中国のHSコード(関税率)の調べ方 日本製品に対する関税率は?

中国輸入ビジネス
この記事は約5分で読めます。

中国から仕入れた物を日本で転売するビジネスを行っている方も多いのではないでしょうか。気軽に誰でも始められるため、物販ビジネスの入門編としては最適です。そこで、この記事は、中国へ輸出をするときに、中国税関で課税される関税率の調べ方についてご紹介していきます。ちなみに、中国側でかかる関税税率は、あなたが支払うわけではななく、中国で受け取る輸入者が支払います。

中国

中国のHSコードを調べる方法

日本から中国へ商品を輸出すると、中国側の税関で商品ごとに決められている関税がかかります。関税率は、中国税関が決めているため、日本の税関では調べることはできません。そこで便利なのが「ワールドタリフ」です。ワールドタリフは、中国を含めた世界各国の関税率を簡単に調べられるサイトです。

中国側の関税率を調べたいときは、このワールドタリフを利用するようにしましょう!ただし、このワールドタリフを使うときは「HSコード」と呼ばれる貿易知識を使います。

HSコードとは?日本と中国の違いとは?

HSコードとは、世の中にある様々な商品を六桁~以上の数字で表したものを指します。HSコードとは、HS条約によって決められている「品目と数字の組み合わせ」のことを言います。(HSコードについてさらに詳しく知りたい方は「新入社員必見!HSコードのきほんの”き”」をご覧ください。)

例えば、りんごであれば「0808.10」という数字が世界共通で使われているHSコードになります。中国側でかかる関税率を調べるときは、このHSコードを利用するようにします。具体的には「カバン」「くつ」「ノート」といった商品名で関税率を調べるのではなく「4504.45」や「8464.01」などで調べることで正確な関税率を調べられます。

ちなみに、HSコードの世界共通部分は6桁までとなり、7桁目以降は各国によって異なります。日本の場合は、6桁+3桁の合計9桁で運用しています。中国であれば、世界共通の6桁に+4桁の合計10桁で運用しています。それでは、HSコードの基本的な仕組みがわかったところで、ワールドタリフを使って中国の関税率を調べていきます。

HSコードの桁数は各国で異なります。中国は「6+4」の合計10桁でHSコードを管理

ワールドタリフを使って、中国における日本製品の関税率を調べる方法

ワールドタリフを使うと、中国だけではなく「世界各国の関税率とHSコード」を調べられます。まだワールドタリフの概要登録方法をご存じではない場合は、各記事を先にお読みになることをお勧めします。ここから先は、ワールドタリフの登録作業がすべて終わっている前提で説明していきます。

ワールドタリフで中国の関税率を検索する手順

ワールドタリフにログインをしたら検索画面を押します。「テキスト検索」「コード検索」のどちらでもいいです。

Hunade

今回は、中国で設定されている関税率(HSコード)を調べたいわけですから、1番には「China PRC」を選択します。PRCとは「People’s Republic of China(中華人共和国)」のことです。2~5番までは好きな部分だけ入力します。終わったら6番の「Submit」を押します。

Hunade

Submitを押すと、以下の画面が表示されます。赤枠は「中国で使われている品目のHSコード」、緑枠は「HSコードが示す品目内容」、青枠は「対応する関税率」を示します。中国のHSコードは「10桁」です。ここからさらに詳細な情報を調べるために「赤枠部分のHSコード」を押します。(青文字になっていて、リンクとして押せるようになっています。)

Hunade

上記画像の赤枠部分にあるHSコード(品目)を押すと、以下の画面が表示されます。これは、そのHSコードに対して設定されている各国の関税率です。

例えば「italy」と表示されている部分は、イタリア製品に対する中国国内の関税率です。「jamaica」であればジャマイカ製品に対する中国の関税率です。アルファベットのAからスタートしていますので、日本は中盤以降に掲載されています。Japanと書かれている赤枠部分が「中国で設定されている該当の品目(日本製)に対する関税率」です。

Hunade

ワールドタリフにおける検索のコツ

ワールドタリフは、テキストやHS番号から関税率を調べていきます。しかし、テキストの部分は英語で入力しなければなりませんし、そもそもHSコードを知らない方も多いはずです。そのときは、下記の画面において「テキスト」や「番号」の部分を空欄にして、上にある「類/部名」や「項」の部分だけを変更してSubmitを押すようにしてください。

Hunade

関税以外にかかる諸費用をチェックしましょう!

ワールドタリフには、中国で設定されている関税以外に「VAT(付加価値税)」などの情報も掲載されています。忘れずにチェックしておきましょう。

Hunade

中国の通関統計の調べ方

通関統計のことを「Customs Statistics」と言います。中国では「GACC」と呼ばれるサイトの中に「China Customs Statistics」の項目があり、こちらから確認できるはずです。ただし、2019年7月1日現在、リンク切れが発生しているため「China Customs Statistics」と検索して、他サイトで確認するしかない状況です。

GACC 中国

まとめ

中国は市場として大きく魅力的です。そんな中国に対して輸出をする場合は、中国に税関で「どれだけの関税がかかるのか」を把握することが大切です。中国政府が設定している日本製品に対いする関税率はワールドタリフを使って簡単に調べられます。もちろん、中国以外のその他の国で設定されている関税率も調べられます。ぜひ、ご利用ください。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]



hunade

\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました