【原産品判定編】貨物の原産性を証明!企業登録後の申請

特定原産地証明書
この記事は約9分で読めます。

EPA(自由貿易)を利用するためには、貨物の原産性を証明する必要があります。証明方法は、自ら原産性を証明する自己証明制度と日本商工会議所などの第三者機関による証明の2つがあります。この内、後者の第三者証明制度は、日本商工会議所に「特定原産地証明書」を発行してもらう仕組みです。

特定原産地証明書をもらうためのステップは、次の3つです。

  1. 企業登録・サイナー登録
  2. 原産品判定依頼
  3. 発給申請

この内、この記事では、2番の原産品判定依頼の方法をご紹介していきます。

日本商工会議所への判定依頼

原産品判定依頼とは、輸出する商品の原産性(日本のものであること)を証明することです。具体的には、日本商工会議所に企業登録をすると利用ができる「原産品発給システム」から、申請します。しかし、もちろん、ただ申請すれば認められるわけではありません。申請をするときは、必ず「原産性の立証資料」を用意してます。

例えば、「関税分類変更基準」で原産性を立証するときは、対比表製造工程フロー図の2種類の書類が必要です。その他、付加価値基準であれば、加えた価値を立証する資料を用意します。用意する資料は、協定のルールにより様々なため、一概には言えません。共通することは「原産品判定は、必ず立証資料がいる」ことです。

■ポイント

  • 特定原産地証明書は、日本商工会議所が発行
  • 輸出者は、輸出する商品に決められている原産地基準をクリアしていることを資料で立証
  • 資料の用意ができたタイミングで、日本商工会議所に対して原産品判定依頼を出します。
  • 判定依頼とは、原産性を立証する資料を用意した上で、商工会議所から判定をお願いすることです。

弊社では、この原産性立証資料の作成サービスを提供しています。特に化粧品や食品など、化学系の知識が必要になる資料の作成が得意です。!詳しくは、特定原産地証明書の取得サポートサービスをご覧ください。

原産品判定の流れ

原産性判定依頼を出すと、次の通りに審査が進んでいきます。

  1. 発給システムから申請
  2. 日本商工会議所から原産性資料を求められる。
  3. 審査する資料は、対比表やワークシート、製造工程フロー図などです。
  4. 資料の出来が悪いと、何度も修正させられます。
  5. 運が悪いと、4番のやり取りだけで、すぐに一週間、二週間過ぎます。
  6. 何度かの修正を繰り返した後、審査が終了すると、原産品登録が完了します。
  7. 6番の登録番号により、証明書を発行できます。

上記、1~7の手順で進んでいます。

日本商工会議所の審査は、意外に厳しいです。的外れな資料を提出しても、修正、修正と時間だけが過ぎていくため十分に注意しましょう!

原産品判定依頼の操作手順

それでは、原産品判定依頼の操作方法について説明していきます。ここから先は、原産性資料の用意ができていることが前提です。

企業登録が完了すると、以下の書類が送られてきます。この中に「発給システム」へログインするための関連情報(ログインIDやパスワード、ログインURL)が書かれています。下の赤枠部分が発給システムへのログインURLです。このURLにアクセスして、ログインをしましょう!
%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e4%bc%81%e6%a5%ad%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%ad%98%e5%88%a5%e7%95%aa%e5%8f%b7%e4%be%8b-hunade

ログイン情報を入力

「発給システムURL」にアクセスすると、以下の画面が表示されます。緑枠部分の「ログイン画面」を押します。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-1

手紙で送付されてきた「ユーザーID」や「パスワード」を入力した後にログインをクリック。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-2

下の画像をご覧下さい。緑枠がこれから「原産品判定」を依頼するときに使用するメニューです。一方、右枠の「発給申請」は原産品判定が終わったに、特定原産地証明書の発給を求めるときに使用します。今回は原産品判定依頼を出すということで「原産品判定依頼書入力」を押します。

大原則:原産品判定依頼→承認→発給申請です。承認されない限り、発給申請はできません。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-99

赤枠の「新規入力」ボタンを押します。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-4

特定原産地証明書の発給は、EPAの規定で決められています。これらのルールを破れば処罰されます。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-5

原産地証明書の発給申請は、貨物の輸出者、生産者、又は輸出者兼生産者です。発給システムの画面には、発給申請者や生産者の記載欄があります。ここに適する情報を入力します。

例えば、あなたが輸出者であり、長野県のりんごを購入して海外へ輸出しているとします。この場合、リンゴを生産する人と、輸出する人が違います。

原産品判定をするときは、この輸出者と生産者の区別をしっかりとしましょう!もし、生産者と輸出者が異なる場合は、赤枠の「生産者欄」に、生産者情報を記載します。また、生産者も企業登録を終えていると、赤枠部分に企業登録番号を入力するだけで情報を取り込めます。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-6

原産品判定を依頼する貨物の情報を入力していきます。赤枠は送付する貨物を示す「HSコード」です。このコードは、輸出先の国で認められているものを使います。相手先国のHSコードを調べるときは、輸入者を通して調べます。関連記事:外国税関の事前教示制度(Advance Ruling System)対応状況

一方、緑枠は、貨物を英語で表記したものです。ここの大切なポイントは、分類で指定されている名前をあえて含めて記載します。

例えば「りんご(○○種のみ)」と統計品目表に書かれている場合は、英文欄にはりんごとあわせて「○○種」なども含めて記載します。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-7

輸出産品のHSコードの入力が完了したら、特恵基準を入力します。

特恵基準の入力

特恵基準の入力とは、EPA協定で決められている原産地規則の内、どの基準を使い原産品と判断しているのか?を選ぶところです。EPAでいう原産品とは、次の3つに分類されます。これらの詳細を知りたいときは「原産地気基準3つの種類とは?」をご覧ください。

基準 どういうケースが当てはまるの?
1.完全生産品(WO) 農産品、酪農品、水産品、林産品は、、トウガラシ、みかん、メロン、牛肉、魚、鉱物など、日本国内で完全に生産されるもの、または、自然から得られたものを加工したもの(牛乳、バター、チーズなど)、ワイン
2.原産材料のみから生産したもの(PE) 日本の原産材料のみから生産された完成品を証明したいとき。

例:カップラーメンと、その中に入っている具の関係です。すべての具が日本の原産品に該当する物のみで構成しているカップラーメンは、日本原産品とみなされます。ただし、このときは、一次材料と二次材料の概念があるため、ご注意ください。三つの種類を参照

3.非原産材料を使い生産したもの(一般/品目別規則) おそらく、ほぼすべての工業製品が対象です。上記、1や2以外は、すべてこの3に含まれると考えましょう!

例:外国産材料(例:中国など)で作られた原材料を使い、必要な加工をするときに適用

EPA 原産品判定依頼

また、3つめの非原産材料を使い生産した産品には、一般規則と品目別規則の2種類があります。この違いは、税関の原産地規則ポータルを使い、あなたが申請をしようとしている商品(HSコード)に設定されている原産地規則を確認するとわかります。原産地規則ポータルの中に、あなたの商品のHSコードを入力して…..

以下の表示の場合は「一般ルール」です。

原産地規則ポータル

または、このような表示や…..

原産地規則ポータル

この表示のときは「品目別規則」を選びます。

原産地規則ポータル

もちろん、作成する対比表の以下の部分も、ここで表示される一般ルールまたは、品目別規則を記載することをお忘れなく。

対比表

一般規則または、品目別規則を選択したら….

もし、一般規則または品目別規則を選んだときは、さらに「どの基準を適用したのか?」を選びます。

一般ルールまたは、品目別規則には、次の3つの基準があります。(4番は、数が少ないため省きます。)

1.付加価値基準(VAルール 完成品にどれだけの付加価値を与えているのか?により、原産性を判断する基準
2.関税番号変更基準(関税分類変更基準=CTCルール/CC,CTH,CTSH 完成品のHSコードと原材料のHSコードに変化があることで原産性を判断すること
3.加工工程基準(SPルール 指定する加工を行ったものを原産品とする基準

あなたの輸出する商品は、どのルールで証明をしていますか? つまり、どの基準を使い、原産性資料を作成しているのか?が問われています。

EPA 原産品判定依頼

最後に、基準を満たすために「求償ルール」を適用しているときは、その旨を記載します。

例えば、関税分類変更基準があります。これは原材料のHSコードと完成品のHSコードが異なっていると原産品としてみなされるルールです。しかし、ケースによっては、完成品と原材料との間で、HSコードに変化が起きないことがあります。極端なことを言えば……

「一つの完成品に含まれる原材料の数が50個、そのうち、49個は変更基準を満たしているけれど、1個だけが満たせない。」

「だから、原産品にはできない!」

このような問題を解決するための求償ルールが「デミニマス」です。デミニマスは、ある一定の割合以下であれば、HSコードの変更基準を満たせなくてもよいとするルールです。輸出者は、必要なときに、この救済ルールを適用して原産性をクリアします。救済ルールには、デミニマスの他にも、累積期規定などがあります。もし、何も適用していないときは「無」を選びます。

  • デミニマス(僅少ルール)
  • 代替性のある産品
  • 累積規定

EPA 原産品判定依頼

もしかすると、人によっては、次の画面になっているかも….

原産品発給システムの登録種類?によっては、判定基準の画面が以下のようになっている可能性があります。意味的には、記述の説明と同じです。

EPA 原産品判定依頼 EPA 原産品判定依頼 EPA 原産品判定依頼 最後に発給を申請する担当者名に間違いがないかをチェックしてから、一番下にある「判定依頼」を出します。これで日本商工会議所へ情報が伝わります。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-10

入力例1:一般規則×関税分類変更基準×求償ルール「なし」

入力例2:品目別規則×関税分類変更基準×求償ルール/デミニマス(DMI)

原産ルール

上記の判定依頼が終わると「判定受付番号」が手に入ります。問い合わせなどをするときは必要になるため、必ずメモ帳などに保存しましょう。

%e7%89%b9%e5%ae%9a%e5%8e%9f%e7%94%a3%e5%9c%b0%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e8%96%84%e7%b5%a6%e7%94%b3%e8%ab%8b-hunade-11

原産品判定依頼後の手続き

原産品判定依頼をしたら、日本商工会議所に対して、原産品とする根拠を示す書類(対比表やワークシートなど)を提出します。提出方法や提出先の事務所は「日本商工会議所への原産性資料の送付方法」をご覧ください。判定依頼から3営業日内に資料を送らないと「保留」とされるため注意しましょう!

ポイント:原産性判定依頼をしたら、速やかに日本商工会議所に対して証明書類を送付しましょう!(日本商工会議所から資料等の請求の連絡はないです。自ら資料を送付しない限り、まったく審査は進まないため注意しましょう!

次の記事:特定原産地証明書の発給 原産品判定承認からの手続き

まとめ

特定原産地証明書をとるための「原産品判定」の依頼方法お伝えしました。原産品依頼は、企業登録を終えていること。原産性を立証する資料を用意していることの2つがポイントです。これらの用意ができたら、発給システムより、原産判定依頼を出しましょう!

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました