港湾事業者の仕事内容と役割

港湾事業 国際輸送
この記事は約3分で読めます。

日本各地の港を仕事場にしているのが「港湾運送事業者」です。広く一般的に知られている名前でいうと「乙仲」などとも言われています。そこで、この記事では、港湾輸送事業者について説明をしていきます。

港湾事業

港湾事業者

港湾事業者とは、港の中(港湾施設)において、貨物をさばく人たちを指します。この”捌く”には、かなり広い意味があり、コンテナ船から貨物を積むまたは揚げる事業者から、貨物の検数などをする方たちまでを含みます。私たち荷主の立場であると、直接かかわることは少ないかと思いますが、参考情報としてお伝えをしていきます。

港湾運送事業者の種類

港湾運送事業者には、次の2つの種類があります。

  1. 一般運送事業者
  2. 港湾荷役事業者

これらの中にさらに….

一般運送事業者>>無限定、荷主限定(海貨)、個品限定

港湾荷役事業者>>無限定、船内荷役事業、荷役事業者、その他

などがあります。順番に説明をしていきます。

一般港湾運送事業と港湾荷役事業者の違い

一般港湾運送と港湾荷役事業の違いは、元受けと実働部隊です。直接、船会社から依頼を受けるところが一般港湾運送。実際、その依頼をこなすのが「港湾荷役事業者」です。

1.一般港湾事業者

1.一般港湾事業者>>無限定

一般港湾事業者×無限定は、船会社や荷主を問わず依頼を受けられます。船積み、陸揚げ、荷役などを取り仕切る親分と考えれば良いです。コンテナ輸送船の場合は、ガントリークレーンを操作するターミナルオペレーター、CFSでのバンニングや、デバンニングなどを提供しています。

2.一般港湾事業者>>個品限定(海貨)

いわゆる「乙仲」と呼ばれる人の立ち位置です。上記の無限定との違いは、依頼を受けらえるのは「荷主のみ」である点です。船会社からの依頼は受けることはできません 主な業務:荷主からコンテナを受け取り、ターミナルオペレーターに引き渡すまでの仕事

3.一般港湾事業者>>個品限定(新海貨)

定期船で運ばれてくる貨物のみを扱える業者です。

2.港湾荷役事業

1.港湾荷役事業>>無限定

船の中の作業と港構内の作業をします。

2.港湾荷役事業>>船内荷役事業

船内に貨物を積めたり、陸揚げしたりしています。通称、ステベと言われています。

3.港湾荷役事業>>荷役事業

ガントリークレーンがあるエプロンを離れた後のあらゆる荷役作業をしています。

・コンテナをコンテナヤードに搬入する
・CFSをバンニングする(コンテナの中に貨物を入れる)
・マーシャリングヤードの荷捌き
・コンテナヤードからの搬出など

4.港湾荷役事業>>その他の事業者

その他、以下のような作業に対して、専門の業者がいます。

・検数→貨物の個数チェック
・鑑定事業→船舶事故などが発生したときの鑑定
・はしけ→鉄鋼などの輸送準備
・いかだ→木材の荷捌き検量→輸入貨物の陸揚げなど

コンテナヤード(CY)とコンテナフレイトステーション(CFS)の図解

まとめ

  • 乙仲=港湾事業者と考えるのは、半分だけ正解
  • 港湾事業者は、もう少し広義な意味がある。
  • 一般の荷主は、これらの違いを覚える必要はない。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]

タイトルとURLをコピーしました