40フィートGPとHQの違い。使い分けるケースは?

この記事は約2分で読めます。

船会社(フォワーダー)などから発行される船積み証券(B/L)には、「40’GP」や「40’HQ」と表示されていることがあります。40は40フィート(12)を示していることがわかりますが、その後ろにある「GP」や「HQ」は、何を表しているのでしょうか? そこで、この記事では、これらの違いと使い分け方法をご紹介していきます。

40の後ろにあるGPやHQの意味

数字の40の後ろにあるGPやHQ(ハイキューブ)には、次の意味があります。

GP/General Purpose=一般的な貨物
HQ/High Cube=通常のコンテナと比べて高さが1フィート高い物

高さを1フィート分、足している理由

なぜ、コンテナの高さを1フィート分、高くしているのでしょうか? その理由を知るために、一度、40フィートの体積を算出してみましょう!40フィートコンテナの仕様は、次の通りです。

種類 長さ 高さ
40フィート(GP) 40フィート 8フィート 8.06フィート
40フィート(HQ) 40フィート 8フィート 9.06フィート

この仕様を基準に体積を計算すると、次の通りです。たった1フィート違うだけで、40フィートコンテナ全体で300ほどのスペースが増えます。つまり、HQコンテナは、軽量でかさばりやすい物、例えば、アパレル品などを輸送するときに活用することが多いです。しかも、輸送料金は、通常のコンテナ(GP)とほとんど変わらない点も素晴らしいです。

  • GP 40×8×8.06=2579.2
  • HQ 40×8×9.06=2899.2

まとめ

  • 40フィートのGPとHQの違いは、コンテナの高さにある。
  • GP=一般貨物、HQ=体積を必要とする貨物の輸送に適している。
  • GP、HQの輸送料金は、ほとんど変わらない。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました