輸入商品の関税率の調べ方 個人使用とビジネスとの違いは?

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    日本に外国の商品を輸入するときは、法律に基づく関税と呼ばれる税金がかかります。関税は「商品価格の〇%」と指定されており、この税率は、原産国、商品、輸入する合計金額により変わります。そこで、この記事では、輸入するときの関税率の調べ方についてご紹介していきます。

    関税率の調べ方

    関税率を調べるときは、日本税関が運営する「実行関税率表」または、日本関税協会が運営する「ウェブタリフ」のどちらかを使います。個人的な使用感でいうと、ウェブタリフの方が使いやすいです。反面、ウェブタリフは、画面コピーができないため、画面内容をコピーしたいときは、実行関税率表を使います。

    関税率表とは?

    関税率表とは、商品とそれにかかる関税率を一枚の表にしたものです。一枚の表といっても、約10000品目ほどあり、非常に広範囲かつ細かい条件が付けられています。

    例えば、リンゴであっても、それがアメリカ産なのか? それとも中国産、またはタイ産なのか?によっても税率が違います。また、りんごを使った調製品(例:ジャム)も違う税率が設定されています。常に、どこの国から、どんな商品を、どれだけ輸入するのか?によって、適切な税率が変わることを覚えておきましょう!

    また、あなたは、次の内、どちらの国の関税率を調べたいのか?も重要です。

    1. 日本における関税率(あなたが輸入するとき)
    2. 相手国における関税率(あなたが輸出するとき)

    日本における税率は、既述の実行関税率表などで調べられます。しかし、外国税関の関税率は、日本税関では調べられないです。もし、外国税関の関税率を調べたいときは、外国税関のサイトに行くか、ワールドタリフを活用します。

    あなたの調べたい関税率は、どちらですか?

    関税率を調べるときの2つのポイント

    日本側の関税率を調べる方法をご紹介していきます。日本の関税率を分けると、次の2つがあります。

    1. 簡易税率
    2. 一般税率

    違いは「輸入する合計金額が20万円をこえるのか?」です。簡易は少額につき7つの税区分しかない素人用の税率。一般は、簡易税率とは比べられないほど多くの税率があります。一般的に、個人使用目的の輸入や段ボール単位の小さな輸入ビジネスをしている人は、簡易税率。それを超える輸入をするときは「一般税率」を適用します。

    先ほどからお伝えする実行関税率表やウェブタリフは、後者の一般税率を調べるためのツールです。前者の簡易税率を調べるときは「簡易税率表」を使います。

    あなたの輸入する貨物の合計課税価格は20万円をこえる?

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス
    • 超える→ 一般税率
    • 超えない→ 簡易税率

    *個人使用目的の輸入は、小売価格に0.6をかけた価格の合計が20万円を超えるのかどうか?です。

    日欧EPAの税率はどう調べれば良い?

    日欧EPAの関税率(EU製品の日本における関税率)は、ウェブタリフの右端部分にある「欧州連合」を確認するとわかります。

    一般税率/関税率の調べ方/オリーブオイルの関税率を調べてみよう!

    それでは、「一般税率におけるオリーブオイルの関税」を調べてみましょう!一般税率ですから、関税率はウェブタリフなどで調べられます!実際、ウェブタリフで関税率を調べるときは、対象産品のHSコードがあると便利です。HSコードとは、品目と9桁の数字を紐づけている表です。オリーブオイルの場合は、次の内、いずれかが当てはまります。違いはバージン油です。

    • 1509.10000(バージン油)
    • 1509.90000(その他)

    つまり、あなたの輸入するオリーブオイルがエクストラバージンであれば、上の150910000を選ぶ。それ以外であれば、150990000を選びます。もし、輸入する商品につき適切なHSコードがわからないときは「事前教示制度」を活用して、税関から適切なコードの回答を受けられます。

    ウェブタリフにアクセスをして、以下の部分に調べたいHSコードを入力します。

    すると、次の画面が表示されます。あなたの原産国に当てはまる所との交点が関税率です。もし、右側に国名がないときは「WTO協定税率」の部分を見ればOKです。

    関連記事:ウェブタリフの操作方法

    関税率表の類注とは?

    適切な関税率を調べるには、厳格な定義が必要です。○○という条件であれば、○○に分類するなどです。この条件に「例外」を設けるときに類注などを設定します。

    個人輸入の関税を計算しよう!無料検索ツール

    小口輸入の関税計算ツール(申告価格が20万円以下用)

    関税の計算ツール 一般輸入(申告価格が20万円1千円以上)

    諸外国の関税率を調べる方法

    外国で設定されている関税率は、どのように調べればいいのでしょうか? 外国側の関税率は「ワールドタリフ」または各国の税関サイトで確認します。

    ワールドタリフは、世界中の関税率を一つのサイトで確認できる無料ツールです。最初の初期登録を終えてしまえば、誰でも無料で使えます。一方、各国の税関サイトは「国名+Customs tariff」と検索すれば見つかるはずです。使い方は、ウェブタリフと同様に商品のHSコードを入れれば探せます。

    「TARIC」EUの関税率を調べる方法

    中国のHSコード(関税率)の調べ方 日本製品に対する関税率は?

    まとめ

    • 関税率は様々な要素で決まる。
    • 輸入する合計額が20万円を超えるのか?で関税率表が変わる
    • 20万円超え=一般税率、20万円以下=関税税率
    • 便利ツール:実行関税率表、ウェブタリフ、ワールドタリフ
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認



    epaまとめ記事
    hunadeのお問い合わせページ

    [スポンサードリンク]

    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました