【最速】中国から海上輸送する方法 航空便は使いたくない!

中国輸入 フェリー国際輸送
この記事は約4分で読めます。

「中国から海上輸送したい。輸入価格の関係上、航空便は使えない。でも、最速で輸送したい。」このようなときは、中国と日本を結ぶ高速フェリーの利用がお勧めです。上海~大阪、上海~門司港などを最速48時間で運べます。フェリー=航空便より遅くて、海上輸送よりは早い。輸送費は、航空便よりも安いです。

そこで、この記事では、中国から日本に向けて、安く、かつ最速で輸送ができる高速フェリーをご紹介していきます。

この記事の結論

  • 納期を急ぐときは、航空機並みの早さで輸送できる高速フェリーを使う。
  • フェリーは、上海~大阪間を定期運航する蘇州號、新鍳真がオススメ!
  • 迅速な輸送手配には、フェリーの使用の他、日本側の通関と国内配送手配が重要

中国輸入で納期が厳しいときは、フェリー船が便利

中国から貨物を輸送する方法は、海上と航空の2種類です。それぞれのメリットとデメリットは、次の通りです。海上と航空は、メリットとデメリットが相反する関係です。この両方の良い所どりをする輸送方法が「フェリー」です。

メリットデメリット
海上輸送安く、たくさんの貨物を運べる飛行機と比べて遅い
航空輸送とにかく早く貨物を運べる輸送代金が高い

フェリーといえば、乗客だけが乗船するように感じますが、実は、コンテナなどの輸送もできます。しかも、最速48時間で上海と日本を輸送できるため、上海を出港して、三日目には、関東や関西方面まで配送できます。航空機より遅いけれど、通常の海上輸送よりは早い。それが航空輸送代金より安いのがフェリーでの輸送です。

一般的な海上輸送の所要日数

一般的な海上輸送の場合は、どれくらいの日数がかかるのでしょうか? 海上輸送のシミュレートができるフレイタスで調べると、PORT TO PORT、つまり、上海港~大阪港までは5日程かかります。これに加えて、日本側の搬入、輸入許可の日数があります。一方、フェリー船は、およそ48時間で上海と日本を結びます。

上海~大阪 日数

主なフェリーサービス

一般的な海上輸送とフェリー輸送を比べると、輸送時間の早さはフェリーが圧勝です。もし、納期が厳しい商品を輸送することになったら、すぐに航空輸送を考えるのではなく、フェリーでの輸送を検討します。ちなみに、中国~日本間の高速フェリー輸送は、上海~大阪間を結ぶ次の2つのフェリー会社が有名です。また、大阪以外であれば、九州の門司港や下関揚げも便利です。

  1. 蘇州號(スーゾゥーハオ)
  2. 新鍳真(しんがんじん)
  3. 上海~下関ルート

1.蘇州號(スーズーハオ)

ルート:上海~大阪
大阪輸出 毎週金曜日12:00⇒日曜日正午頃上海
大阪輸入 毎週火曜日11:00上海⇒木曜日08:30大阪

毎週木曜日に大阪入港したら、当日に搬出ができます。(当日配送体制可能)

上海フェリー株式会社

2.新鍳真(しんがんじん)

ルート:上海~大阪
毎週土曜日 上海出港→毎週月曜日 神戸または大阪入港
毎週火曜日 神戸または大阪出港→毎週木曜日 上海入港

日中国際フェリー

3.大阪~下関ルート

ルート:太倉発~下関
月曜日24時 水曜日10時
金曜日21時 日曜日7時

最短手配により、太倉出航日より3日目には関東または関西圏への配送が可能

蘇州下関フェリー株式会社

短納期 トラック輸送と通関手配まで考えておこう!

上記3つのフェリー船を使えば、通常の海上輸送船を使うよりも大幅に配送時間を短くできます。しかし、どれだけ海上輸送を短くしても、日本国内の手配がおろそかになっていると、折角の最速輸送が台無しです。日本側では、次の2つの手配を完璧に行うようにしましょう!

  • 到着した貨物を迅速に引き取るための予備申告(輸入申告)
  • 荷揚げする港から、日本国内の納品先までの配送手配

関連記事:船の入港日の当日に通関するポイント

まとめ

  • フェリー輸送は、航空輸送よりも遅いけれど、海上輸送よりも圧倒的に早い。
  • フェリー船は、大阪~上海間を定期運航する2つの会社が有名
  • 迅速な配送のためには、フェリー手配の他、日本側の通関と国内配送手配が重要
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹記事/カイコン】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました