を見つけられる!

輸入会社が何かを輸入するときは、最も「平均的に売れる商品」を販売します。ついつい無難な商品を輸入することが多いため、どうしても輸入品には「個性が少ない」「とびぬけて面白い商品がないこと」があります。自分で個人輸入をすれば、日本では購入できない商品を色々と見つけられます。

2.国内販売価格より安く購入できる!

個人輸入をすれば、海外のショップ→あなた と物が移動するため、中間の業者の利益が入らず、商品を安く購入できます。仮に、輸入した価格に関税や消費税などを支払ったとしても、トータル的にみると、日本のお店よりも安く購入できる場合が多いです。

3.英語は大の苦手。でもネットで手軽に輸入!

商品を輸入するときに気になるのが「英語」です。商品の購入から代金の決済まで、すべて英語で行うのは、何かと不安です。でも、ご安心ください。最近は、翻訳機能も正確さも大きく向上しているため、どんな英語ページも一瞬で日本語です。しかも、商品選びから、代金、配送までをすべてネット上で終わらせられるため、何も心配はいりません。

輸入規制「できる・難しい・禁止」の物は?

個人輸入かつ人気がある物は、革靴、革関連製品、ブランド品、ニット製品、ワイン、薬、アパレル、化粧品、食べ物などです。基本的に一部の例外品を除き、どんな物でも輸入はできます。ただし、一部の商品は、輸入が難しかったり、禁止されていたりします。中には、一万円以下免税ルール(輸入する価格の合計額が一万円以下の場合、関税と消費税を免税にする仕組み)を適用できない物もあります。

  1. 個人輸入が難しい商品
  2. 個人輸入が禁止の商品

1.個人輸入が難しい商品

海外製の化粧品や薬などは、輸入が難しい商品として有名です。「健康被害を防止すること」を目的として、個人輸入でも輸入数量を規制しています。口紅であれば、種類やサイズに関わらず、24個までの輸入しか認められていません。飲み薬(サプリメント含む)であれば2か月分が上限です。

  • 肌につける化粧品
  • サプリメントを含む薬
  • 健康補助食品、マッサージ機器、美顔器などに該当する利用機器
  • 肉関連品、観葉植物や果物など。
  • 粉ミルクや米、小麦など
薬、化粧品の輸入も注意

海外から薬や化粧品を輸入する場合は、個人的な使用×既定の数量以内の2つが絶対的な条件です。個人輸入した薬や化粧品等をメルカリ等で販売する行為は「薬機法違反」に該当するため、十分に注意しましょう!特に女性は注意されると良いです。

2.個人輸入が禁止の商品(禁制品)

輸入が禁止されている物もあります。これを「輸入禁制品」といいます。違法な薬、爆発物、偽造紙幣、他人の権利を侵害する物、ワシントン条約対象品などです。

例えば、商標権の侵害品です。商標権は「真に権利を持っていない人」が作成した商品を商売目的で、輸入するときに問題です。主な物は、偽物のブランドバッグや財布、服などがあります。正規の権利を持っていない人が作った商品を販売目的で輸入するのは禁止です。ただし、この商標権の侵害と「並行輸入」は違うため、混同しないようにしましょう!

関連記事:輸入できないリスクを考えている?

税関に引っかかりやすい物の例

輸入時に税関にひっかりやすい商品は、次の物があります。

  • ワシントン条約に違反する物
  • 商標権等を侵害するブランド品
  • 「脱毛器具等」の美容関連品
  • 既定以上のサプリメント

例えば、海外からベルト、財布、ハンドバッグ、毛布等、サボテン等を輸入する場合は、ワシントン条約で規制されていないことが条件です。(特にワニ、ダチョウ、蛇、虎革は注意。)

関連記事:海外からお土産として持ち込むとき「ワシントン条約の特例措置

個人輸入を楽しむ2つの方法

個人輸入といっても、実はいくつかの方法があります。大きく分けると、次の2つです。

  1. 海外旅行から帰国したときに携帯して持ち込む
  2. 日本にいながらネットショップで購入する

1.現地調達、海外から携帯して持ち込む

海外旅行などにいき現地で購入、それを日本に「携帯」して持ち込む方法です。この場合、海外旅行者の携帯品に関する関税率表を基にして、関税や消費税等が計算されます。そして、持ち込む手荷物の合計課税価格が20万円以下、または、個別の商品が一万円以下の場合は、免税です。

海外でたくさんのお土産を買ってしまい、一緒に持って帰れないときは「別送品」として申告します。別送品とは、あなたとは、別に送る貨物にも「旅行者の携帯品免税を適用」する仕組みです。別送品の扱いを受けるときは、海外ショップで「別送品」として発送する旨を伝えた上で、日本に入国するときに別送品申告書を提出しておきます。

関連記事:
ハンドキャリー(旅具通関)の始め方
ハンドキャリーのインボイスの書き方

2.日本にいながらネットショップで購入する

個人輸入のイメージにピッタリなのは、日本にいながら海外通販サイトで購入する方法です。(少額輸入の簡易税率」が適用される)有名海外ショップは、アマゾンアリエクスプレスアリババグーグルショッピングなどがあります。もし、輸入に不安があるときは「バイマ」などを使い、現地在住者(日本人)から商品の購入もできます。ただし、この場合、輸入品の価格には、現地のVATが含まれるため、専門の転送業者を使い、日本に荷物を転送してもらった方が良いです。

個人輸入のトラブル/注意点/問題点10選

  1. 個人使用の転売は犯罪
  2. 思わぬ関税率の高さに注意
  3. 数量制限
  4. 偽物
  5. 届かない
  6. ワシントン条約
  7. 共同購入の違法性
  8. 衣類のサイズ違い
  9. アメリカの長さ・重さの単位
  10. 重量物の輸入

1.個人使用の転売は犯罪

個人的な目的で輸入した商品は「個人用の減税」が適用されているため、販売は禁止です。

例えば、中国から服を輸入したとします。サイズが大きいなどの理由から不要となり、フリマアプリやオークションなどで販売することは、禁止です。特に化粧品、薬品、食品は注意が必要です。

*化粧品や医薬品は「薬機法(薬事法)」の規制を強く受けます。個人使用であっても既定の数量以上は、一切輸入(例:一品目24個以内)できません。既定の数量以下でも、自身が個人的に使用する場合に限り輸入可能です。

2.思わぬ関税率の高さに注意

個人使用目的で輸入する物は、基本的に免税または、低い関税率が適用されることが多いです。しかし、中には日本の国内産業との兼ね合いから、異常なほど高い関税率が設定されているものもあります。代表例:革製品全般

3.数量制限

化粧品、サプリメント(ビタミン剤等)などは、個人使用目的の輸入でも数量に制限があります。海外ショップでは、一定以上の数量を指定できなかったり、日本に販売していなかったりするところが多いです。

日本に発送していない場合の対応方法→転送業者

4.偽物品の横行

海外ショップには、平気で偽物品を販売する所があります。特に中国系サイトは気を付けましょう。できるだけ偽物を避けるには、海外ショップでも、ブランドが運営する正規オンラインショップや大手デパートが運営するサイトを利用するのが良いです。

5.「商品が届かない」

「商品を購入したのに届かない!」この場合は、クレジットカード会社に連絡をして「チャージバック手続き(詐欺被害の申告)」をするか、ペイパルであれば、すぐに紛争手続きを開始しましょう!

6.ワシントン条約

海外の革製品製品を購入する際に気を付けことはワシントン条約です。これは、絶滅危惧種である野生動植物の保護を目的とする物です。動植物自体の取引が禁止されることはもちろんのこと、動物から派生するあらゆる物も規制の対象です。

例:クロコダイルの革財布等

7.共同購入の違法性

個人使用目的の輸入とは、個人が自己のために使用することです。これ以外の全ての輸入は、個人使用ではなくなります。つまり、以下の行為は個人使用の輸入ではないです。

  • 誰かと共同で輸入すること
  • 無償・無償問わず、商品を代理輸入すること

8.衣類のサイズ違い

海外の靴、衣類と日本の物は、サイズが違います。同じLでも、日本のXLに相当する等のことがあるため、海外製品とのサイズの換算も重要です。

9.アメリカの長さ・重量の単位

アメリカには、メートルやKG等の単位の他、独特な物があります。

  • フィート=約30センチ
  • 1ノーティカルマイル=1.8
  • 1スタチュートマイル=1.6
  • 32℉=0℃
  • 1LB=約500g
  • 1オンス=30g

10.重量物の輸入

大型家具等、大きな物や重量物を輸入する際は、国際輸送、日本国内の輸送と屋内配送の3つを考えておく必要があります。

国際配送の部分は「複数のフォワーダー」から見積もりを取り、速さと納期、実績等を確認して最適な所を選びます。もし、フォワーダーの選定が難しい場合は、売り手によって、日本の空港や港までの発送を手配してもらいます。

【中国輸入のフォワーダー】中国からの輸送/輸入 3日到着の最速フェリー

次に、日本到着時の通関、許可後の配送、納品場所での荷受けを考えます。重量物やある一定の価格を超える商品を輸入する際は、通関業者に依頼をして輸入許可を取得するのが一般的です。ただし、個人輸入の場合は、通関業者が依頼を受けてくれない可能性が高いです。

その場合は、弊社の「個人輸入通関代行サービス」又は「自社通関」をご利用ください。何らかの方法で通関許可を取得したら、混載便又はチャーター便を使い、港や空港から貨物を引き取ります。(通関業者が手配)

最後に納品場所に荷物が到着をしたら荷受けをします。基本的に、輸入商品の配送業者は、玄関先まで輸送義務が終了します。したがって、そこから先のすべての作業は、荷受者(輸入者)が行う必要があります。

例えば、マンションの10Fに住んでおり、そこに荷物を搬入したければ、玄関前からロビー、エレベーター、部屋の中までの一連の輸送をご自身又は、便利屋に依頼することが求められます。トラックの運転手は、全く手伝ってくれないため、十分にご注意ください。

個人輸入/海外通販の税金(輸入税/関税及び消費税)

個人輸入の関税や消費税は、次の2つの基準があります。これらを計算した結果、日本税関に支払う税金(関税や消費税)がわかります。

  1. 商品代金(課税価格)
  2. 商品代金にかける関税率や減免税

1.商品代金(課税の価格)

海外から購入した価格についての決め方があります。ここで消費税をイメージしてみましょう。消費税は、商品代金×0.1の率で課税されますね!1000円であれば、100円が消費税です。しかし、個人輸入目的の輸入品には、商品代金に特殊な考え方があります。

これが0.6掛けルールです。

何と、ショップに表示されている商品価格に0.6相当を商品代金として計算できるのです。

  • 100万円→60万円
  • 20万円→12万円

そして、この60万円や12万円のことを「課税価格」として、ここに関税率や消費税率をかけることで、あなたが日本側で支払う輸入税がわかります。

商品代金と関税の計算方法
    1. 海外の商品代金×0.6=課税価格
    2. 課税価格×関税率=関税額
    3. (課税価格+関税額)=消費税額
    4. 関税額+消費税額=あなたが支払う輸入税の合計

2.関税率と減税や免税

海外商品代金×0.6で課税価格を計算したら、これに対して、商品ごとに決められている関税率を掛けます。このとき、輸入国や商品によって優遇した税率の適用もできます。ただし、この辺りの関税制度は、非常に複雑であるため、ある程度の所で理解をされると良いと思います。

例えば、個人使用の輸入と言っても、次の2つのパターンがありますね!

  1. 海外旅行で購入した物を持ち帰る。
  2. 海外通販等で商品を購入する。

実は、上記の輸入方法によっても適用される関税率が変わります。1番の方法には、海外旅行者の携帯品免税、2番には、輸入総額が20万円までは簡易税率、20万越えは一般税率が適用されます。また、これらの関税制度と合わせて、各種減免税の仕組みがあります。

詳細:【図解】関税とは?輸入ビジネス・海外通販に対応!

海外旅行者の携帯品の免税とは?

手荷物として輸入するときは、海外市価で20万円までが免税です。下の表でいうと「その他」の部分に該当します。また、携帯品に関する輸入は、次の四つの注意点があります。もし、以下の免税範囲を超える場合は、携帯品の簡易税率に基づき課税されます。例:アルコール類であると、200円/L~600円/Lの関税、その他の物品であれば、一律15%

携帯品免税の品目例
    • 酒類→3本(1本760ml)
    • タバコ 紙巻/葉巻/その他→200本/50本/250g50本250g
    • 香水→2オンス(60g)
    • その他→20万円以下

海外通販に適用される関税とは?

海外通販にかかる関税率は「少額輸入貨物の簡易税率」または、一般税率を基準とします。この基準は、輸入の合計価格(0.6倍後の価格)が20万円を超えるのか?にあります。20万円以下は、簡易税率。20万円を超えるときは、申告納税方式により、あなた自身が通関手続き(自社通関)をするか、通関業者に依頼します。関連:簡易税率と一般税率の違い

個人輸入ガイド

関連:関税や消費税、通関手数料を支払うタイミングは?

国際小包などで商品を輸入するときは、税関などで手続きをする必要はありません。郵便、フェデックスなど、配送する会社に関わらず、税関への手続きは、すべて代行してくれます。また、関税や消費税の支払いは「荷物を受け取るとき」に行います。つまり、自宅で荷物を受けとるときに、関税と消費税を支払うだけで、税関に輸入税を納税したことになります。

関連記事:個人輸入するときの消費税はどうなるの?

ポイント:関税や消費税は、荷物と引き換えに支払います。

6.個人輸入の通関手続き3パターン

最後に個人輸入通関手続きの流れをご紹介していきます。

  1. 海外で商品を購入。手土産として持ち込む
  2. 郵便、国際宅配便の輸入通関
  3. 一般貨物の輸入通関

1.海外で商品を購入。手土産として持ち込む

ケース:海外旅行のついでに商品を購入。これをスーツケース等で輸入する場合

この場合は、購入したときのレシート等を保管しておき、入国審査後にある税関ブースで「税関申告書」を提出するだけです。基本的に輸入総額20万円までは免税。その他、一品目の価格が1万円も免税です。

アルコール類、タバコ、香水等は、一定の範囲内で免税。超えた部分に対して課税されます。詳しくは「携帯品の輸入申告」についてをご覧ください。ちなみに、商売目的で持ち込む場合は、免税枠はなく、すべて「課税」です。詳しくは「ハンドキャリー入門」をご覧下さい。

2.郵便、国際宅配便の輸入通関

ケース:日本にいながら海外ショップで購入(輸入)するケース。

この場合、免税枠はないです。輸入総額が20万円までは、簡易税率(自動的に通関)超える場合は、一般税率を適用して、ご自身で申告・納税する義務が発生します。

国際配送には、郵便系と民間系の2つがあります。

  1. 郵便系の配送
  2. 民間系の配送
1.郵便系の配送

EMS等の郵便系配送ネットワークは、税関外郵出張所に荷物が届き、そこに常駐する税関職員が荷物に対して課税します。課税された税金は、日本郵便が一旦建て替える。その後、配送時に荷物と引き換えに回収する流れです。

国際郵便の通関の流れ

2.民間系の配送

一方、フェデックス、DHL、佐川グローバル等、民間系の配送会社は、自社の保税倉庫に蔵置した後、税関官署に申告、必要な税金を立替えます。その後、輸入許可になり次第、輸入者の元に荷物を配送。輸入者は、荷物を受け取るときに、同じく諸税を支払います。

*FEDEX等は、事後的に請求書を送付してくる。

どちらの配送会社で運ばれてきても、輸入総額が20万円以下であれば、自動的に通関処理が行われて、自宅で荷物を受け取るときに輸入諸税(関税・消費税等)の納税ができます。

国際宅配便の輸入通関

3.一般貨物の輸入通関

コンテナでの配送。大型の商品など、いわゆる小包ではない一般貨物の場合は、輸入手続きが必要です。この場合、海外から届いた商品は、一旦、日本の保税地域に入ります。この状態のまま輸入者または、通関業者が税関に輸入申告をします。税関からの輸入許可が下り次第、配送業者に貨物のピックアップしてもらい、荷物を受け取ります。この場合、輸入者は、通関業者に依頼せず、自社通関もできます。関連知識:フォワーダー

下の図だけを見ると、自社通関と通関業者による通関は同じだと感じます。しかし、実際に通関のすべてをご自身で行うことは、非常にハードルが高いです。少なくても「完全素人が自社通関をした全手順記事をご覧になり、すべて理解できるほどでないと厳しいです。

一般輸入通関2

輸入手続き(輸入通関)の疑問と答えを徹底解説!

よくある疑問

Q.個人輸入で人気がある商品は?

お酒(ウィスキー、ビール、ワイン等ワインの関税計算 革製品(バッグ、上着など) 革靴 化粧品
アパレル(ブランド/ベビー服等) 家具 書籍
食品(オリーブ油、サプリメントなど) スマホ(iPhone等) スニーカー/革靴 ゴルフ用品
キャンプ(蔵ーボックス) おもちゃ 生地 ギター
ゲーム スノーボード たばこ ナイフ
各種パーツ類 バイク バッグ ペット用品
育毛剤 楽器 香水 雑貨
時計 生き物 文房具

Q.輸入相談

輸入相談は、公的機関「ミプロ」又は、お取引がある「通関業者」でできます。又は、弊社でも「有料貿易相談」をしています。よろしければ、ご利用ください。

Q.保険は必要?

海外輸送には、様々なリスクがあります。このリスクから大切な商品を守るためにも保険は必要です。保険は、意外に安いです。僅かな費用をケチルのは、デメリットが大きいです。

Q.20万円、30万円、24個、0.6の意味とは?

20万円の意味

個人使用目的で商品を輸入するときは、20万円が一つの目安です。一度に輸入する価格を20万円以下に抑えると「簡易税率」を適用できるためです。関税率は、複雑な世界です。この関税率をたった7つの区分にした物が「簡易税率」です。

個人輸入の関税計算ツール

個人使用目的 課税価格の合計が20万円以下 課税価格が1万円以下
日本にいながら外国の商品を購入するとき 海外市価の0.6をかけた価格が20万円以下であれば簡易税率 海外市価の0.6をかけた価格が1万円以下であれば免税
携帯品として輸入 海外市価の0.6をかけた価格が20万円以下であれば免税
30万円の意味

30万円は、次の2つの意味があります。

  • 旅具通関の上限である30万円
  • 個人使用目的×簡易税率を適用できる上限30万円

旅具通関は、ハンドキャリーによる通関です。この方法による場合は、輸入総額30万円が上限となり、超える場合は、業務通関扱いとなり、空港にある「ボンド」に保税した後、輸入申告をする必要があります。

一方、個人使用目的×簡易税率の上限とは、30万円×0.6がけルールをした後の価格が20万円。20万円は、簡易税率を適用できる上限です。

24個ルール

化粧品を個人使用目的で輸入する場合は、一品目につき上限が決められています。

0.6ルール

個人使用目的で輸入する際に適用できる課税価格の減免措置です。詳しくは、以下2つの記事をご覧ください。

Q.並行輸入とは?

並行輸入とは、真の輸入代理手店以外の物が「真正品」を輸入することです。合法的であり、特に何かの処罰を受けることはないです。詳しくは「並行輸入とは?」の記事をご覧下さい。

Q.国内配送はどうなる?

輸入許可になると、倉庫から貨物を引き取れます。では、貨物の引きりと国内配送は、どのように行えばいいのでしょうか? 多くの場合、配送業者(郵便やフェデックスなどの宅配業者)が自宅までの荷物を届けてくれるため、特に問題はありません。問題は、輸入する価格が20万円を超えるときです。この場合は、通関業者にお願いするか、自社で通関をする必要があります。仮に、自社で通関をする場合は、配送部分もご自身で考える必要があります。

混載便、トラックチャーター便の違い
個人輸入するときの配送のポイントとは?

英語は苦手!難しいことも苦手な人は、輸入代行がお勧め!

個人輸入ガイド

ここまでの説明で何となく「個人輸入」のイメージは、できたと思います。記事に書いている内容を一つずつクリアしていけば、個人輸入は可能です。ただし、実際のところ、輸入の「輸」の字も知らない人がいきなり個人輸入するのは大変だし、リスクが高いと思います。そこでお勧めするのが「輸入代行業者」です。

  • 英語は大っ嫌い
  • 海外のサイトは何だか怖い
  • お金を支払って詐欺に遭わないか心配
  • とにかく面倒なことは嫌だ

このような方は、輸入代行業者が便利です。代行業者は、あなたの代わりになって、輸入したい商品の「注文から配送の手配」まで行ってくれます。

具体的には「輸入したい商品の名前」や「商品URLなど」を伝えるだけで、注文を含めた先の部分をすべて代行してくれます。

例えば「アメリカにある●●のバッグを輸入したい」と伝えます。伝え方は、様々です。商品名だけでも良いですし、どこかの販売サイトで掲載されているURLでもいいです。

依頼を受けた代行業者は、あなたの代わりに商品の発注をします。業者が代わりに注文をするため、英語アレルギーを持っている人には、便利です。日本に荷物が届いたら、税関手続き等は自動的に行われて、自宅へ商品が届けられます。もし、日本に商品を輸入するときに関税等が発生したときは、荷物を配達してくれた人に支払います。まとめると、次のようになります。

  1. 代行業者へ「●●を輸入したい」と伝える。
  2. 業者から見積もりをもらう&利用料金の支払い
  3. 業者が外国ショップに注文する。宛先は、あなたが指定する住所
  4. 日本に荷物が到着する。自動的に輸入手続きが行われる。
  5. 自宅に荷物が届く。商品に関税が発生していたときは、配達員に支払う
  6. 輸入完了

まとめ

  • 個人目的と商売目的の輸入は、輸入後に使える用途が大きく違う。
  • 個人目的で輸入した物は、人にあげる。売ることはできない。
  • 輸入総額は20万円以下に抑えると、何かと便利
  • 0.6掛けルールや一万円以下免税ルールがあります。
  • 商品によっては、高い関税率が課されます。特に革関係製品は、要注意
  • 海外ネットショップでの輸入と、帰国するときに持ち込む輸入は別物
  • 関税や消費税は、荷物の受け取り時に支払う。
  • 初心者の方は、まずは輸入代行の活用が安全!
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]



輸入の見積もりツール

hunade

hunadeのお問い合わせページ

国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 目次へ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました