米国に輸入 ボンドとは何を意味する?

この記事は約2分で読めます。

外国から米国(アメリカ)内に貨物を輸入するときは「ボンド」と呼ばれる保険があります。ボンドとは、いわゆる米国税関に対する保険制度であり、アメリカに輸入する人が支払うべき費用の一つです。そこで、この記事では、アメリカ貿易に関係するボンドの概要をご紹介していきます。

bond

輸入ボンド

アメリカに貨物を輸入する人は、米国税関に対する保険としてボンドを用意します。いわゆる掛け捨ての保険であり、インボイス価格が2500ドル以上の物を輸入するときに使います。主な目的は、万が一、輸入者が関税、税関、その他の罰金などを支払えないときに、保険会社が米国税関に関税などの支払いを保証することです。

輸入ボンドの種類

輸入ボンドは、輸入ごとに支払う「シングルボンド」と、年間を通して適用する「年間ボンド」の2種類があります。輸入頻度が多い業者は、年間ボンドでの加入が必須です。それぞれの価格は、次の通りです。これらのボンドは、米国内の通関業者を通して購入ができます。

  • 年間ボンド(500ドル前後)
  • シングルボンド(ISFボンド:75ドル前後、インポートボンド:インボイス価格の0.5%。最小で50ドル前後)

まとめ

  • 米国に2500ドル以上の商品を輸入する人はボンドに加入する必要がある。
  • ボンドは、年間ボンドとシングルボンドの2つがある。
  • 輸入頻度が多い人は、年間ボンドを購入してコストを削減するべき

参考書籍:国際物流の面白さ・怖さ

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました