バンニングとデバンニングの意味と費用の算出方法

この記事は約6分で読めます。

貿易取引では、貨物を「コンテナ」と呼ばれる特殊な容器に入れます。コンテナには、大きくわけて40フィートと20フィートの2つがあり、貨物の量によって、どちらか適切な方を選びます。本日、お伝えするバンニングやデバンニングは、コンテナで輸送するときに関係する知識です。

この記事では、バンニングとデバンニングの違いや意味、費用例などをご紹介していきます。

デバンニングとバンニングの違いとは?

下の図をご覧ください。こちらがコンテナです。輸出など一定規模で行うときは、国際輸送費を下げるために、コンテナに貨物をつめて運びます。コンテナの料金は「20フィート一本いくら~」と決まっています。そのため、できるだけ無駄なく貨物を積み込むことがポイントです。(貨物を入れるほど、一つの貨物にかかる輸送費が小さくなる)

デバンニングとバンニングの違いは、次の通りです。

  • デバンニング→ 海外から来たコンテナの貨物を取り出すこと(輸入)
  • バンニング→ 海外へ送るためにコンテナに貨物をつめこむこと(輸出)

貿易実務の現場では、デバンニングのことを「デバン」、バンニングのことを「バンヅメ」ということが多いです。

デバンニングとバンニングの2つのパターン

デバンは、コンテナから貨物を取り出すこと。バンニングは、この逆です。では、これらの作業は、どこで行うのでしょか? これについては、デバンニングもバンニングとも次の2つのパターンがあります。このパターンによりデバンまたはバンニングにかかる費用は変わってきます。

  1. 自社倉庫で行うとき
  2. 他社倉庫で行うとき

デバンニングとバンニングの費用パターンと決め手となるポイント

デバンニングとバンニングの料金は「貨物の取り出しやすさ(積み込みやすさ)」と「貨物の中身」で決まります。

例えば、あなたが作業員の立場となり、以下の2つの作業を考えてみてください。どちらが作業をしやすいでしょうか?

  • コンテナの中に段ボールがぎっしりと詰まれている(パレットなし)
  • ある程度のまとまりごとにパレットの上に載っている。

*パレットとは、フォークリフトで物を運ぶための台です。

1番は、コンテナの床面からびっしりと貨物が積み込まれている状態です。2番は、パレットの上に段ボールがのっている状態です。この2つを考えて、どちらが作業をしやすいと思われますか? もちろん、パレットです。パレットの上に貨物が載っていれば、フォークリフトなどを使い、そのままコンテナから貨物を取り出せますね。

一方、そのままコンテナに詰められているときは、作業員がコンテナの中に入り、一つ一つ貨物を取り出す手間がかかります。このことから、バンヅメ費用やデバン費用は、次の2つにより料金が変わります。

  1. 貨物の積載状態
  2. 特殊な貨物、または危険な貨物の場合
料金が決まるポイント:コンテナの中は、作業員が作業しやすい状態になっているのか?

検討するべき費用項目

既述の通り、デバンとバンニングには、自社と他社の2つのパターンがあります。ここでは、この2つのパターンを詳しく説明していきます。

デバンニング(輸入)

まずは、コンテナの貨物を外へ取り出すデバンニングです。なお、ここでお伝えするデバンニングは、あなたがFCL(コンテナ単位)で輸入していることが前提です。いわゆるLCLの場合は、パターン1しかありませんのでご留意ください。

パターン1.他社倉庫でデバン+配送

コンテナ船によりあなたのコンテナが運ばれてきました。港では、ガントリクレーンと呼ばれる特殊な機械により、船からコンテナが下ろされます。コンテナをおろす所は「保税地域」です。ここは、税関から輸入許可を受ける前の貨物を一時的に保管する所です。一時保管ができたら、税関に輸入申告をして、輸入許可を得ます。

輸入許可を得たコンテナは、港近くにある倉庫へ移送、デバンが行われた後、混載便トラックまたはチャータートラックにより日本国内へ輸送されていきます。これがパターン1です。この場合における費用例は、次の通りです。

費用例:港からデバン倉庫までのショートドレー代、デバン代金、混載便(トラック代金)

パターン2.自社倉庫でデバンニング

税関の輸入許可を受けるまでは、同じです。自社倉庫でのデバンは、許可後の流れが違います。

まずは、港のターミナルからコンテナ状態のまま自社倉庫へ輸送します。自社倉庫でデバンをします。このときの標準時間は、二時間です。(運転手はデバンをしません。また二時間を超えると待機料金がかかります。)デバン終了後、空になったコンテナは、港に引き返します。これが自社倉庫でデバンをするときの流れです。

費用例:港から自社倉庫までの往復ドレー代金、待機料(二時間を超えるとかかる費用)

バンニング(輸出)

次にコンテナの中に貨物を入れる「バンニング」について説明していきます。

パターン1.他社倉庫でバンニング

他社の倉庫でバンニングするときは、次の通りです。

1.輸出する荷物を指定の倉庫へ送付する(自社・他社手配とわない)
2.指定の倉庫で輸出申告→バンニングされる。
3.船に積み込まれる。

費用例:自社から指定倉庫までの輸送費+バンニング費用

パターン2.自社倉庫でデバン

自社の倉庫でバンニングするときは、次の通りです。

1.港から空のコンテナをピックアップしてもらう
2.空のコンテナに貨物をつめる。
3.その場で輸出申告をする。
4.港へ移送する

費用例:空コンテナのピックアップ+港と自社倉庫の往復(ラウンド制)

関連費用の見積もり方法

ドレー代金、デバン費用、バンニング費用などは、それぞれを別々で頼むこともできます。しかし、かける労力や手間などを考えて、多くの場合は、お付き合いする通関業者に一括でお願いすることが多いです。通関業者は、輸出入に関する申告の他、デバンやドレー、船の手配などを含めて総合的に請け負っている所が多いです。
港に関連する費用の見積もり方法:お付き合いする通関業者にお願いしよう!

その他、関連知識

その他、バンニングとデバンニングに関連する知識をご紹介します。

デバンニング

デバンニングは、自社の倉庫で行う他、他社の倉庫で行われるときがあります。他社の倉庫におけるデバンニングは、日本の港に、コンテナ未満(LCL)で届けられたときに行われます。このときの具体的な流れは次の通りです。

1.港に貨物が届く&港から貨物を引き取る→EIR発行
2.保税倉庫(他社倉庫)に移動する→輸入許可前
3.保税倉庫でデバンニング→このときのデバンを言っています。
4.輸入申告&許可

EIRとは?

EIRとは、港からコンテナを引き取るときに、コンテナ自体に損傷がないのかを示す書類です。

例えば、コンテナに穴が開いているときは、そこから海水などが浸水して、貨物にダメージを与えている可能性があります。

デバンニングレポート

デバンニングレポートは、デバンをした結果、貨物自体にダメージがあるときに記録する用紙です。コンテナ未満で運ばれてきた貨物は、3番の時点でデバンが行われます。デバンの結果、貨物にダメージがあれば「デバンニングレポート」に内容が記載されます。荷主は、このデバンニングレポートの内容を確認して必要があれば、さらに詳細な調査と海上保険会社に連絡をします。

デバンニングレポートとEIRとの違いは?

EIRは、コンテナ自体のダメージの有無を記録する書類

デバンニングレポートは、コンテナの「中身」に対するダメージの有無を記録する書類

デバンニング費用の一例: 1000円~2000円/㎥(関連記事:容積重量とは?)または、20フィート〇〇円~とざっくりと算出する業者もあります。

【デバン完全ガイド】輸入許可後の作業で抑えるべき点

バンニング完全ガイド コンテナ輸出時の荷詰めと費用

まとめ

  • バンニングは、コンテナに貨物をつめること
  • デバンニングは、コンテナから貨物を出すこと
  • それぞれ自社倉庫で行うときと他社倉庫で行うときの2種類がある。
  • デバンやバンヅメ費用は、作業の難易度により決まる
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]

タイトルとURLをコピーしました