海上コンテナの積載量を計算するときのポイント

この記事は約5分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    海上コンテナで輸送しようとするときに「一体、どれだけの貨物をのせられるのか?」と疑問に感じます。この答えがしっかりとわからないと、先方へ見積金額を提示するときに、その内容に具体性がなく、根拠がないものと感じられてしまいます。輸出者は、コンテナの中に「どれほどの貨物を詰められるのか」を計算できるようすることが大切です。

    そこで、この記事では、海上コンテナに関する基本仕様(スペック)と、実際「どれだけの貨物をのせられるのか?」を計算する方法をお伝えします。

    海上コンテナには、どれだけの貨物をのせられる?

    海外から貨物を輸入するときは「コンテナ」と呼ばれる専用の箱を使います。下の図をご覧ください。コンテナのサイズには、20フィートと40フィートの2種類があります。1フィートは、およそ30センチであるため、20フィートであれば6m、40フィートであれば、12mです。輸出者は、このコンテナの中に好きなだけ貨物を詰められるため、外国に向けて商品を輸送する方法として広く使われています。

    Hunade

    先ほど、申し上げた通り、輸出者はコンテナの中に好きなだけ貨物を積められます。ただし、コップに水を入れるように、コンテナの中にあるすべてのスペースを使うことは難しいです。なぜなら、実際の商品はパレットにのせたり、商品の形状が違うため、使えないスペースが発生するからです。

    輸出者は「使えないスペース」を考慮して、コンテナには、どのくらいの貨物を詰められるかを計算します。

    コンテナの仕様(スペック)

    「どれだけの貨物を詰められるのか」を計算するために、コンテナの仕様を確認します。仕様とは、「詰められる最大重量」「、容積」、「縦や横、奥行きの長さ」など、コンテナとしての基本的な数値を言います。下の表をご覧ください。これは、20フィートと40フィートのそれぞれの仕様(スペック)を表しています。

    この中で特に重要になるのが「コンテナの容積」と「最大重量」です。コンテナの容積とは、空間の広さのことをいいます。

    例えば、縦、横、高さの1m四方の空間であれば「1㎥」です。数値上でいうと、20フィートコンテナには、これが約33個ものせられることなります。しかし、この空きスペースは、すべて使えるわけではなく、使えない空間(デッドスペース)が生まれてしまいます。

    20フィート40フィート
    内側の長さ5.8m12m
    内側の幅2.3m2.3m
    内側の高さ2.3m2.3m
    コンテナの容積33㎥67㎥
    最大重要3トン3トン

    「デッドスペース」とは?

    コンテナの中に貨物を積めるときは、使えないスペースが発生することを覚えておきます。上記で説明をしたコンテナの空容積から、デッドスペース分を引いたのが「実際に使用できるスペース」です。では、このデッドスペースは、どのような理由から発生してしまうのでしょうか。それは次の2つの理由によります。

    理由1.パレット積み

    コンテナ輸送をするときは、パレットという台を使います。パレットは、1m四方の板であり、この上に商品をのせて運びます。フォークリフトで移動できるため、非非常に使い勝手が良いです。しかし、デメリットもあります。それがパレットを使うことによるデッドスペースです。

    理由2.形状(ロール状など)

    デッドスペースは、商品の形状にも影響されます。四角のスペースの中に円形の物を入れると、必ず使えないスペースが発生します。

    例えば、海外から生地の原反を輸入するときは、ロール状にが一般的です。もちろん、貨物が円形になっているため、デッドスペースが生まれます。もし、貨物が角ばっているときは、角を守る配慮も必要です。このように、物と物が重なる所には、必ず使えないスペースが発生します。

    このデッドスペースを考えると、20フィートの最大容量が30㎥だとしても、その70%である「20㎥」ほどしか使えません。

    ■ポイント
    積載できる量(空きスペース)=コンテナの空容量のおよそ70%くらいを目安にした方が良いです。残りの30%は、デッドスペースだと考えておきましょう!

    コンテナの空きスペースから、積載できる物量を求める方法

    コンテナの空き容積が30㎥であったとしても、実際に使用できる容積は70%前後だと考えると良いです。では、20フィートコンテナに原反(生地)を詰める場合は、どれだけの本数を詰められるかを計算してみます。

    計算1.貨物の容積を求めます。

    ますは原反の容積を求めます。原反と言えば円柱状になっているのが普通です。しかし、円柱状になっているからといって、容積を求めるうえで「円柱」としては計算しません。下の図で示す通り、円柱の分だけ、ほかの貨物を積め込めるわけではないからです。そこで、このような場合は、四角柱として計算します。

    Hunade

    ■計算条件 縦、0.2m 横0.2m 長さ1.2m

    計算式 0.2×0.2×1.2=0.048(1本あたりの容積)

    これで原反一本あたりの容積がわかりました。次にコンテナの空きスペースを原反一本分で割ります。

    計算2.コンテナの空き容積/原反一本分の容積

    20フィートの空容積は、30㎥。これに30%のデッドスペースを考えて、実際に使用できる容積を20㎥と見積もります。この20㎥を一本当たりの原反の容積(0.048)で割ると、416本となります。よって、上記の条件であれば、20フィートのコンテナの中に400本余りの原反を積むことができることになります。

    今回は、ロール状の原反を想定していますが、どんな物であっても計算方法は同じです。コンテナ詰めするときは、このような考え方でおよその「積載量」を求めるようにしましょう!

    重要な計算式:デッドスペースを除いた空きスペース / 一個当たりの貨物の容積(㎥)=積載できる物量

    関連的な疑問:コンテナには、何パレットつめる?

    もし、20フィートや40フィートのコンテナの中にパレットを積むと「何パレット」可能なのでしょうか?目安としては、次の通りです。

    • 20フィート:10~20パレット
    • 40フィート:20~30パレット

    コンテナ船(貨物船)の航海日数一覧

    FCLとLCLの違いとは?

    【PR】【海上速達便】中国からの輸送/輸入 3日到着の最速フェリー

    【PR】【高速海上便】タイ/バンコクから日本に発送 プロ仕様!

    まとめ

    コンテナの中に詰められる貨物量は、コンテナの空き容積-デッドスペース(使えないスペース)/貨物一個当たりの容積で考えます。この計算方式によって、およそどれくらいの貨物を積めるのかがわかります!

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    見積もり依頼

    ■入力例 *わかる範囲でご記入ください。

  • 品目:マスク
  • カートンの大きさ: 10cm×20cm×5cm(不明の場合は不明と記載)
  • 重さ: 0.5kg/ケース
  • 個数: 100ケース
  • 備考: 輸送の際、●●が欲しい。通関を希望するなど
  • その他、国際物流の関連記事

    カイコン


    hunadeのお問い合わせページ


    [スポンサードリンク]


    国際輸送
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました