×
国際輸送の見積を希望する方はこちら
HUNADEへのお問合せはこちら
#関税計算ツール#インコタームズ#貿易書類#アリババ等#品目別の輸入方法
#特定原産地証明書#リーファー#ドレー#危険品輸送#食品届#貿易費用#貿易資格>>その他
目次アイコン目次
×

目次

航空便と海上便の航海日数を簡単に計算(調べる)する方法

 

 

種別積み地揚げ地品目輸送モード
個人アリババ福岡キャンプ用品海上輸送
法人台湾大洗ヤシノキ海上輸送
個人アリババ福岡キャンプ用品海上輸送
法人台湾大洗ヤシノキ海上輸送




外国へ荷物を輸出するときに、航空便が良いのか。それとも海上輸送が良いのか悩みます。普通に考えれば、航空輸送の方が輸送日数が短く料金が高いです。一方、海上輸送は、料金が安い代わりに所要日数が長いです。これらの一長一短を考えたとき、航空便を使う必要があるのでしょうか?

航空便と海上便のポイントは….

  1. 輸送料金
  2. 輸送日数

これら2つのバランスを見ながら、どちらの輸送手段が「輸出先にとって最適なのか?」を考えます。そこで、この記事では、航空便と海上便における所要日数を調べるツールをご紹介します。このツールを使えば、荷物の大きさ、出発地、到着地を指定するだけで、一画面の中で航空便と海上便、それぞれの所要日数がわかります。

関連記事:コンテナ船の航海日数 米国・中国など世界の主要港別に紹介

 

国際輸送の見積もり依頼

国際輸送の見積もり依頼

 

航空便と海上便の航海日数を調べる(計算する)方法

航空便と海上便の所要日数を調べるだけなら、通関業者やフォワーダー、又は「シッピングガゼット」などを使う必要はありません。こちらの「航空便と海上便の所要日数を調べるツール(Freightos)」を活用します。Freightosは、すべて英語で表示されていますが、以下の説明文を参考にすれば、特に困ることはありません。

航空便と海上便の航海日数検索ツールの使い方

所要日数検索ツールの利用料金は無料です。会員登録や課金などもなく、Freightosにアクセスすれば利用できます。今回、ご紹介するツールは、航空便と海上便の所要日数を調べられる物ですが、実は、このツールには、他にも様々な機能があります。

 

【コンテナ】海上運賃の相場 内訳とサーチャージの調べ方を解説!

 

今回は、このサイトが提供する別の機能として「航空便と海上便の所要日数検索ツール」を説明していきます。主な特徴は、次の3つです。

 
国際輸送の見積もり依頼 国際輸送の見積もり依頼
 
  1. 誰でも無料で利用可能!会員登録も不要です。
  2. 機能を大きく分けると、LCL/AITとCONTAINER(FCL)の2種類です。
  3. 使い方はシンプル。荷物の大きさ、数量、出発地と目的地を入力するだけです。

それでは、これらの特徴を踏まえながら、実際の操作画面で説明していきます。

1.LCL・AIR貨物の所要日数の調べ方

下の画像をご覧ください。赤枠と青枠がありますね? こちらで輸送形態を選びます。この場合における輸送形態とは、次の内のどちらかです。もし、あなたが20フィートのコンテナを運ぶなら、青枠。コンテナ未満や航空便で運ぶのなら赤枠を選択します。

  • LCL(コンテナ未満の少量貨物)か、AIR(航空便)→赤枠を選択!
  • CONTAINERS(FCL=コンテナ単位の貨物)→青枠を選択!

赤枠のLCLを選んでみましょう。以下の図と照らし合わせながらご覧ください。

  1. 数量です。何個、輸送しますか?
  2. 一つあたりの荷物の大きさです。つまり、2番で指定する大きさの貨物が1番で指定する数量分です。
  3. 荷物一つあたりの重さです。この1、2、3の組み合わせで、あなたが運ぶ荷物全体の容積と重量を算出しています。
  4. 出発地です。どこから荷物を発送しますか?
  5. 到着地です。どこまで荷物を送りますか?

この1~5番までの項目を入力すると…….

航空便 海上便 所要日数 検索ツール HUNADE

このように所要日数が表示されます。ただ、なぜかこの画面には、航空便の日数が出てきませんね? これには、出発地と到着地の指定方法が関係しています。

航空便 海上便 所要日数 検索ツール HUNADE

下の画面を見ると「TOKYO」という地名の左に飛行機、船、風船のようなマークがありますね。飛行機は、空港。船のマークは、港を指定しています。そして、風船マークは、指定しないことを表します。つまり、航空便と海上便のどちらも指定しないときは「風船マーク」を選びます。

航空便 海上便 所要日数 検索ツール HUNADE

すると、このように、航空便と船便の所要日数の一覧が表示されます。

航空便 海上便 所要日数 検索ツール HUNADE

2.FCL(コンテナ輸送)における日数の調べ方

それでは、次にコンテナ輸送における所要日数の調べ方を説明していきます。こちらの画面でいうと、青枠をクリックしたときです。

この画面における項目は、次の通りです。

  1. 数量です。右に指定する大きさのコンテナが何本いるのか?(二番の説明)
  2. 必要とするコンテナの大きさです。20フィート、40フィート、40フィートのハイキューブ(背が高いコンテナ)
  3. 出発地です。どこから荷物を発送しますか?
  4. 到着地です。どこまで荷物を送りますか?

すべての項目を埋めると、コンテナ輸送における所要日数が表示されます。東京からニューヨークまでは、およそ一カ月ほどで着きそうです。

コンテナ船 所要日数 調べる方法 (2)

以上、航空便と海上便の輸送日数を簡単に調べる方法でした。

まとめ

  • 目的地までの所要日数を調べることで、顧客との納期の打ち合わせがスムーズです。
  • 海上便、航空便の所要日数は「Freightosの検索ツール」を使えば一発でわかります。
  • 出発地、目的地を指定するときは、空港名や港名の指定より、都市名指定の方が便利です。

フォワーダーの特徴を知りたい!
フォワーダーの存在理由は?

FavoriteLoadingこの記事を登録


国際輸送の基礎知識
海上輸送の手順書
  • 1.事前確認
  • 2.輸送で交渉すること
  • 3.有償サンプルの取り寄せ
  • 4.本貨物の交渉
  • 5.フォワーダーへの見積依頼
  • 6.輸入通関、消費税、関税等
  • 7.輸入許可後の国内配送
  • 8.輸入許可後の保管方法
  • 9.輸入許可後の保管方法
  • 10.品目別の輸送注意点
  •  

    国際輸送の見積もり依頼

    国際輸送の見積もり依頼

    >>記事の一覧はこちら

    もっと見る

    Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Post Type Selectors
    ">
    種別積み地揚げ地品目輸送モード
    法人アリババ東京ポーカー用品フェリー
    法人广东江门横浜鋼材のコイル海上輸送
    法人横浜サントスFCL
    法人アリババ東京ポーカー用品フェリー
    法人广东江门横浜鋼材のコイル海上輸送
    法人横浜サントスFCL



    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先
    タイトルとURLをコピーしました