個人でお菓子の輸入販売をしたい!どうすれば良い?

この記事は約11分で読めます。
種別積み地揚げ地品目輸送モード
大学熊本シンガポール冷凍魚介類 2トンリーファー
法人フィリピン横浜靴 150kg海上輸送
法人高雄那覇機械部品 100kg海上輸送
法人横浜釜山廃バッテリー 25トン海上輸送
法人バンコク成田加工用砥石 100kg航空輸送
法人ロサンゼルス東京香水 200kg相談希望
個人バンコク関西空港ファッション関連品航空輸送
法人バンコク松山家電製品 100KG相談希望
法人深圳横浜封筒 80kg海上輸送
法人清水メキシコ・マンサニージョ太陽光パネル海上輸送
大学熊本シンガポール冷凍魚介類 2トンリーファー
法人フィリピン横浜靴 150kg海上輸送
法人高雄那覇機械部品 100kg海上輸送
法人横浜釜山廃バッテリー 25トン海上輸送
法人バンコク成田加工用砥石 100kg航空輸送
法人ロサンゼルス東京香水 200kg相談希望
個人バンコク関西空港ファッション関連品航空輸送
法人バンコク松山家電製品 100KG相談希望
法人深圳横浜封筒 80kg海上輸送
法人清水メキシコ・マンサニージョ太陽光パネル海上輸送

海外にいる友人などに協力してもらい、お菓子の輸入販売をするときは、どのような手続きが必要でしょうか? 仕組み的には、国際郵便などを使い輸入した物を販売すれば良いだけですから簡単だと思います。ただし、実際に輸入販売となると、考えているよりも「面倒な手続き」があります。

そこで、この記事では、海外のお菓子を個人で輸入して販売するときは、どのような手続きをふめばいいのかをご紹介していきます。

お菓子の輸入販売

海外で魅力的なお菓子を見つけたら、思わず日本へ輸入したくなる気持ちはわかります。私自身もフィリピンへ行った際、現地のスーパーにて、豊富にあるスナック菓子を見て、輸入を考えたことがあります。ただし、お菓子を輸入して「個人的に楽しむ」と、「販売する」では、輸入するための基準がかなり違います。

極端なことを言えば、個人で楽しむ程度であれば、日本の住所と名前さえ英語で記入できれば、あとの手続きは一切不要です。日本の通販サイトでの購入と同じように、荷物を待つだけです。一方、これが商売目的となると、話は違います。日本の食品基準に照らし合わせて、基準をクリアしているのかが厳しく問われます。

よくある事ととして、個人使用目的で輸入した物をメルカリやヤフオクなどで不正に転売している人がいます。もちろん、この行為は、完全に食品衛生法に違反します。なぜなら、輸入した物は、輸入申告のときに「商売目的」の審査を受けた物でなければ、国内販売は一切できないことになっているからです。

輸入時に「何の目的で輸入するのか?」によって、輸入許可後における荷物の取り扱いが大きく違います。

商売目的で輸入するときは、複雑な手続きが必要な分、許可後は、日本国内へ自由に販売できます。一方、個人目的で輸入した物は、複雑な手続きが省略される一方、輸入許可後の転売、人に無償であげることなど、自分以外が使用することは一切できないことになっています。

輸入販売するときは、輸入時に「商売目的であること」を告げて申告をすることがポイントです。国際郵便の場合は、事前に食品検疫所などに「〇月〇日くらいに、○○国から届く商品は、商売目的の輸入であること」を告げておくようにします。

お菓子の輸入で必要なこと

お菓子の輸入販売をするときに必要は手続きは、大きく分けると、以下の2つです。

  • 食品検疫所から食品が安全であること
  • 税関に適正な関税を支払うこと

食品検疫所は、輸入するお菓子が安全であるかを審査する機関です。まずは、この機関から「輸入食品の安全性」を確認できることが必要です。

次に、税関です。税関は、この食品検疫所から出される食品の安全性と合わせて、関税の徴収に関する審査を行います。これら2つの観点から判断して、問題がなければ、はじめて輸入許可が降ります。これがお菓子を輸入するときの大きな流れです。

お菓子の関税は何パーセントくらいかかる?

お菓子といっても様々な物があります。

例えば、チョコレートのような物であれば、17類前後に該当します。この辺りに所属する物は、関税率が20%前後と高いです。ただし、輸出先国が日本とEPAを結んでいる場合(例:欧州など)は、若干、関税率は低くなっています。

例えば、1000円分のお菓子、送料500円、関税率が20%のお菓子を輸入する場合は…..

  • 関税額 → (1000円+500円)=0.2
  • 消費税額 → (1000円+500円+関税額)×0.1
  • 支払うべき税金= 300円(関税)+180円(消費税)

上記のように計算します。

関税を削減したい場合は、後述する「特定原産地証明書」を提出して免除手続きをします。それでは、以上の通り、お菓子に関する基本的な部分を頭に入れて、より詳しい流れを確認しましょう!

各機関への具体的な手続き方法

ここでは、大前提として、国際郵便など、数量30キロ以下、輸入価格が20万円以下の少量輸入を想定して、話を進めていきます。これ以上の貨物(一般商業輸入)は、もう少し複雑な手続きが必要です。そのため、多くの場合は通関業者と呼ばれる業者に依頼します。なお、この先の記事は、事前に「ゼロから覚える食品輸入の手続き」の内容を頭に入れておくと、理解が早いです。

以降の説明は、お菓子を「輸入するとき」と「販売するとき」に大別してお伝えします。

お菓子を輸入するときに行うこと

まずは、お菓子を輸入するときに行うべき詳しい手続き内容です。先ほど、説明した通り、輸入時には、食品検疫所と税関が関係するとお伝えしました。しかしながら、実際のところは、お菓子の輸入=食品検疫所への対応と考えても問題はないです。食品検疫所からゴーサインがでれば、ほぼ輸入許可が出たといっても良いです。

なお、ここから説明する内容は、

条件:輸入する貨物の合計価格が20万円以下・小包(国際郵便など)で輸入

を想定しています。一般的な商業輸入(大口)を想定していないためご注意ください。

1.食品検疫所への手続き内容

食品検疫所は、輸入される食品の安全性の観点から審査する所です。海外からお菓子を輸入&販売するときは、必ず届け出を行わなければならない所です。具体的には、食品輸入届という書類と、その書類の内容を証明する付属書類を提出して審査を受けることになります。

食品検疫所へ提出する書類
  1. 食品輸入届け
  2. 食品輸入届の内容を証明するための書類

食品検疫所は、輸入者から食品輸入届が出されると、日本の食品衛生基準と照らし合わせて問題がないのかを確認します。具体的には、次の2つの観点から審査をします。

  1. 違法な添加物は含まれていないのか?
  2. 適法な添加物は、規定以下の量におさまっているのか?

もちろん、上記、1や2の観点は、すべての食品に一律に適用されるわけではありません。農産物等であれば、これに加えて「残留農薬の有無」の観点も審査の対象になります。また、輸入する食品によっては「規格基準」が定められていることもあるため、実際に輸入するときは、各地の「食品検疫所」に聞かれることをお勧めします。

食品検疫所への問い合わせ方法
食品検疫所へ電話などで尋ねるときは、どこの国から、何を輸入するのかを明確に答えられるようにしましょう!こちらが提示する情報があやふやであればあるほど、向こうから得られる回答もあやふやになります。不安な方は、通話の内容を録音できるアプリなどを使って、通話内容を記録して、後から何度でも聞き直せるようにしておきましょう!

先ほど、説明した通り、お菓子を輸入するときは、輸入されるお菓子に違法な添加物が入っていないことなどが確認できなければならないとお伝えしました。では、実際の所、どのように確認すればいいのでしょうか? 実は、その答えが「輸入先から仕入れても良いのかの判断材料」の一つにもなります。

必要な書類と輸入先との関係

食品を輸入するときは、食品検疫所に「食品輸入届」と「その内容を示す資料」を提出しなければなりません。実は、このときに提出する「その内容を示す資料」とは、輸入先で発行される次の2つの資料です。

  1. 原材料リスト
  2. 製造工程フロー図

1.原材料リスト

原材料リストとは、いわゆるお菓子に含まれている「原材料の一覧」です。書式などは、決まっていませんが、輸入するお菓子の全ての成分がリストアップされている必要があります。もちろん、この中には小麦粉、砂糖など、一般的な原材料がありますし、いわゆる添加物などもあるはずです。まずは、輸出者にお願いをして、お菓子に含まれているすべての原材料を書き出してもらいます。

原材料のリストアップが完了したら….

実際に輸入契約をする前に、食品検疫所に原材料リストを確認してもらいます。日本で禁止対象になっている添加物が少しでも含まれているときは、一切輸入ができないからです。まずは原材料リストだけをリストアップしてもらう→食品検疫所に確認をしてもらう。→OKであれば、具体的な購入を検討していくという流れが良いです。

まずは、具体的な輸入交渉に入る前に、「法的に輸入できるお菓子であるのか?」を確認することが先決です。この部分が崩れていれば、この先の話を進めても全く意味はありません。

2.製造工程フロー図

原材料リストと合わせて必要になるのが「製造工程フロー図」です。簡単に言うと、原材料を投入してから、どのような工程を経て完成品になるのかを説明する資料です。こちらも決まった書式はなく、自由記述式で資料を作成していきます。(輸出者が)

一例をあげると、

原材料投入→焼き工程→蒸し工程→冷却工程→パッキング工程

などを紙にまとめて、それぞれの工程の詳細を絵や文章などで肉付けしていくイメージです。

もし、輸出者で対応できないと言われたら….

原材料リストと、製造工程フロー図の作成をお願いすると、断られることが多いです。この場合は、日本側の輸入者が「現地の情報を熟知している」前提で、輸出者に代わり資料を作成できます。ただし、この場合は、必ず資料のレターヘッドの部分に、輸出者の情報(会社名、住所など)と、代理作成者(輸入者)の情報を示す必要があります。「製造者は、この人。その資料は、私が作りました」という説明をします。

以上の2つの観点を説明する資料をしっかりと用意できたら、具体的な購入手続きを進めていきます。さて、実は、輸出者側に用意してもらいたい資料として、もう一つあります。EPAという自由貿易制度を活用して輸入するときに必要である「特定原産地証明書です。

EPAとは、経済連携協定のことです。EPAを結んでいる国同士は、お互いに関税の撤廃をしたり、撤廃とまではいかなくても、削減などしたりしています。2018年現在、日本は15のEPAを世界の国々と結んでいます。近い将来は、ヨーロッパとの「日欧EPA」や太平洋地域をぐるりと囲む「TPP11」なども結ばれる予定であるため、今後もますます重要性が高まっていく可能性が高いです。

では、お菓子の輸入と、EPAはどのように関わるのでしょうか? 実は、日本は加工系のお菓子に比較的高い関税率を設定していることが多いです。

例えば、一般的な「砂糖を加えているお菓子」には、だいたい20%前後の関税を課しています。もし、EPAを活用して輸入すれば、輸入する商品によっては、関税削減のメリットを受けられる可能性があります。いずれにしろ、EPAは、今後、貿易を行う上でとても重要な物であるため、この機会にEPAも学ばれることをお勧めします。

EPA貿易入門

以上がお菓子を輸入するときの流れです。ここから先は、無事にお菓子を輸入した後のお話について説明していきます。

2.お菓子を輸入した後に行うべきこと

無事にお菓子を輸入できたら、次は、国内販売するために必要な対応をしていきます。輸入したお菓子を国内へ販売するときは、主に「食品表示法(しょくひんひょうじほう」への対応が主な物です。食品表示法とは「その食品がどんな物であるのか?」を誰でも判断できるようにするための法律です。具体的には、海外から輸入したお菓子の外装部分にある栄養表示部分を日本語化することです。

■日本語ラベルは、どのタイミングで貼り付けるの?

これは、いつでも大丈夫です。海外側で日本語ラベルを貼り付けてもらっても良いです。また、日本へ輸入してからでも可能です。輸入時の審査には、この日本語ラベルの有無は関係ないです。ただし、どのタイミングで日本語ラベルを貼り付けるにしろ、実際に商品を販売するときには、必ず貼り付けなければなりません。

この日本語化によって、英語が全く分からない人でも安心して外国のお菓子を購入することができます。また、この食品表示と合わせて規制されいるのは「景品表示法(けいひんひょうじほう)」です。とてもシンプルに説明すると、虚偽の説明をして販売等を促すことを規制する法律です。

例えば、実際は、●●という栄養成分が3しか含まれていないのに、10含まれているように見せることなどがあげられます。基本的には、この食品表示法と、景品表示法の2つへの対応が、お菓子を輸入した後に意識するべき法律です。この他、お菓子の中でも一部の物については、その業界で「自主規制」しているルールなども存在(チョコレートなど)するため、あわせ注意しましょう!

また、お菓子を輸入するときは、PL保険(製造物責任法による賠償を補償する保険)や、アレルギー表示規制なども注意が必要です。もし、輸入に関する一連の流れを今一度確認したいときは、ミプロさんの無料貿易相談を利用してみてください。ミプロは、輸出のジェトロとならぶ公的機関です。

ミプロは輸入の相談。ジェトロは輸出の相談ができる所です。

まとめ

ここまでの内容をまとめると、次の1~9のステップを踏めば、個人であってもお菓子の輸入販売は可能です。

1.需要のチェック

まずは、本当に日本側に需要があるのか?を調べます。アマゾンのランキング、楽天ランキング、または、実際の売り場などでの状況を考えながら、リサーチします。人の勘ほどあてにならない物はないからです。

2.輸入に必要な書類を用意できる?

気になるお菓子が見つかったら、それを輸入するときに必要な書類を手に入れられるかを調べます。

3.食品検疫所に食品輸入届を提出する。

個人輸入扱いとして輸入許可が出されないように、あらかじめ食品輸入届を提出しておきます。

4.税関にて関税法の観点と、他法令の確認の観点(食品検疫所の審査)で輸入可否を判断

税関は、他法令の確認と関税法の観点から、あなたが輸入するお菓子に輸入許可を出すかを決めます。

5.輸入許可になったら、販売するための用意する。

7.食品表示法などに対応するため、製品に日本語で作成したラベルを貼り付けます。

輸入許可になった物を販売するときは、海外仕様から日本仕様に変更する必要があります。具体的には、商品の原材料部分を日本語化したラベルを張ります。

8.万が一のことを考えて、製造物責任保険(通称PL保険)をかけておきます。

輸入したお菓子が起因となって、何らかの責任が発生したときに、補償してもらう保険を用意します。

9.輸入&販売するための準備は完了です。

これで輸入販売するための準備は完了です。メルカリ、ヤフオク、アマゾン、楽天など、好きな方法で販売できます。もちろん、実店舗への卸販売、各地で行われるフリマでの販売なども可能です。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

HUNADEがオススメするサービス!

転送サービス

スポンサードリンク


輸入相談


国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました