【こんにゃく芋の関税例】従量税から従価税への計算方法

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    この記事では、こんにゃくの関税率を題材にし、従量税から従価税への変換方法を説明しています。

    商品の関税率は、次の2つの内、どちらか又は、両方を組み合わせて設定されています。詳細記事は、従量税と従価税の違いをご覧ください。

    1. 商品量
    2. 商品代金
    3. 上記の両方

    どちらの方式で関税が適用されるのかは、税関の「実行関税率表(品目と関税率が記載されている表)」で調べられます。関税率表の従量税に該当する物は、次のように表記されています。

    • 2300円/kg
    • 500円/l
    • 1000円/1平方メートル

    上記の表記がなされている物の従価税を調べるには、従量税から従価税への変換が必要です。これにより、商品価格に対する税金が占める割合を把握できます。この記事では、商品の「量」を基準とした関税額から、商品の「価格」を基準とした関税率を導く方法をお伝えします。

    従量税から従価税の求め方(例:こんにゃく芋の関税)

    例えば、重税で有名な物には、こんにゃく芋があります。こんにゃく芋の関税は、次の通りです。

    • HSコード:1212.99
    • 関税率:3289円/kg

    こんにゃく芋には、1キロあたり「3289円」の高い関税がかかります。このように1キロなどの量に応じて課税される関税を「従量税」と言います。従量税だと、商品価格の何パーセントが関税率になっているのかがわかりずらいです。そこで、従量税から従価税へと変換します。

    %e5%be%93%e9%87%8f%e7%a8%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%be%93%e4%be%a1%e7%a8%8e%e3%81%ae%e8%a8%88%e7%ae%97-hunade-5

    日本関税協会より画像を取得

    今回は、こんにゃく芋の中でも赤枠の「2796円/kg」に注目してみます。この数字は、関税にすると何パーセントになるのでしょうか?

    %e5%be%93%e9%87%8f%e7%a8%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%be%93%e4%be%a1%e7%a8%8e%e3%81%ae%e8%a8%88%e7%ae%97-hunade-2

    従量税から従価税を求める方法

    従量税から従価税を求めるには「輸入数量」と「輸入金額」が必要です。また、調べる商品のHSコード(商品を数で表したもの)も必要です。HSコードは、以下のように確認をしてください。

    2796円の赤枠から左側に視線を移動させると「190」があります。これは、上の緑枠の「1212.99」の子供を表しています。つまり、今回、調べるHSコードは「1212.99-190」です。

    %e5%be%93%e9%87%8f%e7%a8%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%be%93%e4%be%a1%e7%a8%8e%e3%81%ae%e8%a8%88%e7%ae%97-hunade-1

    次に財務省のホームページから「輸入数量」と「輸入金額」のデータを取得します。赤枠の中に調べるHSコードを入力してください。ハイフンやピリオド(点)などはすべて除いたうえで入力します。入力したら上の検索を押します。

    %e5%be%93%e9%87%8f%e7%a8%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%be%93%e4%be%a1%e7%a8%8e%e3%81%ae%e8%a8%88%e7%ae%97-hunade-3

    これにより以下の通り、「1212.99-190」に関する輸出国、輸入数量、金額などが表示されます。ここで注意しなければならないのは、数量の単位(緑枠と赤枠)です。この部分をしっかりと確認してから計算を行わないと、まったく異なる数値が産出されます。例えば、一番上にある大韓民国であれば、数量が「200キロ」、金額が「354,000円」です。

    %e5%be%93%e9%87%8f%e7%a8%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%be%93%e4%be%a1%e7%a8%8e%e3%81%ae%e8%a8%88%e7%ae%97-hunade-4

    表の数値を用いて計算

    では、上記の表をどのように活用すればいいのかを説明します。まず黄色枠の部分です。こちらは輸入数量を表しています。単位は「キロ」です。これが2015年度に日本に輸入された全数量になります。この合計が一番上にある「369180キロ」です。これを1番の数値とします。

    これと併せてピンク部分も注目します。ここは、商品の金額(関税ではないです)を表します。最小の単位が「1000円」になっています。

    例えば、二行目の中国であれば、6887*1000=6,887,000となります。各国、それぞれの合計が一番上にある「371,865,000」円です。これを二番の数値とします。

    これら二つの数字を計算に用います。では、先ほどの関税表をも一度、確認をします。一キロあたり2796円課税されていることになります。

    %e5%be%93%e9%87%8f%e7%a8%8e%e3%81%8b%e3%82%89%e5%be%93%e4%be%a1%e7%a8%8e%e3%81%ae%e8%a8%88%e7%ae%97-hunade-2

    ここで一番の数値「369180キロ」(黄色の合計)と、2796円を掛けます。すると、2015年の一年間で「1,032,227,280」約10億円の関税が徴収されたことになります。この値を上記の「二番の数値(ピンクの合計)」で割ります。つまり10億円÷3億円ということです。すると、2.77倍(277%)の関税額がかけられていることがわかります。

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認



    epaまとめ記事
    hunadeのお問い合わせページ

    [スポンサードリンク]

    関税とEPA
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました