フラットラックのボイドスペース(デッドスペース)とは?

フラットコンテナ国際輸送
この記事は約3分で読めます。

フラットラックコンテナ(平らなコンテナ)を使うときのボイドスペース(デッドスペース)について詳しく説明していきます。

フラットコンテナ

フラットコンテナとボイドスペース

フラットコンテナのデッドスペースについて説明する前に、まずは通常のコンテナとの違い、デッドスペースの意味を確認していきます。

通常のコンテナとフラットコンテナの違いとは?

下の図をご覧ください。こちらは、一般的な20フィート(6m)のコンテナです。縦×横×高さは、図に示す通りです。フラットコンテナにおけるボイドペースは、横幅と高さの二辺と関係してきます。(後述)

フラットコンテナ

フラットラックコンテナは、通常のコンテナの上面部分(赤色)をなくし、底面部分のみにした物です。(前後の壁もあります)

フラットコンテナ

ボイドスペース(デッドスペース)とは?

デッドスペースとは「使えない空間」です。この”使えない”とは、輸送するためのスペースとして活用できないことです。

下記の図をご覧ください。フラットラックは、底面部分と前後以外は、壁がないため、無制限に大きな貨物を積める気がします。しかし、実は基本的な大きさは、20フィートと同じ(横幅:8フィート、高さ:8フィート6インチ)であり、それよりも超えた部分には、超過料金がかかります。ここが「ボイドスペース(デッドスペース)」です。

フラットコンテナ

■フラットコンテナの基本的な大きさ
20フィートと同様、横が8フィート、高さが8フィート6インチです。これ以上、大きな貨物を運ぶときは、超過料金を請求されます。

 フラットコンテナのボイドスペース3つの種類

フラットコンテナにおけるボイドスぺースは、次の3つです。

  1. Over Width
  2. Over Height
  3. Over Width&Height

Over Width

横方向の上限である8フィートをオーバーしている赤色の部分がボイドスペース(デッドスペース)です。

フラットコンテナ デッドスペース

Over Height

高さ8フィート6インチを超える赤色部分がデッドスペースです。

フラットコンテナ ボイドスペース

Over width&Height

横方向と縦方向の両辺の赤色部分がボイドスペースです。

フラットコンテナ デッドスペース

フラットラックのボイドスペースとフォワーダーの関係

一般的にフラットラックは、コンテナ船の中のアンダーデッキの最も上側に固定されます。アンダーデッキのフラットコンテナの収納スペースには、限りがあるたため、力のあるフォワーダーに依頼をしないと、中々、スペースを確保できないです。特に、ボイドスペースを発生させる「厄介な貨物」は、船会社も嫌がる傾向が強く、なおさら、船会社と強固な関係を持っているフォワーダーを選ぶ必要があります。

特殊貨物の輸送に実績があるフォワーダー:ジャパントラスト株式会社

まとめ

  • コンテナを底面部分だけにしたものがフラットラック
  • フラットコンテナは、20フィートと同じ貨物しか詰めない(基本的に)
  • 20フィートの規定値よりも大きな部分は、ボイドスペース扱いであり、超過料金が発生する。
  • ボイドスペースを発生するフラットコンテナの搭載スペースは限られている。
  • 限られたスペースを確保するには、力があるフォワーダーを選ぶべき。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹記事/カイコン】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました