×
国際輸送の見積を希望する方はこちら
HUNADEへのお問合せはこちら
#関税計算ツール#インコタームズ#貿易書類#アリババ等#品目別の輸入方法
#特定原産地証明書#リーファー#ドレー#危険品輸送#食品届#貿易費用#貿易資格>>その他
目次アイコン目次
×

目次

アメリカ×Customs Bond(ボンド)の意味を解説!

米国(アメリカ)内に貨物を輸入するときは「ボンド」と呼ばれる保険があります。ボンドとは、米国税関に対する保険制度であり、アメリカに輸入する人が支払うべき費用の一つです。

この記事では、アメリカ貿易のボンドの概要をご紹介していきます。

 
国際輸送の見積もり依頼 国際輸送の見積もり依頼
 

アメリカへの輸入×Customs Bond

アメリカに貨物を輸入する人は、米国税関に対する保険としてボンドを用意します。ボンドは、掛け捨ての保険であり、インボイス価格が2500ドル以上の物を輸入するときに関係します。

主な目的は、保険会社による関税の保証です。万が一、輸入者が関税、税関、その他の罰金などを支払えないときに、保険会社が米国税関に関税などの支払いを保証する仕組みです。

輸入ボンドの種類

輸入ボンドは、以下の2つがあります。

  1. シングルボンド(輸入時毎)
  2. 年間ボンド(年間適用)

輸入頻度が多い業者は、年間ボンドに加入します。それぞれの価格は、次の通りです。これらのボンドは、米国内の通関業者を通して購入します。

  • 年間ボンド(500ドル前後)
  • シングルボンド(ISFボンド:75ドル前後、インポートボンド:インボイス価格の0.5%。最小で50ドル前後)

まとめ

  • 米国に2500ドル以上の商品を輸入する人はボンドに加入する
  • ボンドは、年間ボンドとシングルボンドの2つ
  • 輸入頻度が多い人は、年間ボンドを購入してコストを削減

参考書籍:国際物流の面白さ・怖さ

FavoriteLoadingこの記事を登録


国際輸送の基礎知識
海上輸送の手順書
  • 1.事前確認
  • 2.輸送で交渉すること
  • 3.有償サンプルの取り寄せ
  • 4.本貨物の交渉
  • 5.フォワーダーへの見積依頼
  • 6.輸入通関、消費税、関税等
  • 7.輸入許可後の国内配送
  • 8.輸入許可後の保管方法
  • 9.輸入許可後の保管方法
  • 10.品目別の輸送注意点
  •  

    国際輸送の見積もり依頼

    国際輸送の見積もり依頼

    >>記事の一覧はこちら

    もっと見る

    Generic selectors
    Exact matches only
    Search in title
    Search in content
    Post Type Selectors
    ">
    種別積み地揚げ地品目輸送モード
    法人東京チッタゴンビニールハウス一式海上輸送
    個人成田ゴールドコースト中古エンジン類航空輸送
    個人アリババ(工場引き取り)枚方/大阪家電用品LCL
    法人東京チッタゴンビニールハウス一式海上輸送
    個人成田ゴールドコースト中古エンジン類航空輸送
    個人アリババ(工場引き取り)枚方/大阪家電用品LCL



    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先
    タイトルとURLをコピーしました