輸入の事後調査 多くの違反は「評価=加算要素」の申告漏れ

加算費用 輸入 輸入ビジネス
この記事は約8分で読めます。

輸入している人にとって恐ろしいのが税関の事後調査です。事後調査とは、輸入許可日から数年後にやってくる(可能性)税関による立ち入り調査です。税務署の調査のように、事業所に訪れて、輸入関係資料を確認して、輸入関税の取り忘れがないのかを調べます。

事後調査で多く見つかる違反は「評価の申告漏れ」です。評価とは、輸入するときの価格(インボイスに記載の金額)に加算すべき費用のことです。輸入申告時、この加算費用を加えないまま申告すると、評価漏れとなり、見つかり次第、追加の納税が必要です。意図的など、悪意があると判断されると、過少申告加算税や重加算税などもかけられるため注意が必要です。

そこで、この記事では、輸入時に申告すべき「評価=加算要素」とは、どのようなものなのか?をご紹介していきます。

加算費用 輸入

輸入申告価格と加算費用

日本に商品を輸入するときは、税関へ輸入申告が必要です。一般的に、輸入する価格(課税価格)が20万円以下であり、海外のネットショップなどで商品を購入した場合は、ほぼ自動的に課税処理が行われて、あなたのもとへ商品が届きます。今回、ご紹介する内容は、輸入する価格が20万円を超える、かつ、コンテナやLCL(コンテナ未満の配送方法)などで商品を輸入するときに当てはまることです。

輸入する商品の合計価格が20万円を超えるときは、税関に対して、自ら申告して、必要な関税と消費税を支払い貨物を受け取ります。もちろん、この輸入申告は、自らできますが、複雑な輸入知識が必要になるため、一般的には、通関業者に頼むことが多いです。つまり、輸入者は、通関業者を通して、税関に対して輸入申告します。

輸入するときの価格とは?

税関への輸入申告とは「○○国の○○という商品、一つ○○円を○〇個輸入します。したがって支払うべき関税は○○円です。これを納付するので輸入許可をお願いします!」と伝えることです。この申告をするときに使うのがインボイスパッキングリストアライバルノーティスと呼ばれる書類です。この内、税関へ申告するときの価格の根拠を示すのは、インボイスです。

インボイスとは?

インボイスとは、輸入する商品の価格を示す書類です。少し意味合いは違いますが、スーパーでもらうレシートをイメージするとわかりやすいです。レシートには、卵100円、大根200円、カレー粉200円などと、品目ごとに価格が表示されています。インボイスとは、まさに、この価格リストです。税関は、このインボイスに表示されている価格をチェックして、申告価格が適正かどうかを判断しています。

ただし、実は、輸入申告するときの価格は、このインボイスに記載されている価格だけで計算するわけではありません。インボイスの価格にプラスして、加算すべき費用を加える必要があります。では、加算すべき費用とは、何でしょうか? この費用を説明する前に、なぜ、この輸入申告価格が重要であるのかを説明していきます。

輸入申告価格が重要な理由

なぜ、輸入するときの価格(輸入申告価格)が重要なのでしょうか? それは、税関側の立場になるとわかります。先ほども述べた通り、日本に商品を輸入するときは、商品ごとに決められている関税と、輸入消費税の2つを支払います。もちろん、輸入する国や商品によっては、この関税がゼロになることもあります。しかし、一般的には、どちらも納税が必要です。

では、この関税や消費税は、何に対してかけるのでしょうか?

例えば、関税が10%、消費税が10%だとしても、それらの率を「何に対してかけるのか?」これが問題です。何にとは、課税対象とする母体のことです。1000円の物に対する率と、10000円に対する率では、当然、納めるべき納税額が変わります。輸入の場合、この課税母体が輸入申告価格です。そのため、この輸入申告価格に「何の費用を含めて計算するのか?」が重要です。

当然、輸入者としては、少しでも課税価格が安くなるように輸入申告価格を抑えようとする心理が働きます。一方、税関は、納税させる額を増やすために、輸入申告価格に、加算漏れがないのか?をチェックします。つまり、税負担の駆け引きが、この輸入申告価格の解釈で行われているのです。

重要なポイント:インボイスの価格+加算すべき費用=輸入申告価格

輸入価格の問題点

輸入申告価格とは、インボイスの価格+加算すべき費用の合計です。日本では、輸入申告価格をCIF(商品代金(インボイスの価格)と、日本までの輸送代金と保険代金を加えた価格)にします。もし、あなたがFOBで取引していても、輸入申告時は、CIFに換算します。これは、どんな商品を輸入する場合でも同じです。(商売目的の場合 *個人使用目的は、送料と保険代金は不要)

この記事でお伝えしている加算費用とは、これらの最低限の申告価格とは、別に加算すべき費用があるときに考えることです。この加算すべき費用のことを別名「評価」といいます。また、輸入申告価格に、評価の加算が漏れていることを「評価漏れ」といいます。輸入の事後調査で見つかる違反は、この評価漏れが最も多いです。

では、輸入費用に加算すべき費用とは、どのようなものがあるのでしょか? 税関的に言うと、評価のことを「現実支払い価格に加算すべき費用」といいます。税関では、現実支払い価格には、次の項目が含まれると、アナウンスしています。

原則的な方法である「輸入貨物の取引価格による方法」により輸入貨物の課税価格を計算する場合において、その輸入貨物の「現実支払価格」に加算することとなる費用等(「加算要素」)は、次のとおりです。

輸入貨物が輸入港に到着するまでの運送に要する運賃、保険料その他その運送に関連する費用
仲介料その他の手数料(買付けに関し買手を代理する者に対し、その買付けに係る業務の対価として支払われるもの(買付手数料)を除く。)
輸入貨物の容器の費用
輸入貨物の包装に要する費用
輸入貨物の生産及び輸入取引に関連して、買手により無償で又は値引きをして直接又は間接に提供された物品又は役務に要する費用
輸入貨物に係る特許権等(その輸入貨物を本邦において複製する権利を除く。)の使用に伴う対価(ロイヤルティ等)で、その輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみてその輸入貨物の輸入取引をするために買手により直接又は間接に支払われるもの
買手による輸入貨物の処分又は使用による収益で直接又は間接に売手に帰しょくするもの

なお、上記の費用等のうち「現実支払価格」に既に含まれているもの(例えば、買手から売手に対して支払われる貨物代金がCIF建てとなっている場合の運賃及び保険料)については、改めて「現実支払価格」に加算することとはなりません。(「現実支払価格」に含まれていないもののみが「加算要素」となります。)

引用元:税関

加算すべき費用とは?

上記の税関説明文を見ると、何だか少し複雑に感じますね。とても簡単に考えると、輸出者が発行するインボイスに、本来、含めるべき費用が反映されていないときに加算します。具体例を考えてみましょう!

先ほど、関税や消費税は、課税価格(輸入申告価格)により、納めるべき納税額が変わるとお伝えしました。輸入申告価格の計算の根拠は、インボイスであるため、輸入者は、このようなことを考えます。

インボイスに反映されないように、別の方法で費用を支払えばいいんじゃない?

例えば、原材料の一部を日本から無償で提供して、それを使いベトナムで完成品に仕上げる場合などです。仮に、完成品の価格が1000円、その内、日本から無償で提供している原材料の価格が700円分であれば、輸出者は、輸入者に対して300円のインボイスを発行します。

本来、完成品の価格は、原材料700円を含めた1000円が実体価格です。しかし、日本の税関に申告するときに、原材料分を差し引いた、残りの300円で輸入申告をされると、貨物本来の適切な価格を反映していません。これは、税関的にも課税価格が小さくなるため、輸入者から受け取る税金が安くなってしまいますね。このような理由から、加算すべき費用には、無償で提供した部分を含むとされています。

その他、よくある加算費用としては、日本から高額な金型を現地に無償で提供して作らせるなどがあります。この場合も、この金型部分を評価として、輸入申告に盛り込無必要があります。いかがでしょうか? あなたの輸入する商品には、加算費用漏れは、発生していませんか?

輸入申告価格とは、インボイスに反映されていない、すべての費用を含むものです。日本から無償で提供した物などを含めて、日本に輸入するときの完成品の価格における構成要素だと考えます。

事後調査での違反は、評価申告漏れが多い。

税関の上級行政庁である財務省の発表によると、税関における事後調査で見つかる違反で最も多いのが、この評価漏れです。「え?この費用も含めるの?」と驚くことも多いです。もし、評価対象の費用かわからない場合は、各地の税関における「業務部 関税評価官」に相談しましょう!

修正申告をしよう!

もし、関税評価官に相談した結果、過去の輸入申告の内容について「ヤバイ!評価漏れだ!」と気づいたら、なるべく早めに「修正申告」をしましょう! 修正申告とは、過去の輸入申告の内容について、納めるべき税金の誤りが判明したときに、税関に対して修正することです。(税額が多くなるとき=修正申告、税額が少なるとき=更生の請求)

修正申告は、取引をしている通関業者に頼むと行ってくれます。ただし、新たに加算すべきとなった費用の根拠を示す書類を用意する必要があります。

以上、輸入申告価格に含めるべき加算要素の説明でした。

まとめ

  • 輸入申告価格=商品代金+加算すべき費用
  • 基本的には、輸入申告価格=商品代金+配送料+保険代金
  • 配送代金や保険代金以外に加算すべき費用があるときは、それらを計上します。
  • 加算すべき費用は、日本から無償で提供する物品、役務、手数料、金型などがあります。
  • 加算すべきか迷ったら、関税評価官に相談する。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました