コンテナ(CY)、混載(CFS)4つの輸送形態と費用

海上輸送4つの型国際輸送
この記事は約4分で読めます。

国際輸送で貨物を輸送するときは、輸出国側と輸入国側における「貨物の輸送形態」を意識します。この場合の輸送形態とは「FCL(CY)」や「LCL(CFS)」などです。そこで、この記事では、国際輸送における4つの輸送形態と、それに関連する費用をご紹介していきます。

国際輸送4つの形態

海上輸送には、どのような物あるのでしょうか? まずは、海上輸送の基本的な知識を復習していきます。海上輸送を大別すると、CYとCFSに分かれます。同義の言葉には、CY=FCL、CFS=LCLがあります。

参考書籍:基礎から分かる海運実務マニュアル / オーシャンコマース

CYとCFSの意味と違い。

CYは、コンテナヤード、CFSは、コンテナフレイトステーションの略です。どちらも港の保税地域の一角を指す言葉であり、あわせて「ヤード」と表現する方もいます。コンテナヤードは、コンテナ単位で荷物を取り扱う所。対して、CFSは、コンテナ未満の貨物を取り扱います。

コンテナヤード(CY)とコンテナフレイトステーション(CFS)の図解

例えば、輸出時には、一旦、CFSでバラバラの荷物をコンテナ化した後に、コンテナヤード(CY)に移動。一方、輸入時は、コンテナヤードからCFSに移動。その後、CFSでデバン作業(コンテナを取り出す作業)などをしています。

  • CY=コンテナ単位の荷物をやり取りする場所
  • CFS=コンテナ単位にするための積み込み。又は、コンテナからの荷卸しをする場所

また、貿易実務の現場では、CYのことを「FCL」や「コンテナ輸送」、CFSのことを「LCL」や「混載」の意味で使う方も多いです。FCLは、一荷主が一つのコンテナを独占して輸送する方法。LCLは、一つのコンテナスペースを複数の荷主で共有して輸送することです。

詳細:FCL(コンテナ輸送)とLCL(混載輸送)のメリット・デメリット

そして、このCYとCFSによる輸送には、次の四つの型があります。これらは、輸出国の船社側(港側)又は、輸入国の船社側(港)で、どのような形態で荷受けをされるのかを表します。

  1. CY TO CY(コンテナのまま輸送)
  2. CFS TO CFS(混載貨物→混載貨物)
  3. CY TO CFS(コンテナ→混載貨物)
  4. CFS TO CY(混載貨物→コンテナ単位)

1.CY TO CY(コンテナのまま輸送)

輸出国のCY(コンテナ単位)にまとめて、輸入国側でも、そのままの状態(関連記事:ドレーとは?)で運ぶ形態です。一般的に「輸入する」と聞いたときに、すぐに思い浮かぶ姿です。この形態で輸送するときは、次ような費用が発生します。

1 CY TO CY

  • CYチャージ
  • 通関料
  • 取扱料金
  • ドレージ代(コンテナを引っ張るお金)
  • 税関検査
ポイント:船社はコンテナの中身がわからないため、外観や封印等に異常がなければ、原則補償外。

2.CFS TO CFS(混載貨物→混載貨物)

輸出国側で混載貨物として輸送開始、そのまま輸入国側も「混載貨物」として配送する方法です。この場合は、日本側の倉庫でデバン(コンテナから貨物を取り出すこと→関連記事:バンダシとは?)をするため、バンダシ手数料(CFSチャージ)が発生します。

2 CFS TO CFS

  • CFSチャージ
  • コーロード費
  • 輸入通関料
  • 取扱料金
  • トラック代金
ポイント:船会社は、コンテナに荷詰めされる前の状態で引き渡す必要がある。

3.CY TO CFS(コンテナ→混載貨物)

3 CY TO CFS

輸出国側でコンテナ単位にした上で輸送開始、その後、日本側の倉庫でデバンをした後、配送します。この場合、次の2つのパターンがあります。

  1. 最寄りの倉庫でデバン後、配送する
  2. 最寄りの倉庫でデバン、保管、配送する

1.最寄りの倉庫でデバン後にすぐに配送

最寄りの倉庫でデバン後、すぐに混載便などにより出庫するときは、倉庫に貨物を入れないため出庫費用などは掛かりません。請求される可能性がある費用は、次の通りです。

・CYチャージ
・通関料・取り扱い手数料
・コンテナショートドレー
・バンだし費用
・混載便費用など

入出庫、保管料は発生しません。

2.最寄りの倉庫でデバン、保管、配送する

輸入通関後、倉庫でデバン、その後、倉庫に保管をして、需要にあわせて適宜配送する形です。この場合は、倉庫に保管するため、出庫費用と保険料金が発生します。関連記事:倉庫代金の請求方法とは?

・CYチャージ
・輸入通関
・取扱料
・ショートドレー
・デバン
・入庫
・出庫
・保管
・トラックによる配送代金

ポイント:揚げ地(輸入国側)のCFSで荷受けのときに、コンテナの外観やシールに異常がなければ、船会社の責任は終了

4.CFS TO CY(バラ貨物→コンテナ単位)

CFS TO CY

輸出国側では混載貨物として発送、輸入国側で「コンテナ単位」にまとめて運送する方法です。非常にまれなケースであるため、詳細は省略します。

以上、4つの輸送形態をご紹介しました。輸送形態により、輸入国側でかかる費用がかわることを覚えておきましょう!

まとめ

  • 輸出国から輸入国側には、4つの輸送形態がある。
  • 輸送形態により、輸入国側で発生する費用が異なる
  • 国際輸送は、海上費用だけを見るのではなく、それに付随する費用も含めて検討します。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹記事/カイコン】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました