輸送費の最適化

国際輸送

海外の売り手から「フォワーダーを用意して欲しい」と言われた場合の対応方法

海外の業者から商品の買い付けをする為、貿易交渉をしていると「フォワーダーを用意してほしい」と言われることがあります。今回は、この場合の正しい対応方法をご紹介していきます。
国際輸送

【注意喚起】悪徳フォワーダーから逃れるために重要な事

国際輸送には、” 闇 ”があります。この闇は、意外に身近な所、フォワーダーとの関係の中にあります。しかも、この闇は、あたかも”まっとうなモノ”に見える分、質が悪いです。 今回は、フォワーダーの闇、荷主に対して過大請求する”真っ黒な手口”につ...
国際輸送

海上輸送のコスト減を達成するための7つのポイント

海上輸送費のコストは、どのように削減すればいいのでしょうか? この記事では、海上輸送費のコストを削減するための7つのポイントについてご紹介していきます。 ■結論 中国、韓国路線ならまずフェリー船を検討すること(航空輸送並みの速度の海上輸送)...
国際輸送

FedExの料金が高い!安くするコツは?

「フェデックスの料金が高い」と感じられていますか? この記事では、フェデックスの料金を削減するためのポイントをご紹介しています。 手軽に海外間の輸送するには?の質問に「フェデックス」と答える方は多いはずです。フェデックスは、インテグレーター...
国際輸送

混載業者とは?LCLなら、このフォワーダーを使うべき!

海上輸送、航空輸送、国内配送など、様々な輸送で登場するのが「混載事業者」です。混載とは、字のごとく「混ぜて送る」ことです。 例えば、代表的なのが海上輸送時の「LCL」です。LCL(混載便)は、一本のコンテナに複数の荷主の貨物を詰めて輸送する...
国際輸送

「図解」コーロードの仕組み デメリットは?

混載で輸送されてきた貨物のアライバルノーティスを見ると「コーロードフィー(Co-load fee)」なる項目が記載されていることがあります。一体、この費用は、どのような物なのでしょうか? この記事では、コーロードの基礎知識、コーロード(リコ...
国際輸送

【中国輸入】System Chargeの正体を暴露!

中国輸入時のアライバルノーティスには「システムチャージ(system charge)」が加算されていることが多いです。ところがこのチャージ。路線が違ったり、フォワーダーが違ったりすると、かからないこともあり、実に怪しいものです。 システムと...
国際輸送

【貿易】CFSチャージの概要と計算方法を解説!

貿易をしていると「CFS」という言葉を聞くことが多いです。また、これとあわせて「LCL」も聞きます。中には、CFS=LCLと記載しているサイトもあり、いろいろと混乱されると思います。また、CFS貨物には「CFSチャージ」が請求されます。 そ...
サービス

コンテナのドレージ料金はいくら? 基準のタリフがわかる!

日本にコンテナ単位で輸送してきました。税関の輸入許可も取得し、いよいよ貨物の引き取りが始まります。このとき、港から貨物を輸送する方法は、次の2つがあります。 港でコンテナの中身を取り出してから輸送する 港からコンテナのまま輸送する この内、...
国際輸送

船便と航空便の比較 コスト差は5~7倍 メリット、デメリット

海外から商品を輸入するときは、航空便または船便を使います。配送料を安くするときは、一度にできるだけ多くの貨物を輸送します。多くの貨物を輸送するほど、一つ当たりの輸送費を安くできるからです。 例えば、輸送代金が100ドルかかるとします。このと...
国際輸送

アライバルノーティスの見方、搬入確認番号を解説!サンプル付

貿易書類の一つに「貨物到着案内(Arrival Notice/アライバルノーティス)」があります。本船が入港する間際(前日など)に船会社(フォワーダー)から発行される書類です。 輸入者は、この書類を受け取ることで、貨物を引き取るための準備を...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました