食品等輸入届出書の費用は? 輸入通関の検査料

食品届 検査料金輸入ビジネス
この記事は約3分で読めます。

海外の食品を日本に輸入するときは「食品検疫」を受けます。多くの輸入者は、輸入検査を受けたくないのが本音でしょう。しかし、食品を輸入するときの検査は義務であるため、これを逃れることはできません。しかも、基本的に検査費用はすべて輸入者が負担します。

「一体どれだけの費用がかかるのか?」と不安に感じる方も多いでしょう。そこで、この記事では、食品を輸入するときの「食品等輸入届出書に関する費用」をまとめてご紹介します。

食品を輸入するときにかかる費用

日本は海外からくる「食品の安全性」を保つために、次の三つの法律によって、規制をしています。

  1. 食品衛生法
  2. 植物防疫法
  3. 家畜伝染病予防法

輸入する食品の種類によって1~3のいずれかの法律が適用されたり、2つ以上の法律が適用されたりします。

例えば、食品衛生法には「食器」も該当します。食べ物が触れる可能性があるからです。「バナナ」などの果物であれば、植物防疫法と食品衛生法の2つの法律が適用されます。当然、適用される法律が多くなれば、その分だけ検査費用も追加されていきます。

では、この検査は、誰が行うのでしょうか?

食品検査は誰が行うの?

海外から食品を輸入する場合は、輸入者に食品検疫を受ける義務があります。以下の表をご覧ください。食品衛生法は、厚生省の管轄で食品検疫所が担当します。他方、植物等であれば、各地にある植物防疫所が担当です。

申請先適用する法律
食品検疫所食品衛生法
植物・動物防疫所植物防疫法、家畜伝染病棒法

例えば、あなたが「大根」を輸入する場合は「食品かつ植物」であるため、食品検疫所と植物検疫所が検査を行います。海外産の「食器」を輸入するのであれば「食品検疫所」が検査を行います。このように輸入する品目によって、申請するべき機関が変わります。

ここで一つ大きなポイントがあります。実は、食品検疫所が直接検査をすることは稀です。一般的には、食品検疫所が指定する「登録検査機関」が分析試験を行い、結果を報告する仕組みになっています。つまり、これが「食品の輸入検査費用」です。

通関業者に頼んでいる場合はどうなる?

多くの輸入者は、複雑な輸入申告手続きを通関業者へお願いしています。もし、通関業者へ食品輸入のお願いをするときは「1.食品届申請代行料金」と「2.検査分析代金」の2つを合わせて請求されます。食品届は、食品検疫所に提出する申請書です。この申請を通関業者が行うと代行手数料が発生します。

また「食品検査代金」とは、厚生省(検疫所)が指定する検査機関が実際に検体を持ち出して成分を分析する費用です。この費用は、輸入する貨物ごとに「検査するべき項目」が細かく決められています。そのため、どんな食品を輸入するのかによって大きく検査費用が異なります。

通関業者には、上記の「食品輸入届申請代金」と「食品検査費用」の2つを合わせて請求さます。

輸入費用の一例
  • 食品申請代金:5000円~10000円/件
  • 食品検査料金:2万円~5万円/件

食品の輸入に関する費用を削るには?

食品を輸入するときは、一般の貨物よりも高い諸費用を支払います。もし、この費用を削りたい場合は、食品輸入届を自分で行ってください。食品届自体、実はそれほど難しいものではありません。もし、ご興味がある方は「知識ゼロからの食品輸入の流れ」を参考にして、挑戦してみてください。

まとめ

食品を輸入する通関に必要になる費用は、大きく分けると2つです。

  1. 通関業者へ支払う料金です。
  2. 通関業者経由で支払う「検査機関への料金」です。

一般的に通関業者は、このどちらの費用に対しても自社の利益を上乗せして請求しています。もし、輸入費用を少しでも削りたい場合は、自分たちで通関をすることも一つの手です。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました