託送品とはどういう物?託送品申告書の記載例も紹介!

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    この記事では「託送品」と託送品申告書の記載例を説明しています。

    航空機等を使い、海外出張に出かけるときに商売上の商品を携行する場合あります。このとき、日本から出国するときは、次のいずれかの方法により、通関を終えます。

    1. 業務通関
    2. 旅具通関
    3. ATAカルネ

    本日、ご紹介する託送品申告書は、2番の旅具通関するときに関係します。どのような申告書なのでしょうか? 詳しく見ていきましょう!

    託送品とは?

    託送品とは、身の回りの品以外の物全般(職業用具、商業貨物、商品の見本)等を指します。下記の3つの条件を満たさせば「旅具通関」として、口頭での申告もできます。しかし、口頭では、輸出の記録が残らないこと。帰国時に課税されるのを防ぐため、基本は、輸出・輸入託送品(携帯品・別送品)申告書(税関様式C-5340)を提出するのが一般的です。

    1. 輸出価格がおおむね30万円以下であること
    2. 輸出貿易管理令の対象ではないこと。(または非該当である)
    3. 他法令の確認が取れていることです。

    一般的に貨物、例えば、アパレル品などであれば、1番の条件をクリアしているのかに注意すればいいです。2番や3番は、少し特殊な貨物を輸出するときに関係します。

    例えば、2番であれば、計測器など、武器開発につながる恐れがある機械類が対象です。(ソフトウェアも含みます)3番であれば、植物や食品など、税関とは、別の機関が輸出や輸入を認めている物が対象です。その他の一般貨物は、30万円以下の条件を満たすだけで利用ができます。

    託送品申告書は、税関様式「C-5340」を使います。

    託送品申告書 C-5340

    託送品申告書の6つのポイント

    それでは、託送品申告書の記入例をご紹介していきます。まずは、託送品申告書を記載するにあたり、いくつかのポイントを紹介します。

    1. 作成は2枚
    2. 記入は日本語でOK
    3. 託送品目対象は空欄でOK
    4. 価格は購入したときの価格または、経年劣化を勘案した価格
    5. 複数あるときは、別紙シートなどと記載する。
    6. 申告者氏名住所印の欄には、印を押す。

    以上の6点です。この内、1番、4番、5番について詳しく説明します。

    1番:2枚作成します。

    託送品申告書は、2枚同じものを作成・提出します。税関は、内一枚に輸出許可印を押してから、その場で返します。これが輸出許可書です。

    4番: 価格は、購入したときの価格または経年劣化を勘案した価格

    商品の価格は、いわゆる「時価」、申告時点での「価値」を記入します。

    例えば、機械類であれば、減価償却の価格が相当です。中古の古着であれば、使用した年数、いわゆる経年劣化を勘案した価値です。機械類、服にかかわらず、新品を送るのであれば、購入したときの価格=申告価格になります。

    無料でプレゼントするときは?

    こちらの申告価格は、相手に無料であげるのかどうかは関係しません。その商品が「いくらの価値があるのか?」を示すことになっています。無料であげるものは、価格を記載した上で「NO COMMERCIAL VALUE/VALUE FOR CUSTOMS PURPOSE ONLY」と記載します。

    5番: 複数あるときは別紙シート

    品目によっては、複数の品目により書きれないこともあります。その場合は、品名の部分に代表的な物をいくつか記載した上で「別紙参照」などの記述を加えます。この場合における別紙とは、インボイスなどを指します。つまり、インボイスの方ですべてを記載するようにします。

    それでは、これまでの要点をふまえて、託送品申告書の記載例を以下にご紹介します。

    託送品申告書の記入例

    託送品申告書 C-5340

    申告先出発する空港を管轄する税関官署名 例:中部国際空港税関
    出入港年月日出国日 例:2018/5/1
    積載名飛行機のフライト名 例:JL717
    積み出し港出発する空港名 例:中部国際空港
    荷送り人住所発送人の住所 あなたの住所です。インボイスを提出するときは、同じになるようにします。
    受取人住所受取人の住所 相手の住所を記入します(ローマ字)同じくインボイスと同じにします。
    船卸港到着する空港名 例:スワンナプーム国際空港
    品名服、○○機械など 必要であれば、別紙参照などを記載します。
    数量個数
    価格貨物が持つ「時価=価値」を記入します。
    託送品目録対象空欄でOKです。
    申告年月日多くは、出発日と同じになるはずです。
    申告者氏名住所印多くは、輸出者と同じです。最後に印を押して終了です。

    上記の項目を記載して税関に提出すると、簡単なチェック後、一枚に「輸出許可印」を押して返してくれます。ちなみに、返ってきた書類は、正式な輸出許可書の扱いであるため5年間、保管しておく義務があります。ご注意ください。

    関連記事:「旅具通関で輸出するときに覚えておくべきポイント

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    輸出ビジネス
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました