特定原産地証明書

特定原産地証明書

RCEPを中国輸入/輸出と韓国貿易で活用する具体的な手順

2022年1月1日、アセアン10か国と日本、中国、韓国、オーストラリア等が加盟するRCEPが発効しました。域内経済規模は世界の約30%、2700兆円とも言われています。中国・韓国との初のEPAでもあり、注目されている方も多いはずです。 ...
特定原産地証明書

「EPA」製造工程フロー図の書き方

EPA(自由貿易)を利用して輸出すると、相手国の税関で関税無税が適用されます。この関税ゼロ輸出を実現するには、特定原産地証明書が必要です。この証明書は、日本で取得した後、相手国の輸入者へ送付します。そして、輸入者は、日本で発行された特定原産...
特定原産地証明書

サプライヤー証明書の注意点を解説!ひな形もダウンロード可能

サプライヤー証明書とは、商品に含まれる原材料部分の原産性を証明する書類です。具体的には、原材料のメーカーが最終完成品のメーカーに対して「自社の商品が原産であること」を証明する書類です。そして、最終完成品のメーカーは、サプライヤー証明書を最終...
特定原産地証明書

メーカーが原産地証明書(特定)を発行する手順を解説!

この記事では、メーカーがEPAの原産地証明書(特定)を発行する手順を説明しています。 あなたは、何かの商品を作るメーカーです。いつもながら業務に励んでいると、いきなり、輸出者から「特定原産地証明書を取ってほしい!」とお願いされます。「...
特定原産地証明書

【遡及発給】特定原産地証明書の過去にさかのぼるとは!?

この記事は、日本からの輸出ビジネスのお話です。現地にコンテナが着いたとき、輸入者側から「特定原産地証明書が欲しい」と言われることがあります。特定原産地証明書とは、輸入国側で提出すると、関税を削減したり、低くしたりする効果がある特別な書類です...
特定原産地証明書

【EPA】OEM製品(委託生産者証明書)の証明方法

EPAを利用できるのは、商品の輸出者又は、製造者のどちらかです。どちらの立場であっても、商品の原産性(原産品を証明)を立証することが求められます。 では、OEM(ODM)品を輸出する場合は、だれが生産者者になるのでしょうか?委託生産を...
特定原産地証明書

【EPA】原産材料のみを使ったワークシート例 ダウンロード可能!

EPA(自由貿易協定)を使って輸出するときは、日本の原産品であるこを証明する「特定原産地証明書(とくげいげんさんちしょうめいしょ)」が必要です。 特定原産地証明書は、申請すれば誰でも発行してもらえるわけではなく、輸出する商品が「日本の...
特定原産地証明書

【特定原産地証明書】企業登録、原産地判定、発給方法を解説!

この記事は、EPA貿易で必須な「特定原産地証明書(英語:Certificate of Origin 」の日本商工会議所への企業登録、原産品判定(原産地判定)、発給方法、必要書類、注意点、判定基準などを解説しています。 「EPA(関税ゼ...
特定原産地証明書

【生産者同意通知】EPA 輸出者と生産者が違うとき

EPAの生産者同意通知とは、生産者(原産品認定を受けている人)が輸出者に対して「自社の原産品判定情報を使い、特定原産地証明書を発行しても良い」と同意することです。(特定原産地証明書の発給システム上の操作の一つ) 生産者同意通知=輸出者...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました